2011年11月30日

年末に向けて

ついに霜月(11月)が終ってしまいました。
明日からはいよいよ師走です。
本当に本当に1年って早いですね。
毎年同じ事をつぶやいていますが、毎年早くなっている気がします。

今年は何と言っても、東日本大震災がありました。
大地震の後の大津波、そして原発事故。
これほど日本が大きな被害に見舞われたのは、戦後初めての事です。
本当に日本中が深い悲しみに落ちた春でした。

でも、そんな時だからこそ、人と人が繋がる絆を大切に感じた春でした。
日本中が「自分にできる事は!?」と考えて、それぞれに行動しました。
「日本人ってやっぱり素晴らしい」と、改めて感じた人も多かったと思います。
日本だからこそ、これだけの大震災+原発事故が起きても、冷静に判断し行動できる。
そう感じてきた一年でした。

しかし、政治に関しては憤りばかりの一年でした。
大震災と原発事故を、己の権力維持に使おうとする総理大臣。
ようやく辞任しても、その後の野田総理大臣も、全く震災には目を向けていません。
口では「一日も早く復興を・・・」と言いますが、頭の中は消費税増税とTPP参加の事ばかり。
被災地は完全に置き去りになっています。

もう一ヶ月後には大晦日、そして新年を迎えます。
しかし、被災地の方々にとっては、本当に寒く辛い年越しになります。
2011年、平成23年という年を、どうやって越すのか?
被災した一人ひとり、そして同じ日本人として、私たちも考えなくてはならないと思います。

多くの犠牲者を出した東日本大震災。
この大震災を単なる自然災害で終らせるのでは無く、その災害から見えてきた日本の問題。
私たちの問題。
そして辛く悲しい中から芽生えた、私たちの絆。
あらゆるものを気付かせてもらった事を、しっかりと胸に刻んで新しい年を迎えたいです。

大阪ダブル選挙の結果を受けて、政界も大きく動き出しそうな気配です。
来年は解散総選挙もありそうです。
今年の悲しみを、憤りを、来年の喜びに変えれるように、残り一ヶ月をしっかり生きて、来年に繋げましょう。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 私の思うこと

2011年11月29日

ツリーを出さなくては

気がつけば明日で11月も終わりじゃありませんか。
ひえ〜ついに師走に突入するんですね。
全くそんな感じがしない私は、やはり時代に取り残されているのでしょうか(笑)
なんか今年はなかなかクリスマス気分になれませぬ。
なんでかな?と思っていたら、重大な事に気付きました。

我が家のクリスマスグッズ、一つも出していません。
クリスマスツリーもリースも、何一つクリスマスらしい物が無い。
買い物に行けばツリーやデコレーションを沢山見るので、それでクリスマス気分になっていた。
しかし、我が家は全く季節感が無い。

あぁ〜これではクリスマス気分になれるハズもありませんね。
例年なら11月の中旬くらいには、ツリーを出して、僅かではありますが、クリスマス気分を味わっています。
しかし、今年は全く出来ていない。
いかに毎日を惰性で生活しているかが解ります。
明日は水曜日で忙しいので、明後日にでも出せたら出そう。

そう言えば、子供達もサンタさんへのプレゼントの手紙を書いていません。
いつもは、「サンタさんへ」と下手な字で手紙を書く息子ですが、今年はサンタさんに手紙を書く様子はありません。
サンタさんとしては、長女を誘ってサンタさんへ手紙を書いてほしいところ。
しかし、息子は自分の欲しい物と、サンタさんがプレゼントしてくれる物の、違いを理解しています。
あぁ〜何て夢の無いやっちゃ。

長女は「プレゼントは洗濯バサミ」なんて言っていましたが、先日、テレビでリカちゃん人形を見てから、すっかりリカちゃん好きになった様子。
どうやら長女はリカちゃん人形をお願いしようと考えているようです。
我が家には、ぬいぐるみは沢山あるけど、人形ってそう言えば無い。
あるのは「ぽぽちゃん人形」くらい。
さすがに5歳の長女には、ぽぽちゃんはそろそろ卒業らしく、リカちゃん人形に目覚めたようです。

その代わりなのでしょうか?
最近次女がぽぽちゃんのお世話をやたらとします。
ぽぽちゃんにミルクをあげたりしていますが、ミルクを口に入れた後に、今度は目に入れる始末。
さらにぽぽちゃんの服を全部脱がせてしまい、丸裸にされたぽぽちゃん。
「それじゃ〜虐待だぞ!!」という私の言葉にも、自分が出来ていると思っているのか、ニヤッと笑い返します(笑)

こんな我が家ですが、そろそろクリスマスツリー等を飾って、クリスマス気分を盛り上げていきたいです。
子供達も、クリスマス気分にならないから、手紙を書かないのかも知れませんね。
あぁ〜サンタさん、大忙しです。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年11月28日

これはヤバイ(笑)

昨日、iMacとiPadを購入して、早速セッティングを済ませた。
しかし、iPadは初期状態のままなので、アプリをダウンロードしなくてはならない。
iPadはネットが繋がっていないので、iMacのiTunesストアでダウンロードする事にした。
まずは絶対に必要となる、iWorkのアプリから。
Pages、Keynote、Numbersをダウンロード購入。

購入した後、iMacとiPadを繋いで同期してiPadに移した。
iTunesストアで様々なアプリを目にすると、やはりついつい誘惑にかられてしまう。
無料のアプリも結構な数あるので、まずは無料のアプリをダウンロードしてみた。
ゲーム類が多いが、無料でも結構高機能で十分に使えるアプリが多い。
思わず沢山ダウンロードしてしまった(^^;)

そして有料アプリにも興味が・・・。
有料と言っても、これまた値段が安い。
100円以下とかあるし、高くても1,000円〜2,000円くらいまで。
比較的安い170円のアプリを二つ購入ダウンロードしました。
170円ですが、とても高機能です。

アプリを入れていくと、どんどん出来る事が広がっていくiPad。
これはヤバイですね〜。ついついダウンロードしちゃいます。
無料のゲームアプリなども、お試し版的な物が多く、アイテムゲット等が有料だったりします。
これは気を付けないと、iPadがネットと繋がると、すぐに有料アプリを買っちゃいそうです。

昨日は気付いていなかった子供達も、ようやくiPadの存在に気付きました。
真っ先に食いついてきたのは、やはり息子。
私にお願いして、早速ゲームをしていました。
気をつけないと、勝手に使われる可能性が高いので、そこは厳しく話しておきました。

あくまでも私の仕事に使う物として、第2は嫁さんの仕事をサポートする物として購入しています。
子供達にも使わせますが、それは私の許可を得て、時間を決めて使わせる。
そうしないと絶対に子供の遊び道具になってしまいます。
上手く使えば勉強に使えるし、家族でゲームをする事も可能です。
要は使い方次第ですね。

長女にはひらがなやカタカナの書き方を覚えるアプリがあったので、それをダウンロードしました。
書き順も出るので、覚えるのには最適なアプリです。
これからもいろんなアプリが出てくると思うので、使えそうなアプリを吟味してダウンロードしたいと思います。

それにしてもiPadはやはり面白い。
使うだけでなく、アプリを作る方にも興味があります。
自分オリジナルのアプリ、作ってみたいですね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | Macintosh

2011年11月27日

ついに購入

サブマシンだったiMacが故障してから、1年近くになる。
我が家のMacは、私が仕事で使っているPowerMacG5と、PowerBookG4の二つです。
しかし、いずれも未だにPowerPCで、Intel Macは一台もありません。
唯一Intel MacだったiMacが故障してしまったので、我が家は時代の流れに完全に取り残されていました。

iPadも以前から使いたいと思っていましたが、残念ながらPawerPCでは使う事が出来ない。
ずっと「購入はしばらく先」と考えていましたが、最近心変わりをしました。
「もし仮に仕事で使っているPowerMacG5が壊れたら・・・」とふと考えたのです。
残るMacはPowerBookG4しかない。
とてもじゃないが、仕事では使えない。

そう考えると、とても不安になりました。
私の仕事はMac無しではとても出来ないので、いざと言う時のサブマシンがやはり必要です。
そして、サブマシンはそのまま、嫁さんや家族も使えるマシンとなります。
そう考えて以前もiMacを使っていました。

