2011年11月18日

ブータンから学ぶ

小さな国の王と王妃が、今日本のメディアの注目を集めています。
ブータンから来た国王と王妃。
なんと二人は新婚旅行で日本に来ました。
新婚旅行で日本に来る。
それだけでも嬉しい事ですが、今回の目的は単なる新婚旅行だけでは無いようです。

実はブータンはとても親日的な国で、今回の新婚旅行には、日本への感謝の意味も込められているようです。
東日本大震災で大きなキズを負った日本を、新婚旅行で訪れる事で、世界に向けて日本の安全をアピールする狙いもあったようです。
今日は地震と津波と原発事故の三重苦を味わっている、福島県相馬市を訪問されています。
海外には「Fukushima」という名前は、原発事故の印象で定着してしまいました。
そこを訪れ、現地の小学校を訪問する事で、世界に向けて「日本は安全なんだ」とアピールできる。
その事を、国王自らが考えて下さっていたのです。

さらにビックリしたのが、ブータンから僧侶を数名同行させていたこと。
なんと、被災地で犠牲になった方々を供養するために、僧侶を同行させていました。
被災地で供養の行事を行い、手を合わせるブータン国王と王妃。
その姿を見ていると、本当に心から日本の事を想ってくれている事がわかります。
その気持ちが嬉しくて嬉しくて、涙が出そうになりました。

ブータンがここまで日本に対して、友好的な姿勢を見せるのは、一人の日本人の影響だと言われています。
まだブータンの農業が安定していない時に、ブータンから日本に農業の指導の依頼が入ります。
その時抜擢されたのが、西岡京治さんという方。
農業の指導と言っても、そこは日本とは気候も土壌も違う国。
ブータンにはブータンの農業の方法がありました。

しかし、西岡さんは様々な苦労の中、ブータンで農業を成功させ、当時の国王から「ダジョー」という称号を受けます。
ダジョーと言うのはブータンでは最高位の意味だそうです。
それだけブータンの国から信頼され、また愛された人だったのです。
西岡さんはブータンで亡くなられ、葬儀はブータンの国葬で行われました。

ブータンが日本をそして日本人を、とても大切に想ってくれるのは、ブータンを大切に想ってくれた西岡さんのおかげなのですね。
まるでその恩返しのように、今回若きブータン国王と王妃が日本を訪れてくれました。
常に笑顔で手を振り、また手を合わせて感謝の意を表する姿は、多くの日本国民の心を捉えたと思います。
顔立ちも日本人と間違えるくらい、よく日本人と似ているブータン人。
遠い遠い先祖はどこかで繋がっているのかも知れませんね。

若くダンディーな国王。
そしてさらに若く美しい王妃。
ブータンという小さな国ですが、日本にとっては大きな存在の国です。
明日は京都を観光して、明後日ブータンに帰国されるようです。
お二人の来日は、私たち日本人に一時の安らぎを与えてくれると同時に、ブータン人の素晴らしさを教えてくれました。
そして、その素晴らしいブータン人が、手本としている国が、私たちの日本なのです。
私たちはお二人の来日によって、本来の日本のあるべき姿を学ばせてもらった気がします。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:09 | Comment(2) | TrackBack(0) | 私の思うこと