2012年02月01日

無事合格

今日はいつもより早めの時間につぶやきを・・・。

実は今朝から仕事が手に付かずにいました。
それも今日は息子の中学受験の発表の日だったのです。
元々は受験など考えていませんでした。
私の息子ですから、そもそもそんな頭も無い。

しかし、本来息子が通うはずの中学校には、剣道部が無い事が始まりでした。
6年生になってから、剣道が少し面白くなってきた息子。
中学に入ってからも剣道を続けたいと思い始めました。
ところが通う中学校には剣道部が無い。

私学の天理中学であれば剣道部がある。
そこで天理中学を受験する事を考え始めたのです。
だが本来は受験を目指して一年以上前から塾などに通うもの。
息子が真剣に受験を考え始めたのは夏前。
それでも呑気な息子は晩強もままならない。

本来なら塾に通わせたい所ですが、時期も遅いし何よりそんな時間もお金も無い。
息子が自分でちゃんと勉強をすると言う約束で、進研ゼミのチャレンジをさせる事にした。
遅過ぎるスタートに加えて、呑気な息子。
親の方が焦りながら息子の尻を叩いて勉強を促す。

そんなこんなで何とか勉強を進めて来ました。
11月頃になってから、ようやくエンジンがかかり始めた息子。
自分から進んで勉強をするようになりました。
「時すでに遅し」の感はありましたが、それでも途中で諦めるよりは、ダメでも頑張らせようと思いました。

学校の先生にも、しっかり勉強を頑張ったら、何とか行けると励まされていました。
勉強だけでなく面接もあるので、面接で聞かれそうな事などを、息子に聞いてシュミレーションして来ました。
そんな中でいよいよ受験まであと二日と迫った木曜日。
学校から帰ってきた息子が「しんどい」と言い出しました。
熱を計ると38°を越えている。
心配していたインフルエンザにかかってしまったようです。

インフルエンザにだけはかからないようにと、散々注意してマスクもさせていたのに・・・。
まるでハンマーで頭をたたかれたようにショックを受けました。
しかし、ショックを受けていても仕方ない。
インフルエンザにかかった子供は、別室で受験できるので、何とか受験日だけは体調を調えて望もうとしました。
しかし、受験当日の朝も38°の熱。
すぐに解熱剤を飲ませ、出発する頃には何とか熱も下がり、本人も元気になって来ました。

嫁さんに学校まで送ってもらい、見送ってもらって息子は別室の教室で受験に望みました。
その間、私は保護者待合所で息子を待つ事に。
1時限目、2時限目と試験が進んで行きます。
私はただただ息子を信じて待っているだけでした。

本来は試験の後にお昼ご飯を済ませてから面接の予定でした。
しかし、学校側の計らいで体調不良の子供は、先に面接を行ったようでした。
戻ってきた息子は試験も面接も自分の力を出し切ったようでした。
後は結果を待つのみ。
ダメで元々、そんな気持ちで今日を迎えました。

学校から息子が帰ってきたら、そのまま車に乗せて中学校へ向います。
息子も受験票を持ちながらドキドキしている様子。
中学校へ着いて校門へ向う道中、受かったと思われる親子が笑顔で通り過ぎます。
そしていよいよ発表の場へ。
息子の受験番号を探す。

無い・・・・・。いやあった!!!!
その瞬間、息子も大喜びで跳ね回りました。
私は喜びの瞬間安堵感で力が抜けた感じでした。
満面の笑みの息子を、携帯で記念撮影して、合格手続きをして帰ってきました。

すぐさま嫁さんにメールを送り、北海道・奄美それぞれに電話報告しました。
皆から祝福されて、息子も頑張った甲斐があったようです。
私も本当にホッとしました。

明日からは新たな中学生活に向けて、また頑張ってほしいですね。
合格しても勉強を頑張らなければ、受験して合格した意味がありません。
勉強する習慣を受験勉強で身に付け始めた息子ですので、このまま勉強を頑張ってほしいと思います。
そして念願の剣道部に入部して、文武両道でしっかりと頑張ってほしいですね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 17:05 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記