やはりここはiMacが一台欲しいと、思うようになったのです。
そしてiPadも一台は欲しいと思いました。
やはり仕事柄iPadは使いたいし、仕事以外でもいろいろと使える用途があります。
これ以上、時代から取り残される訳にもいきません(笑)

思い立ったら吉日という事で、嫁さんとも相談して、本日購入しました。
家電量販店でiMac21インチとiPad16GBを購入。
我が家についに新しいiMacとiPadがお目見えです。
息子に知られると、すぐに使いたがるので、子供達が寝てから箱からとり出しました。

以前のiMacよりも一回り大きく、重厚感があります。
早速ネットに繋いだところ、あまりの快適さに私も嫁さんも唖然。
今までのスピードは何だったんだ?って感じです。

iPadもセッティングをして、どちらも使えるようになりました。
ただ、iPadは基本的なアプリしか入っていないので、ボチボチと気に入ったアプリを入れていきたいと思います。
iMacの方もアプリを入れて、こちらでも仕事が出来るような環境を整えていかなくてはいけません。
明日から、仕事の合間にボチボチとセッティングしていきたいと思います。

しかし、確実にPowerMacG5よりも、iMacの方が快適です。
気がつけば、iMacでずっと仕事していたりして(笑)

111127.jpg
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:35 | Comment(1) | TrackBack(0) | Macintosh

2011年11月26日

風邪が治らない

あぁ〜〜〜なかなか風邪がスッキリとしません。
喉のイガイガが始まってから、もう一ヶ月近くなろうとしているのに、未だに本調子じゃありません。
周りにも風邪をひいている人がいて、話を聞くとやはり今年の風邪はしつこいようです。

医学の進歩は著しく、一昔前なら治らなかった病気も、現代医学では治癒率が高かったりします。
昔は「白血病」と言われれば、死を宣告されたようなものでしたが、最近は克服している人が多い。
それでも「不治の病」や「謎の病」と言われるものはあるようです。

最も身近な病気である「風邪」も、その年、その時期によって、その症状が異ります。
私たちが「風邪」と呼ぶ病気も、実は細かく分類されるのでしょうね。
それを一括りに「風邪」と呼んでいるだけかも知れません。

医学の進歩と共に、様々な病気が解明され、治療法や治療薬が開発されてきました。
人類は病気を克服してきたように見えます。
しかし、その一方で医学の進歩で新たな病気の発見があります。
私は子供の頃に「何で病気が無くならないのだろう?」と思った事があります。
医学が進歩すれば、病原菌をやっつける事ができると思っていました。
現実は、病気の治療法と治療薬が開発され、病気の治癒率が高くなる。
そして、病気は昔よりもむしろ増えているのだと思います。

昔は何か解らないまま、亡くなる人が多かったのだと思います。
病名もわからないまま、亡くなるから病気もわからないまま。
医学の進歩で、病気が解り病名が付けられてきました。
だから病気は無くなるどころか増えているのでしょうね。

人類の進歩の中で、発生した病気もあるので、ますます病気は減らないって事になりますね。
医学は進歩しても、次々と病気も発見されて行く。
なんかイタチごっこのような感じです。

よく「病は気から」と言うように、心も病気と密接に関係していると思います。
医学的に、また科学的に立証はされませんが、病気を克服するのに、前向きな心は不可欠です。
そう考えると、医学の進歩だけでは、人類は病気には打ち勝てないのですね。
むしろ病気に勝つと言うよりも、病気になって健康のありがたさを理解する方が大事だと思います。

神様はきっと、人間が病気にならないと、わがまま勝手放題になるので、あえて「病気」というシステムを入れ込んだのでしょう。
私たちは健康で生きていられる事を、日々感謝して過ごさなくてはいけませんね。
風邪の話から、最後は宗教的な話になってしまいました。

私もこの風邪を「健康のありがたさを教えて頂いている」と受け止め、日々頑張ります。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年11月25日

この冬、どうやって温まる?

寒さに耐え切れず、我が家もついにストーブを出しました。
寒いのを我慢して、風邪をひいてしまっては(すでにひいてますが)意味がありません。
昨日、部屋を片づけたのを機にストーブも出しました。

あぁ〜〜〜やはりストーブは暖かいですね〜。
今年の冬は、夏以上に「節電」が求められているらしく、石油ファンヒーターの売上が凄いらしい。
みんなエアコンを使うのをやめて、石油ファンヒーターを使おうと考えているのでしょう。
我が家は元々、夏のエアコン(冷房)は使うけど、冬のエアコン(暖房)は使いません。
冬になるとストーブで暖まって来ました。

節電対策で、石油ファンヒーターを使う人が増えると言う事は、灯油の需要が増えるって事です。
しかし、原油の価格が上昇傾向にあるようで、灯油の値段も上がるのでは?と言われています。
全く片方では「節電」で制限されて、もう片方では値上がりって、本当に我々はどうすれば良いのでしょう。

そもそも灯油の値段って、何で下がらないのでしょうか?
確か昔はポリタンクで800円代だったと思います。
それが徐々に値上がりして、一気に1300円代になりました。
それから下がりませんからね。
ガソリンも同じです。
昔は100円代とか普通にあったのに、今では130円代で安い方です。

値上がりする時には、一気に簡単に値上がりしますが、値下がりは本当にしませんね。
しかもこれだけ「円高」とか言っていながら、全く私たちの生活には恩恵がありません。
それに加えて今度は「消費税10%」なんて事を言っていますからね。
それも国内に向けてでは無く、海外に向って(笑)

私たちは日々の生活の中で、ガソリンや灯油の価格を気にしながら、必死に節約している。
少しでも使うのを減らし、少しでも節約しようと頑張っています。
その一方で、まるでマネーゲームのように、簡単に値上がりしたり、税率を上げられてはたまりません。

電気も節電で、灯油は値上がり。
もうこうなったら、山から枯れ枝を拾ってきて、焚き火で温まるか(笑)
昔はみんな囲炉裏で温まっていたのですから、それが一番なのかも知れませんね。
自然の物を使って、自分たちで火を熾して温まる。
節電も原油値上がりも関係ありません。

昔に逆戻りは出来ませんが、昔のライフスタイルを見直して、今のライフスタイルを考え直す時期に来ているのかも知れません。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年11月24日

男ってバカなのね

「男ってバカだよな〜」

男である自分自身で思う事がある。
女性に比べて男は単純で幼稚であると、私は思う。
でも裏を返せば、素直で子供心を忘れないという長所にもなる。

よく、子供の頃の趣味をそのまま続けているお父さんっていますよね。
お小遣いの全てを鉄道模型に使ったり、趣味のバイクや車に使ったり。
女性から見ると、「なんて無駄な」と思う事でも、男にとっては大切な物だったりします。

我が家の家族はお父さん・お母さん・息子・長女・次女の5人家族。
男2女3の家族構成です。
私は姉が二人いて、弟も一人いるので、兄妹での男女の違いを何となくは理解しています。
しかし、嫁さんは二人姉妹だったので、男兄弟がいません。
私には有る程度理解できる息子の行動も、嫁さんには全く理解に苦しむ事が多い。

しかし、時々私でさえ「こいつホンマにアホちゃうか!?」と思ってしまう事がある。
やはり「男はバカ」なのである(笑)

以前、よく勝手にお菓子を食べて、知らないふりをする事があった。
普通なら証拠隠滅を謀るものですが、息子は何故か食べた後の空箱や、空の袋を冷蔵庫に入れている。
私がとり出そうとして、中身が空っぽなのを、何度か経験している。
おそらく息子としては、お菓子が無くなっていないように、見せかける事を考えたのでしょう。
しかし、すぐにばれる事はちょっと考えれば解る事。
さらに、下手な証拠隠滅で、逆に自分の犯行を認めているようなものである(笑)

息子は子供心も忘れていない。
もう12歳だが、今でも5歳児くらいの心を持っている。
4〜5歳児の頃って、ウルトラマンや仮面ライダー、戦隊ヒーローに憧れる。
おもちゃを買ってもらっては、右手にヒーローを、左手に悪役を持って、戦いをしていたものです。

