2012年03月02日

記憶に残すのではなく記録に残しておこう

今日は地区の公民館祭りの準備に行きました。
今年より自治会の生涯学習委員になり、行事とし公民館祭りがあるので、その準備に行ったのです。
これまで公民館祭りにすら参加した事が無いので、右も左も解らないまま準備に参加しました。

公民館の館長さんから、大方の説明がありましたが、実際に準備に取り掛かってみると解らない事だらけ。
まずは看板の設置からです。
去年の看板設置の写真を見せて頂いたのですが、モノクロコピーで全体の写真しか無く、どうやって固定しているのか、さっぱり解りません。
そして私だけでなく、他の方も要領が解らない様子でした。

各自治会から生涯学習委員が選出されてくるのですが、数年で変わるため、内容を十分に把握している人が少ないのです。
みんなであーでもないこーでもないと、いろいろと考えながら看板を設置しました。
あいにくの天気で雨がぱらつく中での作業で、何とか看板を設置しました。

看板を設置し終えた後に、この状態では来年も「どうやったっけ?」という事になりかねないと思いました。
ちょうどカバンにiPadを入れていたので、iPadで写真を撮っておきました。
私がiPadを出してきたのを見て、他の方々はビックリしていました。
何せ殆どの方が60〜70代の方々。
iPadを初めて見る人もいたようです。

続いて中の会場の設営。
こちらも吊り看板を下げたり、キャッチコピーの書いた紙を壁に貼り付けたりと、これまた昨年のモノクロコピーの写真を見ながらの作業です。
「なんでもう少し分かりやすいように記録を残していないのか?」と思いましたが、きっとこれが普通なんですよね。
私のような40代の人間が自治会の役をやる所は少なくて、殆どが仕事を終えたおじいちゃんみたいな人が多い。
写真を撮って記録を残すという発想はなかなか出ないのだと思います。

一応公民館の方で写真を残しているのですが、作業記録という残し方では無い。
そこで中の方も写真を撮っておきました。
写真だけでは解らないので、後日、作業レポートとして仕上げて公民館に出そうと思います。
来年準備する時に、写真と作業説明書があれば、初めて準備に参加する人でも解りやすいと思います。

私は仕事があるので、午前中だけで午後からは帰らせて頂きました。
本当は他の準備も記録に残しておきたかったのですが、また日曜日に行くので、その時にでも写真を撮っておきたいと思います。
地域の活動に参加すると、いろんな人との交流があるので面白いですね。
私のやれる事も沢山ありそうです。

しかし、まずは仕事をしなければ(笑)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記