2011年12月11日

先生の試合観戦

日曜日の朝は、いつも剣道の稽古で始まります。
今日もいつもと同じ日曜日。
しかし、今日は参加者が少ない。
先生の数も少ない。

実は今日は試合に参加している先生もいたり、そして奈良マラソンが開催されていて、その関係で休んでいる先生や親もいて、いつもの半分くらいの稽古人数でした。
奈良マラソンは奈良市から私たちの町まで走ってきます。
ちょうど折り返し地点になっていて、その近辺の方々は、この時間帯は車で出る事が出来ないらしい。
稽古の時間とマラソンの時間が、丁度重なっていたので、稽古に来れない人も何人かいました。

そんないろいろな事が重なり、今日の稽古は少人数で行われました。
いつもなら、子供の稽古が終ってそのまま大人の稽古に息子は参加します。
しかし今日は大人の稽古は不参加で帰る事にしました。
いつも稽古をつけている先生が、本日は試合に出ているので、その試合を観に行きたいと息子に頼まれたのです。
先生からも「来れたら観に来て」と誘われたようで、家族で車を走らせ試合を観に行く事にしました。

試合は朝からやっているので、試合が観れたとしてもかなり後の試合になります。
もしその間に先生が敗れていたらそれまでです。
それでも息子は「先生が優勝すると約束した」と試合を観る事を諦めません。
心配していた渋滞もさほど無く、小一時間で目的地に着きました。

丁度お昼休みの時間のようで、先生とも会う事が出来ました。
先生以外にも、父兄で剣道をされている方も出場していました。
試合はほぼ終わっていて、後は決勝を残す程度でした。
父兄の方は残念ながら、途中で敗退したようで、決勝まで残ったのは、やはり先生でした。
息子も対戦表を見て、先生が勝ち進んでいる事を確認して喜んでいました。

決勝の相手は別の道場の先生ですが、よく顔を合わせる先生で、先生同士も顔なじみです。
試合前も決勝戦とはほど遠いくらい、お互い冗談で話をしながら盛り上がっていました。
それでも決勝戦になれば空気は一変します。
女子の決勝戦等が先に行われ、徐々に緊張が高まっていきます。

そしていよいよ最後の試合。
息子も見守る中、先生の試合が始まりました。
他の子供達にも試合を見せたいとの息子の希望で、持っていたiPadで試合を録画しました。
ビデオカメラ程の鮮明な画質ではありませんが、試合の雰囲気は十分に感じられます。
私も慣れないiPadでの撮影でしたが、何とか録画しました。

試合の結果は、時間制限内手前で、息子の先生が面を決めて1本勝ちで勝利しました。
見事約束通り優勝を勝ち取りました。
観ていた息子も「すっげ〜」と喜んでいました。

閉会式の後、賞状と盾と竹刀をもらった先生と一緒に記念撮影をさせてもらいました。
最初は息子が「iPadで先生の写真を撮る」と言っていたのですが、何故か息子が記念品の盾を持って、先生と記念撮影する事になりました。
まるで自分が優勝したかのように、先生と写真におさまる息子(笑)
その後、先生が冗談で息子に「試合のダメだしをお願いします」と話して息子は「え〜〜〜」と困っていました。
いつも息子たちの試合の後に、先生がいろいろと話をするのですが、その逆バージョンで先生が息子に迫ったのです。
そこに対戦相手の先生もやって来て、話の内容を聞いて、「それじゃ私もダメだしを・・・」と言われ、ますます苦笑いの息子でした。

日頃なかなか先生の試合を観る機会の少ない中、今回は優勝する試合を観れた事は、息子にも励みになったと思います。
だいぶ試合内容も良くなってきた息子ですが、これからさらに上を目指すには、大人の試合を観る事も大事です。
今回は息子自らが「試合を観に行きたい」と話してきたので、息子の剣道に対する気持ちが、随分と前向きになってきた事だと思います。
つい2年ほど前までは、「試合を観ろ」と言われないと観なかった息子ですから、かなり成長したと思います。

今日の先生の試合を観て、自分のこれからの剣道に活かしてくれる事を期待したいですね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記