その時に、必ず息子の口からは、効果音が出てきます。
ピシッ、バシッ、ヂュワ〜〜〜〜、ゴワン、ドッッカ〜〜〜〜〜ン!!
と、動きに合わせて口効果音を発するのです。

しかし、今でもその癖は直っていない。
つい先日、剣道の試験を受かった御褒美に、「ダンボール戦機」というテレビのプラモデルを購入。
「勉強しないで遊んでばかりいたら取り上げる」という約束で、プラモデルを購入しました。
早速組み立てたプラモデルは、ガンダムのようなロボット型。
大喜びで組み立てたプラモデルを手にしていました。

今日も学校から帰ってきて、自分の部屋で宿題をやっていた息子。
部屋は私の仕事部屋の隣。
ちょっとした物音でも聞えてくる。

宿題を始めて30分ほどした頃。
何やら隣から、聞きなれた音が。

「ピシッ、バシッ、」

息子の口効果音である(-_-;)

「宿題しろよ〜!!」
私の声に「はぁ〜〜〜〜〜ぃ」と返事だけは素直な息子。
しかし、また5分ほどして、「ピシッ、バシッ、」(-_-#)

おそらく本人は息抜きのつもりで、プラモデルを手にしたのでしょう。
しかし、無意識の内に妄想に入り、プラモデルを手に持って、口効果音を発してしまうのでしょう。
はぁ〜〜〜〜〜やっぱり「バカだ」
遊ぶならバレないように遊べ。

まぁ、それが出来ないから、世の男性は浮気がバレるんでしょうね(笑)
えっ?私??
私は息子とは違うんで・・・・・

「ピシッ、バシッ、」(←嫁に叩かれる音)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年11月23日

新嘗祭(勤労感謝の日)

今日は勤労感謝の日でしたね。
皆さん日頃の勤労をねぎらい感謝して一日を過ごされましたか?
私は日頃から働ける事に感謝して、今日はゆっくりと過ごさせて頂きました(笑)

この「勤労感謝の日」ですが、元々は何の日だったのでしょう?
もともと勤労感謝の日であったのではなく、本来は「新嘗祭(にいなめさい)」という行事が始まりです。
詳細は下記のWikipedia参照をご覧下さい。

<以下Wikipediaより転載>
勤労感謝の日は、国民の祝日に関する法律(祝日法、昭和23年7月20日法律第178号)第2条によれば、「勤労をたつとび、生産を祝い、国民たがいに感謝しあう」ことを趣旨としている。1948年(昭和23年)に公布・施行された同法により制定された。
農業国家である日本は、古くから神々に五穀の収穫を祝う風習があった。また、その年の収穫物は国家としてもそれからの一年を養う大切な蓄えとなることから、収穫物に感謝する大事な行事として飛鳥時代の皇極天皇の時代に始まった新嘗祭(にいなめさい、しんじょうさい)の日が第二次世界大戦後のGHQの占領政策によって天皇行事・国事行為から切り離される形で改められたものが「勤労感謝の日」である。
新嘗祭は1872年(明治4年)までは旧暦11月の2回目の卯の日に行われていた。1873年に太陽暦(グレゴリオ暦)が導入されたが、そのままでは新嘗祭が翌年1月になって都合が悪いということで、新暦11月の2回目の卯の日に行うこととした。それが1873年では11月23日だった。しかし、翌1874年からは11月23日に固定して行われるようになった。11月23日という日付自体に深い意味はなく、たまたま日本が太陽暦を導入した年(1873年)の11月の2回目の卯の日が11月23日だっただけのことである。
休日としての歴史は1873年公布の年中祭日祝日ノ休暇日ヲ定ム(明治6年太政官布告第344号)から続いており、11月23日は日本国民に最も定着している固定日の休日となっている。
<転載終り>

凄いですよね。飛鳥時代から続いているのですから。
でも天皇陛下が、ずっとこの行事を飛鳥時代から続けている事を、どれだけの国民が知っているでしょうか?
そして今上陛下が、ご高齢の中ずっと新嘗祭を行って来た事を、どれだけの国民が知っているでしょうか?
恥ずかしながら、私もつい最近まで知りませんでした。

お米を食べる事に、何の感謝も示さなくなってしまった私たち。
「いただきます」「ごちそうさま」すら言わなくなってしまった日本人も多いのではないでしょうか。
そんな中で天皇陛下は、毎年、お米が出来た喜びを感じ、感謝の念を込めて新嘗祭を行っています。
しかし、今年は今上陛下のご入院により、新嘗祭は行う事が出来ませんでした。
東日本大震災の後、原発事故の後だけに、今年の新嘗祭は何としてでも行いたいと、お考えであったのではないかと思います。

10月31日はハロウィンでした。
このハロウィンも、元々は収穫祭から始まっているようです。
ケルト民族の収穫祭が他民族に広まって、その後ハロウィンとして定着していったようです。
日本でも最近はハロウィンが定着しつつある感がします。

おそらく日本では商業ベースとして、ハロウィンが定着しつつあるのでしょう。
夏物商戦からクリスマスまでの繋ぎとして、ハロウィンはちょうど良い時期です。
ハロウィンの意味もあまり解らず、ただただカボチャおばけ等のキャラクターが売れるのだと思います。

別にそれはそれで良いのですが、同じ収穫祭である自国の行事に、国民が無関心と言うのはやっぱりおかしいですよね。
本来であれば、大々的に新嘗祭が取り扱われるべきだと思います。
これも敗戦後の日本が失ってしまったものなのでしょうね。
取り戻さなくてはならないものですが、未だに出来ないのは、まだ日本が独立国として自立できていない証拠なのでしょう。

これからの日本。
本当の意味での独立国として、自国の文化を守り抜いていかなくてはなりません。
いつの日か、勤労感謝の日ではなく、新嘗祭として11月23日が認識される日が来てほしいです。
そして今上陛下の一日も早い復帰を願います。
一月後にはお誕生日を迎えられ、天長節(天皇陛下お誕生日)の日がやってきます。
また元気なお姿で、我々国民の前にお姿を見せて頂きたいですね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年11月22日

風邪ひいた(><)

もう2週間ほど前から、喉がイガイガしていたのですが、最近ますます喉が調子悪い。
今朝は起きると声が殆ど出ないような状態。
かろうじて声を出すも、まるで別人のような声です。
完全に風邪にやられてしまったようです。

これまでは喉だけだったのですが、今日は身体も重く何もやる気が起きない。
仕事もちょっと隙間で落ち着いた事から、気持ちに油断が出たのかも知れません。
今日は一日、雑用をちょこちょことする程度で、過ごしました。
一日中、鼻水と痰が出て、頭もボーッとした状態でした。

あぁ〜〜〜〜しんどい。
しかししんどくても、子供には関係ないのですね。
こんな時に限って次女は私にベッタリ甘えてくる。
託児所に迎えに行くと、いつもなら車までスタコラ歩くのですが、今日は抱っこをせがむ。
完全に甘えたいモードです。
こんな状態では晩ご飯を作るのは無理と判断して、帰りにほか弁を買って帰りました。

夕方からは足首のあたりが妙に寒くて、ずっと震えていました。
早くお風呂に入りたかったのですが、今日は長女の英語教室の日。
長女を英語教室に送って行った後で、すぐに次女にお弁当を食べさせました。
食べさせるタイミングを逃すと、そのまま寝てしまう事が多いのです。

息子は先にお風呂に入り、その後お弁当を食べさせました。
そしてまだ食べている次女を息子に任せ、長女を迎えに行きます。
帰ってきたら長女にご飯を食べさせている間に、次女を連れてお風呂へ。
ようやくお風呂で温まる事が出来ました。

しばらく温まっていると、晩ご飯を終えた長女も入って来ました。
今日は身体を温めるために、いつもより長めにお風呂に入りました。
身体もようやく温まり、私もようやく晩ご飯を食べました。
その頃には次女はすっかり夢の中へ。
やはり早めに食べさせておいて良かったです。

お風呂で温まって少しは楽になったのですが、それでもまだまだ本調子ではない。
今日は早々とお布団に入る事とします。
では、オヤスミナサイ。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年11月21日

春夏秋冬どれも好き

寒くなってきましたね。
もう随分と冬の足音が聞えてきた感じです。
つい先日まで「暑い」って叫んでいた気がしたんですけどね。

私は南の島育ちなので、基本的に夏が大好きです。
でも、秋・冬というのも意外に好きなんですよね。
秋はなんと言っても色づく紅葉。
はらりと落ちる葉っぱを目にすると、何とも言えない哀愁を感じます。

