2012年02月07日

腐り切ったものたち

お粗末にも限度があるってものです。
一国の安全を護る立場の大臣が、こんな頼りない大臣ではどうしようもない。
なんでこの「田中防衛大臣」なのか?
本当に疑問符が100個くらいついてしまいます。

就任僅かの期間に、本当に信じられないくらいの対応を沢山見せてくれています。
自民党政権であれば、とっくに辞任か解任させられているでしょう。
民主党政権であるが故に、マスコミの批判も少なく、いくら野党が追及しようとも、のらりくらりと続けるつもりなのでしょうね。
そもそもなんで「田中防衛大臣」なのか?

おそらく手腕を買った訳でも、人柄を見た訳でも無い。
小沢一派の人間を入れる事で、小沢派の信頼を得たいのでしょう。
それは拉致担当大臣に松原仁氏が起用された事でもわかります。
田中防衛大臣の場合は、本人よりもむしろその後ろに居る「田中真紀子氏」の存在を見ているのだと思います。
田中角栄の愛娘である田中真紀子氏は、唯一小沢一郎に物言える立場です。
その旦那を大臣に据える事で、小沢一郎に睨みを効かせたかったのでしょうね。

全く民主党政権って、「適材適所」とはウソばかりで、党内の事情優先で人事が行われています。
自民党政権時も派閥のバランスで大臣が選ばれていた感がありますが、自民党以上に最低な人事ばかりです。
またそれをマスコミが突っ込まない。
自民党政権時は本当に言葉一つを取って、まるで鬼の首を取ったかのように、しつこくしつこく追及しました。
そのために辞任に追い込まれた大臣がどれだけいたか。
自殺にまで追い込まれた議員もいました。

今のマスコミのツッコミの甘さには本当に呆れてしまいます。
むしろ田中大臣の資質を問う、自民党の質問形式を「まるでクイズのようだ」等と、自民党批判の方に走っています。
麻生総理の時に民主党の議員が国会でパネルを用意して、麻生総理に漢字テストを行った時は、そんな批判しましたか?
それどころか一緒になって麻生総理が漢字を読み間違えた事を、徹底的に追及していました。

田中防衛大臣が防衛の事に全くの無知で、晩強すらしていない事は明白。
そんな人間が大臣になってはいけないのです。
そんな人間を大臣に選んだ総理の任命責任が問われるべきなのです。
それを言い出すと「政局ばかりではなく、政策を議論して」等と民主党と一緒になって議論をすり替えるマスコミ。
散々政局を演出して、無理やりな政権交代劇を作ったのはマスコミです。

出来もしない民主党のマニフェストを、まるで薔薇色の未来のように演出し、自民党政権が悪のように言い放ったマスコミ。
ところがフタを開けて見ると、マニフェストはどれも実行出来ない事が判明。
マニフェストを実行する気も無く、挙げ句の果てにマニフェストに書いてもいない増税にひた走る。
全く詐欺と同じじゃないですか。そんな政党が国を動かしている。
そしてそれをフォローするマスコミ。

政界も腐っていますが、財界、そしてマスコミも腐っています。
戦後70年をかけて、もう完全に腐り切っているのでしょうね。
物が腐り切ったら土に返る。そしてそれを栄養源として、新しい物が芽を出す。
きっと今はそんな時代なのかも知れません。

新たな目まぐるしい動きの時代に突入しているのでしょう。
私達は自分の頭で考え、自分の考えを持って物事を見る事を身に付けなくてはいけませんね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 私の思うこと