2011年12月19日

消えゆく独裁者

突然の驚きのニュースでした。
いつものように、お昼ご飯時にテレビを点けたら、北朝鮮のテレビ放送が映っていました。
そして、そこには北朝鮮の名物女性アナウンサーの姿が。
つい先日、嫁さんと「最近北朝鮮の名物アナウンサーが姿を見せていない事が、話題になっている」と話していたばかり。
突然姿を見せたアナウンサーは、喪服らしき服装に身を包んでいました。

突然のニュースだったのでしょう。
テレビ番組には字幕も何も出ず、ただ北朝鮮のアナウンサーが発する言葉だけが流れてきます。
当然、私たちには何を話しているのか解りません。
テレビ局の方も、突然の出来事だったのでしょう。
ただただ、北朝鮮の放送をそのまま流していただけでした。

解説者として呼ばれていた、コリアレポーターが何とか通訳をしながら内容が解ってきました。
北朝鮮最高権力者の金正日総書記の死亡を伝えるニュースでした。
以前から体調が悪い事は報道されていましたが、最近は体調も回復してきたような報道もあっただけに、突然の死亡報道にみんなビックリした感じでした。
私もビックリしましたが、正直「これで拉致事件に何らかの進展があるかも知れない」という気持ちの方が大きかったです。

北朝鮮はこれまで、日本人を拉致しただけでなく、度重なるミサイルの発射や核実験を行って来ました。
その全ての指揮は金正日のものです。
独裁者と呼ばれた金正日が死去した事は、良い意味でも悪い意味でも、世界に影響を与えます。
拉致問題も進展が期待されますが、逆に硬直する可能性も秘めています。

さらに懸念が広がるのが、体制が不安定になり北朝鮮が暴発する可能性です。
韓国は金正日の死去報道を受け、厳戒態勢に入りました。
軍部が暴走すれば、朝鮮南北戦争が再度勃発するかも知れません。
ただでさえ不安定な情勢でしたが、さらに不安要素が増えた事になります。

何が起きるか解らない状態だからこそ、あらゆる事態を想定して日本は準備をしておかなくてはなりません。
しかし、今の政府には正直期待できない。
民主党政権には国内の問題すら解決出来ないのに、さらに難しい北朝鮮の問題に対応できるとは思えません。
やっぱり早く解散して、まともな政権を作らなくてはいけません。

独裁国家の独裁者の死去により、アジア情勢は大きく動いていく可能性が高まりました。
これから、ますます日本は厳しい状況に追い込まれます。
だからこそ、真に国の事を考えてくれる政治家を選ばなくてはいけません。
そして北朝鮮の動向にも目を配らないといけませんね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 私の思うこと