そして寒い冬になると、温もりを求めます。
寒いからこそ、お家の中の暖かさ、家族の温もりが嬉しく感じる。
私が描いている冬のイラストには、そんな寒さの中の温もりを描いたものが多い。
子供の頃から、雪原の中の小さな家で、暖炉で温まる妄想をしていました。
だからイラストもそんな物が多いのだと思います。

南の島で育ちましたから、雪の世界に憧れていたんでしょうね。
寒いからこそ、暖かい温もりがとても嬉しく感じられるような気がしていました。
冬の間、雪の中で暮らす方々にとっては、憧れだけでは済まされない、日常の苦労がある事と思います。
そんな日常を知らないから、妄想の中で冬のイラストを描けるのかも知れません。

奈良に住んでから、春・夏・秋・冬の四季が本当にハッキリとしています。
奄美では5月末から10月いっぱいくらいまでは、夏の気候です。
そしてちょっと涼しくなってきたら、一気に冬になります。
気温は10℃を切る事は少ないですが、海風がきついので、意外と体感温度は低いです。

そして3月に入れば一気に暖かくなり、5月にはすっかり暑くなる。
春と秋が極端に短い。
むしろ春と秋が無いと言っても過言ではないでしょう。

そんな気候の中で育ってきたので、春の花の咲く季節。
桜吹雪の舞う春。
収穫の季節。
木々が色づき哀愁の漂う秋。
この季節もとても好きになりました。

「な〜んだ結局どの季節も好きなんじゃん」って思った方いますよね。
そうなんですね。結局どの季節にもそれぞれの良さ、それぞれの楽しみがあって大好きです。
そう考えると、一年中楽しめるのって、本当に幸せですね。

春になれば美しい桜や花々が咲き誇り、夏には楽しいイベントが盛り沢山。
秋になれば美味しい食べ物に満たされ、冬には暖かい温もりが嬉しい。
いや〜日本って本当にステキですね。
これからは温もりが嬉しい季節。
ほのかな温もりを楽しみながら、来るべき冬を楽しみましょう。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年11月20日

試合と審査

昨日の大雨はどこへやら。
雨の中、学校の授業参観へ行き、足がずぶぬれになって、寒かった昨日。
しかし、今日は天気も回復方向で、陽射しも差してきました。

今日はいつもの剣道の稽古ではなく、別の道場へ稽古に行きました。
毎年、稽古会・試合を行う道場です。
法隆寺の近くにあり、車で30分ほど。

朝から車を走らせ稽古会へ向いました。
そして稽古の後は試合が行われます。
今回は個人戦のみで、勝ち抜き戦になります。
勝った人は負けるまで戦い続けます。

小学生のみなので、3年生までの低学年と、4年生からの高学年に分れて試合が行われました。
手前のコートでは低学年の試合が行われます。
小さな身体に防具を着けて、まるで防具が歩いているような子供達が、一生懸命に戦います。
防具を着けているだけで、必死な上に、さらに必死になって戦います。
そして勝った子は戦い続けるのです。

勝ち抜き戦なので、引き分けはありません。
勝負がつくまで戦い続けます。
通常は2分間の試合も、勝負がつかないと、10分を越えるような試合になります。
もう子供達もヘトヘトです。
そしてその試合に勝ったら、勝った方はまた戦うのです。
おそらく相手との戦いよりも、「勝ち続けたい」と気持ちと「疲れてしんどい」という自分との戦いの方が大きいでしょう。
疲れてくると、子供にとっては竹刀を振るだけで精一杯です。
最後の方は、腕で竹刀を振ると言うよりも、身体全体を使って振っていました。

そんな中で、優勝したのは何と我が道場の子でした。
そして敢闘賞にも一人選ばれ、なかなかの成績をおさめました。
肝心の息子のいる高学年の部ですが、残念ながらこちらは誰も入賞できず。
息子も一度も勝利する事が出来ませんでした。

しかし、試合内容はとても接戦で、息子が長い時間戦って惜しくも敗れた相手は2位でした。
優勝した相手とも互角の戦いでした。
やはりあと一歩。毎回この一歩が遠いです。

試合は午前中で終わり、その後お弁当を食べて解散しましたが、6年生はそのまま残りました。
試合の後に剣道一級の級審査会が行われるためです。
今日の級審査会に向けて、息子たちは木刀での型の稽古も行ってきました。
竹刀による打ち込みの審査と、木刀を使った型の審査があるためです。

緊張の中、審査会が始まりました。
私もじっくりと見ていたかったのですが、次女がじっとしておらず、外に出てしまうので、外からちょこちょこ覗いていました。
我が道場からは息子を含め4人が受講。
みんな日頃の稽古の成果を発揮して、落ち着いて型をこなしていたように思います。

審査会の後、結果が発表されました。
結果は全員合格。
子供達は喜んで戻ってきました。
今日の日のために、一生懸命頑張って来ましたからね。
次は初段に向けて、また頑張っていかないといけません。

下級生は試合で、上級生は級審査で、結果を残した一日でした。
また次の試合に向けて、これからの稽古頑張ってほしいですね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年11月19日

ステンドグラス体験

今日は土曜日で、通常なら息子は学校お休みです。
しかし、今日は授業参観があり登校でした。
それもいつもの事業参観では無く、親子ふれあい会と題して、親子で体験学習をする内容です。

まずは通常の事業参観があり、その後、約1時間半親子ふれあい会が行われます。
授業参観は先日修学旅行で行った、広島の原爆の事について、それぞれに感じた「平和」という事を、色紙に絵と文字で書いて発表する内容でした。
それぞれに思った「平和」を一人ひとり前に出て発表していました。
私としては「平和」だけで終らず、世界が平和になるにはどうしたら良いか。
そこまで踏み込んで欲しいけど、今の教育の現場では無理なんでしょうね。
息子とはそんな話をしているので、平和になるためには日本は強くならなくてはダメだと話しています。
そして、戦争が悪かったでは無く、なんで戦争になったのかを学ぶ事が大事だと言う事も話しています。
二度と戦争にならないように、日本は強く毅然とした国でなくてはならないと思います。

話が私の思いに脱線しました。
授業参観では修学旅行のビデオを見せてもらいました。
新幹線の中や広島原爆ドーム、宿泊施設での夕食や部屋の様子。
2日目のサファリパークなど、子供達の楽しんでいる姿を見る事が出来ました。
息子からは話で楽しかった事を聴きましたが、ビデオで観るとさらに楽しさが伝わってきます。

授業参観の後は、親子ふれあい会。
息子が選んだ教室は、ガラス細工教室でした。
校区内でステンドグラスをやっている方が、講師として来られ、子供達と一緒にステンドグラス作りを楽しみました。

初めて作るのに、大きな物も出来ないので、今日は色ガラスを使ってキーホルダーを作りました。
小さないろんな色のガラスから、好きな物を選び、それをキーホルダーにします。
私もステンドグラスを作る工程は初めて見ました。
講師の方の話を聞きながら、一つ一つ工程を進めていきます。

親子ふれあい会と言う事で、親子で協力して作るのですが、息子は結構器用です。
私が手を出さずとも、一人で次々と作業そ進めていきました。
私は側で見ながら、時々手伝う程度。
小一時間程で、いろんな色のガラスがくっついたキーホルダーが完成しました。

息子は大満足したようです。
結局私は側で見ているだけに終りました(笑)
ステンドグラスも結構面白そうですね。
何か作品を作ってみたい気になりましたが、何でも興味を示す私の悪い癖です。
そんな時間もお金もありませんからね。
いつか出来るような時が来たら、やってみたいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 21:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年11月18日

ブータンから学ぶ

小さな国の王と王妃が、今日本のメディアの注目を集めています。
ブータンから来た国王と王妃。
なんと二人は新婚旅行で日本に来ました。
新婚旅行で日本に来る。
それだけでも嬉しい事ですが、今回の目的は単なる新婚旅行だけでは無いようです。

