2011年12月03日

次女の食欲

次女の食欲が相変わらずです。
最近は食べる量は、以前に比べ少し落ち着いた感じがあります。
しかし、「食べたい」という欲求は、ますます強くなっている気がします。
お腹が空いてくると、とたんに機嫌が悪くなる次女。
毎晩夕ご飯時は本当に大変です。

まずお腹が空くと機嫌が悪くなり、ご飯を作っている私の足元で駄々をこね始めます。
IHヒーターのつまみをイタズラして、私が料理をしている邪魔をします。
本人はボタンやつまみが大好きで、遊んでいるつもりでしょうが、これをやられると料理が出来ません。
本人はお腹が空いたのと、眠いのとで、空腹と睡魔の両方と戦っているのでしょう。

時々、睡魔に負けてしまって、私が料理を作っている足元で、力尽きて寝てしまう事があります。
そのまま起きない事もあり、晩ご飯を食べずに寝てしまったと言う事もありました。
何とか晩ご飯を作ろうとしても、邪魔をされて、さらにご飯が遅くなると言う、悪循環になる場合もあります。

先日も、眠たさと戦っていた次女。
私の足元で眠りに入ろうとしたので、私が慌てて抱きかかえて「ほら見てごらん、もうすぐご飯ででき上がるよ」と料理中の物を見せました。
すると、とたんに目を覚まし、自分のイスに座って晩ご飯が来るのを待ちました。
自分のイスに座りエプロンをしながらご飯を待つ姿に、尻を叩かれるように、私も急いで晩ご飯を作りました。

どんなに愚図っていても、「ご飯食べる」と聞くと、素直に「ハイ」と答えて、自分のイスに座ります。
「おまえは飯さえ食えたらええんかい!!」と言う私のツッコミにも動じずに、黙々と晩ご飯を食べる次女。
食べ終ると、あの不機嫌さがウソのように、本当にご機嫌になります。

今日もお腹が空いていた次女。
いつものように「ご飯食べるよ」の言葉に、自分のイスに座りスタンバイOK。
今日の晩ご飯はお好み焼き。
目の前のホットプレートで、美味しそうにお好み焼きが焼けていきます。
次女も楽しみにしながら、我慢して待っていました。

ところが、お好み焼きをひっくり返して、フタをした瞬間、次女が大声で泣き出しました。
どうやらもう食べられると思ったらしく、フタをされてしまったので、機嫌を損ねたようです。
「もうすぐ出来るからね」のお母さんの言葉に、半分納得しながらも、半分は落ち着かない様子。
そしてようやく焼けて、自分のお皿にお好み焼きが。

しかし、ソースとマヨネーズ等をかけるために、その皿を一旦私の所へ移動しました。
すると次女は自分のご飯を取られたと勘違いしようようです。
血相を変えて大声で大泣きを始めました。
終いには、自分のイスを抜け出し、私のところへお好み焼き&お皿を取り返しに来ました。
私も急いでソースとマヨネーズをかけ、ようやくお好み焼きを口にして、次女のパニックも終りました。

やれやれ、本当に食べる事には必至の次女です。
人間の一番必要な欲だと思うので、次女の反応も理解できますが、もう少し落ち着いてくれと言いたい。
しばらくは晩ご飯時のドタバタが続きそうです(笑)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記