実はブータンはとても親日的な国で、今回の新婚旅行には、日本への感謝の意味も込められているようです。
東日本大震災で大きなキズを負った日本を、新婚旅行で訪れる事で、世界に向けて日本の安全をアピールする狙いもあったようです。
今日は地震と津波と原発事故の三重苦を味わっている、福島県相馬市を訪問されています。
海外には「Fukushima」という名前は、原発事故の印象で定着してしまいました。
そこを訪れ、現地の小学校を訪問する事で、世界に向けて「日本は安全なんだ」とアピールできる。
その事を、国王自らが考えて下さっていたのです。

さらにビックリしたのが、ブータンから僧侶を数名同行させていたこと。
なんと、被災地で犠牲になった方々を供養するために、僧侶を同行させていました。
被災地で供養の行事を行い、手を合わせるブータン国王と王妃。
その姿を見ていると、本当に心から日本の事を想ってくれている事がわかります。
その気持ちが嬉しくて嬉しくて、涙が出そうになりました。

ブータンがここまで日本に対して、友好的な姿勢を見せるのは、一人の日本人の影響だと言われています。
まだブータンの農業が安定していない時に、ブータンから日本に農業の指導の依頼が入ります。
その時抜擢されたのが、西岡京治さんという方。
農業の指導と言っても、そこは日本とは気候も土壌も違う国。
ブータンにはブータンの農業の方法がありました。

しかし、西岡さんは様々な苦労の中、ブータンで農業を成功させ、当時の国王から「ダジョー」という称号を受けます。
ダジョーと言うのはブータンでは最高位の意味だそうです。
それだけブータンの国から信頼され、また愛された人だったのです。
西岡さんはブータンで亡くなられ、葬儀はブータンの国葬で行われました。

ブータンが日本をそして日本人を、とても大切に想ってくれるのは、ブータンを大切に想ってくれた西岡さんのおかげなのですね。
まるでその恩返しのように、今回若きブータン国王と王妃が日本を訪れてくれました。
常に笑顔で手を振り、また手を合わせて感謝の意を表する姿は、多くの日本国民の心を捉えたと思います。
顔立ちも日本人と間違えるくらい、よく日本人と似ているブータン人。
遠い遠い先祖はどこかで繋がっているのかも知れませんね。

若くダンディーな国王。
そしてさらに若く美しい王妃。
ブータンという小さな国ですが、日本にとっては大きな存在の国です。
明日は京都を観光して、明後日ブータンに帰国されるようです。
お二人の来日は、私たち日本人に一時の安らぎを与えてくれると同時に、ブータン人の素晴らしさを教えてくれました。
そして、その素晴らしいブータン人が、手本としている国が、私たちの日本なのです。
私たちはお二人の来日によって、本来の日本のあるべき姿を学ばせてもらった気がします。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:09 | Comment(2) | TrackBack(0) | 私の思うこと

2011年11月17日

新作「Blue Light Christmas」

物凄く久しぶりでの新作です。
今年の2月に5作品、一気に出してから「ちょっと一休み」と思っていたら、随分と休んでいました(笑)
10ヶ月近くも新作を出していなかったんですね。
かなり反省m(__)m

今回はクリスマスのイラストです。
私がこのアニマルシリーズを描き始めたのも、最初はクリスマスのイラストから。
やっぱりクリスマスって、絵にしたくなるんですよね。

最近イラストを描くお仕事が増えてきて、イラストを描く頻度も増えてきました。
そのためか、作品としてで無くても、妙にイラストを描いてみたくなる時が増えています。
仕事としてイラストを描いている時に、ふと「こんなイラストを描いてみたい」と思い立つ事があるのです。
そうなると、もう抑えられません。

そんな訳で、仕事も少し落ち着き、年賀状サンプルもでき上がった所で、一気に描き上げてしまいました。
今回は、最近流行りのLEDイルミネーションのクリスマスツリーを描いてみたくなりました。
青白い光りのクリスマスツリーも、とても美しいですよね。

111117.jpg

【Blue Light Christmas】
雪が降り積もる聖夜。
森の広場に青く輝く大きなツリーが現れました。
闇に包まれていた森が、青の光りで輝き出します。
森の動物たちも顔を覗かせました。
静かな森の青い聖夜は更けてゆきます。

作品以外でも、ちょっとした実験的にイラストを描いたりしています。
アニマルシリーズ以外でも、作品として出せるイラストが出来たら、また発表したいと思います。

さて、今度はこれをポストカード化しなくちゃ。
来月販売用に間に合うかな?
頑張らなくっちゃ。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 16:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 新作のお知らせ

2011年11月16日

今の政治こそ無駄

「1位じゃなきゃならない理由は何でしょうか?2位じゃだめなんでしょうか?」

ちょっと懐かしい名セリフですね。
民主党がまだまだ元気だった頃。
鳴り物入りで始まった事業仕分けでの、蓮舫議員の言葉です。

日本の未来を見据えた技術への投資は、全て「無駄」と切り捨てられました。
また防災を意識した公共事業も「無駄」と切り捨てられました。
その後起きた事は何でしょう?

事業仕分けで「無駄」と言われた、小惑星探査機「ハヤブサ」は奇跡の生還を遂げ、小惑星イトカワの微粒子を持帰るという、世界的快挙を成し遂げました。
また、スーパーコンピューターは予算を大幅に削られた事で、逆に奮起したのか1位の座を奪い返しました。
どちらも事業仕分けのパフォーマンスを吹き飛ばす快挙でした。

また400年に一度起こり得る洪水を想定して、大規模な公共工事となるスーパー堤防は、「400年に一度起こるかどうかの洪水に、これだけの資金を入れるのは無駄」と切り捨てられました。
その後起きた事は・・・そうです。東日本大震災です。
1000年に一度と言われる巨大地震・大津波で大勢の尊い命が奪われました。

どうも民主党がパフォーマンスとして事業仕分けをすると、それと逆の結果が起きているような気がします。
「無駄」と言われたものが、実はとても大切な事であるのが、実証されているような気がするのです。

もう懲りたのかと思いきや、今度は国会でこの事業仕分けが行われているようです。
今度は民主党だけでなく、野党の自民党・公明党からも議員が参加して、無駄を指摘しているようです。
正直、私には単なる「イジメ」にしか見えませんでした。
今さらこんな事してどうなるの?って思いました。
そんなに無駄があるとは思えない所を、必死になって叩いて、いったいどれだけのお金が出てくると言うのでしょうか?

自国民に対しては、厳しい姿勢で無駄を追及する一方で、諸外国には良い顔を見せたいから、簡単にお金をばらまき、平気で国益を無くするような事をする。
いったい何なんでしょうか、この政治は?
政治って国民の命・財産・国土を守るためにやるんじゃないんですか?
今の政治って、外に向って良い顔したいから、内に向ってはパフォーマンスで誤魔化して厳しい姿勢をとる。
国民をどこまで馬鹿にしたら気が済むのでしょうか?

国内ではまだまだ議論もされていないのに、世界に向って消費税10%やTPP参加表明を勝手に行う。
国民の総意など、全く関係無い。
いったいこの政治のどこが民主主義なんでしょうか?
全くもって「フザケルナ!!」と言いたい。

一番の無駄は国会議員の多さだと思います。
国会議員を半分にして、無駄を減らしてから、ものを言え。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 私の思うこと

2011年11月15日

年賀状サンプル出来た(^^;)

ようやく年賀状サンプルが完成しました。
見本帳も出来て、注文書も作り、後はプリントして渡すのみです。
今年もスタートは遅かったけど、仕上がりは比較的早かったな?
遅い時は11月末から、下手すりゃ12月になることもあったし(笑)
催促される前に早いとこ見本帳を送っておこう。

やはり干支によって、全然作り方が変ってきますね。
今年の干支はウサギだったので、比較的可愛い年賀状が多かったけど、来年は龍。
今回はどちらかと言うと、渋めが多いかな。
可愛い龍よりも、やはりリアルな龍の方が絵になりますしね。

今回は鉛筆画から始まり、最後はお得意のillustratorによるデジタル画まで、幅広く龍を描いてみました。
架空の動物だけに、見本がありませんが、その分想像するのが楽しかったです。
もっといろんな龍を描いてみたい気もしましたが、年賀状を仕上げるのが先なので、また機会があれば別の龍も描いてみたいと思います。

さて、今年はどれくらい注文くるだろうか?
例年減っていますので、今年もそんなに多くはないでしょう。
年賀状出す人が減っているみたいだしね。

とりあえず年賀状サンプル出来たので、ちょっとホッとしました。
後は注文を受けてプリントするのみです。
仕事の方を集中してやりたいと思います。

折角なので出来たサンプルを公開します。
まずはオリジナルデザインの見本帳。
111115-1.jpg

続いてイラスト作品を使った年賀状。
111115-2.jpg

ピックアップしてみました。
111115-3.jpg
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 22:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事

2011年11月14日

過去は撮れない

「最近カメラを触っていないな?」

ふと今日そんな事を思いました。
最近写真を撮った記憶が無い。
いつ撮ったきりだろう?とMacのiPhotoを立ち上げて確認してみた。
写真は全てiPhotoに取込んでいるので、データを見れば最終の写真がわかる。

最終の写真は10月23日の剣道大会の写真だった。
これは私たちの主催の大会だったので、記録として残した写真。
その前は・・・と見てみると10月19日の写真。
これは息子が英語教室でハロウィンの仮装をした時のもの。
私の手作りかぼちゃお化けをかぶって写したものです。
これも有る意味記録として撮った写真。

その前は・・・と見てみると、なんと10月9日の子供会の秋祭りが最後でした。
この時も半分は記録的な撮影です。
その前は、これまた剣道の試合の写真。
その前で、10月2日の託児所の運動会の写真。

最近は全く写真を撮っていないのがよく解ります。
子供達の何気ない日常の写真や、風景などは全く撮っていない。
何か行事が無いとカメラを持っていない事がよくわかります。

だめですね〜。心にゆとりが無い証拠だと思います。
以前は、ちょっとカメラを持って撮影を・・・という気持ちがありましたが、最近は全くそんな時間もありません。
気がつけばこんな状態になっていたのですね。
この一ヶ月以上、次女の写真も全く取れていない状況です。
せめて子供達の写真は、気軽に撮れるので撮っておきたいですね。

同じくビデオも託児所の運動会が最後のハズ。
それ以降は息子の剣道の試合ですね。
最近は息子の剣道の試合ばかりで、日常のビデオはほとんどありません。
これではいけませんね。
何たって過去は撮影する事は出来ません。
子供隊の成長の記録を、ほったらかしている状態です。
特に次女の成長は著しいので、やはりビデオや写真はこまめに撮らないといけませんね。

そんな訳で、明日からは何気ない日常でも撮るようにしよう。
しかし、問題はそんな時間があるかどうかです。
何せ子供達を迎えに行って、帰ってきてからはもうドタバタです。
お風呂に入れて、ご飯作って食べさせて。
やっと落ち着いた頃には、次女はそろそろネンネの時間。
撮るなら週末ですね。

最近親ばかでなく、ばか親になっていた気がします。
反省して、親ばか復活目指します(笑)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年11月13日

我が家のいつもの日曜日

久々に日曜日に良いお天気になりました。
良いお天気と言っても、「快晴」というわけではありませんでしたが、ここ一ヶ月くらいはずっと日曜日の度に雨っぽい天気でした。
久しぶりに晴れ間の覗く日曜日でした。

そろそろ行楽シーズンで、お弁当でも持ってどこかへ出かけたい気分ですが、忙しくてなかなかそんな時間も取れません。
平日がドタバタだと、そのしわ寄せが週末に来ます。
このところの我が家の週末は、部屋の片づけや買い物等、平日に出来なかった事を週末にやっている感じです。

今日も同様に、午前中は剣道の稽古があり、午後からお買い物に出かけて終る一日でした。
たまにはお弁当でも持って、公園でのんびりとしたいですね。
来週の日曜日も、また稽古〜試合があるので、今年の秋はどこにも行けないかも知れません(^^;)
まぁ〜仕方ないですね〜そうなったら、その分クリスマスで楽しむしかありません。

週末の度にお買い物に出かける我が家ですが、通常は家のすぐ近くにあるイオンショッピングセンターへ行きます。
歩いてでも行ける距離ですので、そこが一番近い。
しかし、週末には車を走らせて、隣町のイオンショッピングモールへ出かけるのが定番となっています。
ショッピングモールなので、いろんなお店が入っていて、お買い物プラスちょっとお出かけ気分が味わえるのです。

でも、最近あまりに多いので、子供達もちょっと飽き飽きしている様子。
今日も
「お買い物行くよ〜」
「どこ行くの?」
「イオンモール」
「えぇ〜また〜」
という会話でした(笑)

それでも本屋さんに寄れば、それぞれ好きな本を見て楽しんでいました。
息子は剣道の本を、長女は次女と一緒に使うという約束で、木琴のおもちゃのついた物を購入。
私は次女が本屋さんを歩き回るので、後からついて本を出そうとするのを阻止するので必死でした。

その後も家電量販店に寄れば、併設されているキッズコーナーでおもちゃを見たりして、なんやかんやと楽しむ子供達でした。
私もいろいろと見て回りたかったけれど、あまりの人の多さに疲れてしまったので、仕事用の用紙だけ購入して、家電量販店を後にしました。
次は無印良品へ。
そろそろ来年の手帳が欲しかったので、手帳を購入。
ここに来ると子供達は必ずソファーに腰掛けます。
そして「ソファー欲しい」と毎回言うのです。
そりゃ〜私たちだって欲しい。
でも、ソファー置いたら、それこそスペース無くなります。

最後はスーパーに寄って、食材や日用品を買って帰ります。
人込みの中を、カートを押しながら買い物をします。
お肉コーナーで今夜の晩ご飯用のお肉を選んでいた時。
突然横から私の名を呼び、肩を叩く人物が・・・。
誰だ??と思い振り返ると、そこには以前働いていた印刷会社の後輩が。
思いもしない所で再会してビックリ。

時々メールのやりとりはするものの、会うのは3年ぶりくらいじゃないだろうか?
後輩も「今日はたまたまこっちまで来たので」と、偶然の再会に驚いていました。
以前会った時は、一緒に連れてきた人が彼女だったのが、今ではお母さんになり、三人家族でお買い物をしていました。
そっくりの息子を抱っこする顔は、もう立派なお父さんの顔になっていました。
なんか嬉しいですね。こうやって久々に再会して、家族が増えている姿を見る事ができるのは。

また時間があれば、今度はゆっくりと話をしたいです。
印刷会社時代の同僚や後輩とも、長い事会っていません。
もう会社を離れて10年以上経ちますからね。
一度集まって飲みたいものです。
その時間を作る事が、今は大変なんですが(笑)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年11月12日

酔いました

最初に断っておきます。
ちょっと酔っています。
今夜の晩ご飯はお鍋と言う事で、ビールを呑みながら食べました。
さらに、今日のお鍋はチーズ豆乳鍋と言う事で、締めはチーズフォンデュ風で、パンを付けて食べるお鍋。
そこで安物ですが、ワインも買っちゃいました。
白のスパークリングワインです。

お鍋を食べながらビール。もう最高ですね。
お鍋で身体も温まり、そこへ冷たいビールをグビグビ、ぷはぁ〜っと、たまりません。
美味しくお鍋をいただきました。
そして締めはチーズフォンデュ風のお鍋です。
とろけるチーズを鍋に入れて、チーズが溶けるのを待ちます。
チーズがとろけた所へ、焼いた食パンを浸して食べます。

本当はフランスパンにしたかったのですが、残念ながらフランスパンがありませんでしたので、普通の食パンをトースターで焼いてチーズに浸して食べました。
最初は「鍋とパン!?」と不思議な気持ちでしたが、やはりチーズが生きていますね。
とっても美味しかったです。

最近はいろんな鍋の出汁が売っているので、お鍋をするのに本当に迷います。
中には「これってもう鍋とは言えんだろう」って内容の物もありますが、いろいろと選ぶ楽しみもあって良いですね。
この冬、いろんな鍋の味を楽しみたいと思います。

酔っているので、いつも以上に文面バラバラ、内容意味不明っぽいです(笑)
半分眠りながらキーボードを叩いていますので、その点御了承下さい。
ワインってとっても酔いが回りますね。
これから忘年会シーズン。
飲む事も多いと思います。
また、ボジョレーヌーボーもそろそろ解禁されます。
ますます飲む機会が増えますが。皆さんも「飲んでも飲まれるな」で、楽しいお酒を楽しんで下さい。

そろそろ上のまぶたと下のまぶたがくっつきそうです。
それでは皆さん、オヤスミナサイ。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年11月11日

2011/11/11

今日は2011年11月11日。
1が6つも続く日でした。
きっと記念として、切符を買ったりした人、沢山いるのでしょうね。
私は何かしたかと言えば・・・・特別何もしていません(^^;)

こだわっている人なら、11月11日11時11分11秒の瞬間を記録しているではないでしょうか。
例えば11時11分11秒の瞬間をカメラにおさめるとか。
これだと2011年11月11日11時11分11秒と、1が12も並ぶんですからね。
凄いですね。

しかし、私はそんな事気にもとめずに、11時11分11秒の頃は、普通に仕事していましたね(笑)
私には記念日とかイベント的な事は向いていないようです。

11時11分11秒までのこだわりは無いにしても、11月11日を記録している人は多いでしょうね。
例えば今日籍を入れたとか、今日何かを買ったとか、11月11日を残した人は多いと思います。
不思議なもので、同じ数字が続くと、何か嬉しくなったりしますよね。
たまたま見たデジタル時計の表記が11:11だと、「ラッキー」と思ってしまいます。
人間って同じ物が続いたり、同じリズムが続いたりする事に快感を覚えるのかも知れませんね。

今日産まれた子供は、自分の誕生日も覚えてもらいやすいでしょう。
2011/11/11って1が続くのですからね。
さすがに今日の日を狙って出産する事は至難の業ですから、今日産まれた赤ちゃんは本当にラッキーですね。

二度と来ない2011年11月11日。
記念として何かを残した人、私のようにいつもどおりに過ごした人。
どちらにとっても人生の中の一日に変りはありません。
今日だけが特別な日では無く、毎日が特別な日だと考えて、一日一日を大切に過ごしたいですね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 20:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年11月10日

懐かしい風景が

先々週の今日、たまたまお昼ご飯中にテレビのチャンネルを回したら、見慣れた風景が写っていた。
それは私の故郷、奄美大島の景色でした。
10chの「ヒルナンデス」という番組で紹介されていました。
ウッチャンナンチャンのナンチャンと、関ジャニ∞、お笑いのサバンナ等が出ていました。
その時は住用町のマングローブ原生林や、大島紬の紹介等が放送されていました。
実は先週も放送されていたようなのですが、先週の木曜日はちょうど祝日で、息子の剣道の試合に出ていたため、観れませんでした。

てっきり先週で終わりなのかと思っていたら、今週が最終らしく、3週続けての奄美の紹介だったようです。
そして今回は、なんと私の生まれ育った町も紹介されるらしく、実家の母から大阪の姉にその情報が入り、大阪の姉からメールで連絡が来ました。
そこで本日もお昼の時間に放送を観ました。

前半は地元のスーパーでお土産選び等をして、珍しい物を探してはお土産として買っていました。
島バナナが売っていて、それを丸ごと買っていました(笑)
島バナナを置いてあるスーパーなんて珍しいのですが、そのスーパーは地元ならではの物を置いているスーパーでした。

その後、たまたまスーパーで話しかけた地元のおばちゃん(そういう設定かも知れませんが)家にお邪魔して、島の手料理を御馳走になっていました。
そして最後の場所として、私の生まれ育った町の、カツオ漁港に来ていました。
奄美に帰省した時は、カツオの刺し身を買いに、幾度と足を運んだ場所です。
また、朝釣りに行く時に、何度も通っていた場所です。

カツオ漁船の宝勢丸のお店があり、そこで釣れたてのカツオを捌いて、刺し身で販売しています。
そこには私の叔母も働いていますし、同級生はカツオ漁船に乗っています。
「誰か知っている人、出てこないかな!?」と観ていましたが、誰も知っている人は出てきませんでした。
カツオ料理を御馳走になるという設定だったようで、店の横のテントでカツオ料理を皆さん堪能していました。
カツオの刺し身はもちろんの事、カツオの心臓や、尻尾の部分の唐揚げ等、珍しい物も食べていました。
カツオの心臓は、私も好きでよく食べていましたが、尻尾の唐揚げは食べた事が無い。
今度帰ったら食べてみたいです。

カツオの刺し身は、みんな「美味しい!!」と言って食べていました。
そりゃ〜美味しいですよ。
釣れたての刺し身は、本当に身が引き締まっていて、美味です。
あ〜私も食べたくなりました(笑)

3週連続で奄美の紹介をするなんて、滅多にないので、本当に嬉しいですね。
鹿児島県ですが、鹿児島とは全く違う風習と言語と食文化。
琉球文化に近いけど、沖縄ともまた微妙に違う。
奄美は奄美として独特の文化なんですよね。

皆さん、一度奄美に遊びに行ってみて下さい。
冬場は遊べないので、来年の夏に是非!!
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年11月09日

そろそろ動き出すサンタさん

いきなり寒くなりました。
例年であれば平年並の気温なんでしょうが、今年は異常な暑さが続いた後の、急激な冷え込みだけに身体に堪えます。
おかげで私もノドをやられたようです。
一気に冷え込むと本当に身体がついていけません。

寒くなってくるとショップのクリスマスデコレーション等も輝いてきます。
暑い時期に見ると違和感を感じるクリスマスデコレーションも、寒くなってくると一気に気持ちが高まってくるのも不思議なものです。
これから年末にかけて、一気に気持ちも高まり、消費も増える事でしょうね。
暗い話題の多い日本ですが、年末〜お正月くらいは、楽しく景気よく行きたいものです。

さて、毎年この時期になってくると、サンタさんは悩んでいます。
「今年のクリスマスプレゼントは何にしよう?」
毎年毎年悩んでいます。
そのため、事前に子供と話をして「サンタさんは何をプレゼントしてくれるかな?」と誘導質問をするのです。
その質問で「こんなのはどうだろう!?」と、子供をその方向に向わせるのが、サンタさんのいつものパターンです(笑)
そうやって息子はずっとサンタさんからプレゼントを貰ってきました。

しかし、息子ももう12歳です。
さすがに昨年のクリスマスには、サンタさんの事を理解していました。
だから今年は息子へのサンタさん質問タイムはありません(笑)
標的は長女へと移っています。

先日、お風呂に入りながら、長女に「サンタさんに何をお願いするの?」と聞いてみました。
すると長女は、「う〜ん、おもちゃは要らない」と言うのです。
私が「何でおもちゃは要らないの?」と聞くと。
「だっておもちゃいっぱいあるし、沢山になったら片づけるの大変だもん」
この回答に私は思わず絶句(笑)

しかもその後に、「それじゃ何をお願いする?」と私が聞くと。
「う〜ん、それじゃ〜洗濯ばさみ」と回答。

へ??洗濯ばさみ??
私の頭の中はクエッションマークでいっぱい。

「なんで洗濯ばさみなの?」と私が聞くと。
「だって洗濯ばさみが少ないから、お母さんが大変だもん」
いやいや、お母さんのプレゼントじゃないんだけど・・・。
と思いながらも、自分の事よりもお母さんの事を考える長女にちょっと感心も。
結局、長女のほしい物は解らずじまい。
「何かお勉強できる物をお願いしようか!?」という程度で終りました。

それにしても、男の子と女の子でこんなにも違うのでしょうか?
息子はサンタの事情を知っていながら、「DS3Dをお願いする」等と寝ぼけた事を言います。
私が「サンタはそんな物プレゼントしない」と言うと「じゃ〜PSPは?」と、さらに寝ぼけた質問。
息子はとにかく欲しい物だらけ。
一方の長女は本当に物を欲しがりません。

息子は初めての子供と言う事もあり、本当に沢山のおもちゃを買い与えて来ました。
何でも欲しがる物を買い与えるような事はしませんでしたが、それでも時々は買っていたので、結果的におもちゃは多いです。
しかし、長女は本当に欲しがりません。
長女の場合、おもちゃよりも、お母さんのお手伝いをするための物が欲しいようです。
「お母さんと一緒にご飯作りたい」とよく言うので、自分の調理道具が欲しいのかも知れません。
「洗濯ばさみ」と答えたのも、おそらくはお母さんと一緒に洗濯物を干したりしたいのでしょう。

しかし、残念ながら今のところ、お母さんがその時間がなかなか取れません。
ご飯を作るにしても、洗濯をするにしても、本当に時間が無い中でドタバタとやっている現状です。
長女のサンタさんへのお願いは「お母さんと一緒に家事をする」事なのかも知れませんね。

あとひと月とちょっとでクリスマスがやって来ます。
サンタさんも大変ですが、プレゼントを考えたいと思います。
あぁ〜サンタさんもプレゼントが欲しいよ〜(笑)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年11月08日

ロボットが活躍する日

近未来。
ロボットが活躍する時代がやって来る。
鉄腕アトムやドラえもんなど、アニメではひと足早くロボットが大活躍していますが、現実ではなかなかそこまではいかないもの。
しかし、そんな世界が本当にやってくるかも知れません。

日本のロボットの技術力は、日々進歩しています。
今日もHondaが開発しているロボットASIMOが紹介されていました。
このASIMOは以前からありましたが、さらに改良され、人を感知して除けたり、小走りしたりします。
驚いたのは、自分でボトルのフタをあけ、コップに水を注ぐ事ができる。
その動きの滑らかさは、まるで「中に人が入っているんちゃうの?」って思うくらい自然でした。

一方で、ロボット開発は素晴らしいのですが、実践で使えるところまではなかなか行けていないのが現状です。
今回の、福島第一原発事故のように、人間が近づけない場所でロボットが作業できる日が来て、初めてロボット開発が成功したと言えるでしょう。
現段階ではまだまだ人間の補助程度です。
人間の代わりとなり、遠隔操作で作業を行えるようになるまで、あともう少しといったところでしょう。
今回の滑らかな走り方や、手の動きを見ていると、本当にもう少しのような気がします。

鉄腕アトムやドラえもんのように、自らが判断して動くロボットはなかなか出来ないと思います。
また、そこまでロボットに求めるのもどうかと思います。
ロボットはあくまでもロボットであり、ロボットに心を持たせる必要はありませんよね。
鉄腕アトムやドラえもんのように、フレンドリーな心のロボットなら良いけど、ロボットが悪巧みしたら・・・なんてSF映画のような事を想像してしまいます(笑)

人間が近づけないような危険な現場、医療や介護の現場など、ロボットの活躍が期待されている分野が多々あります。
今回のASIMOの技術力は、近未来にロボットが活躍する事を予感させてくれました。
実用化目指して頑張ってほしいですね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年11月07日

どうなる?TPP

最近テレビで急に「TPP」と騒ぎ始めました。
これまでは「TPPというものがあって・・・」くらいな扱いでしたが、突然「TPPに賛成か反対か」「メリットはデメリットは」と騒ぎ始めました。
そしてその騒ぎをよそに、野田総理は勝手に決断して、参加を決めようとしています。
民主党内でも賛成・反対が真っ向から割れて、全く意見が統一されていないのに、総理の判断だけで勝手な事しないでほしいものです。

マスコミもこれまではあまり気にしていなかったけど、TPP参加で自分たちにとって不利益な事があると判断したのでしょうか?
突然「TPPに参加するとこんな疑念が」と騒ぎ始めました。
TPPで自由化が始まると、放送関係についても自由化が出てくるかも知れません。
ただでさえテレビ離れが叫ばれている中、ますます自分たちの立場が悪くなると判断したのかも知れませんね。

確かにTPP参加でメリット・デメリットあるようです。
しかし、全貌が全く見えてこない。
そもそも日本政府すら、その内容を十分に把握していない感があります。
そんな中で日本国民の意見も、国会の議論も、同じ民主党内の意見も、全く無視するような形でTPP参加に突き進もうとする野田総理。
やはりこの人は、単にアメリカに気に入られたいだけのような気がします。
「アメリカに気に入られれば長期政権で居られる」と思っているのかも知れません。

TPPについてあれこれと議論をするような雰囲気になってきた事は、良い事だと思いますが、それが日本政府に反映されません。
国民の意思とは全く違うところで、日本政府が動いているような感じが、最近ますます強くなっています。
「自民党政権に愛想が尽きた」と言って、民主党政権に期待した人は大勢いたでしょう。
私は最初から期待はしていませんでしが、多くの国民が期待をして一票を入れました。
結果は・・・・この様です。
何もかも公約破りの、まさしく詐欺政権と言っても良いでしょう。
ここはやはり一度国民の審を問うべく、解散総選挙をやってほしいものです。

まぁ、やったらぼろ負けするので、ギリギリまでやらないでしょうね。
民主党政権になってから2年と2ヶ月。
本当に日本は大きく落ち込みました。
それでも何とかしようと頑張っている国民に対して、全くやる気を削ぐような事ばかりする政権。
本当に嫌になって来ますね。

「政権交代」と叫んだマスコミも、今は民主党政権の愚痴をこぼすだけです。
批判するのならまだしも、単なる愚痴にしか聞えない。
自分たちが後押しして出来たような政権ですからね。
大きな声で批判は出来ないのでしょう。
でも、視聴者に批判している姿勢は見せたいから、愚痴で終ってしまう。
本当に姑息で卑怯だと思います。

暗く嫌なニュースばかりが目立ちますが、こんな時こそ前を向いて上を向いて進みましょう。
私たちは3.11で本当の日本人の姿を、あるべき姿を再認識しました。
政治は最悪の状態です。
しかし、私たち日本人が日本人であり続ける限り、大丈夫だと思います。
明るい未来を信じて、上を向いて歩きましょう。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 私の思うこと

2011年11月06日

大片づけの一日

最近週末の度に雨です。
今日も相変わらずのお天気。
雨はそんなに降らなかったけど、どんよりとして時々小雨がぱらついていました。

いつもなら午前中は剣道の稽古ですが、今日は使わせてもらっている大学の武道館が使えないためお休み。
行楽シーズンなので、天気が良ければ家族で出かける事も考えましたが、あいにくのお天気。
それに我が家はやらないといけない事が・・・。

我が家には部屋を散らかす怪獣が3匹もいます。
ユウザウルス・ミオラノドン・カノケラトプス。
まぁどれもこれも、本当によく暴れてくれます。
特にカノケラトプスは、容赦ありません。
次から次へと、いろんな物を引っ張り出して来ては、そこらじゅうに投げ散らかします。
まさしく小さな怪獣です。

ユウザウルスは、自分の着けていた物を、あらゆるところに脱ぎ散らかします。
まるで脱皮を繰り返しているように、そこらじゅうにユウザウルスの脱殻が・・・。
さらに自分の使っていた物も、いろんな所に置いてしまいます。
一番大きな怪獣ですが、やる事が小っちゃい(笑)

真ん中の怪獣ミオラノドンはとにかく描きまくります。
何か紙があれば、それに絵や文字を描いてそれを放置するのです。
家の中はミオラノドンの描いた絵や文字の紙切れが、そこら中に散乱しているのです。
本人に聞くと「捨てちゃダメ」と言われるので、怪獣の目を盗んで、こっそりと捨てる日々です。

こんな怪獣が3匹いるので、もう家の中はメチャクチャ。
いい加減に片づけないと・・・。と思いながらも、ずっと週末は剣道の試合続きで、なかなか片づける時間が取れませんでした。
ちょこっと片づけては、すぐにまた散らかって・・・を繰り返してきたこのひと月。
しかし、さすがにもう限界。
今日は朝から一日いっぱい片づける事にしました。

私は一番下の怪獣を見ながら、居間を片づけ。
嫁さんは洗濯物がぐちゃぐちゃになった2階の部屋の片づけ。
大きな怪獣と真ん中の怪獣は、自分たちの部屋を片づけ。
ところがこの2匹、すぐにいざこざが始まる。
大きな怪獣が真ん中の怪獣を泣かせて、何度も私たちに怒られる事を繰り返していました。

一日いっぱいかかって、何とか居間と嫁さんの片づけた部屋は済みました。
しかし案の定、怪獣たちの部屋は散らかったままです。
いったい一日いっぱいかかって何をしていたのか?
散らかす事にかけては、数分でできるけど、片づける事は本当に出来ない怪獣たちです。
これから毎日、少しずつ片づけさせるしかないですね。

居間が片づいただけでも、随分と家らしくなりましたが、まだまだ片づいていない所が沢山です。
頑張って他の所も片づけないといけませんね。
もうすぐ大掃除の時期もやってくるのに、掃除の前に片づけから始めないといけないのは辛いです。
大片づけの一日でしたが、もうしばらく頑張らないといけません。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年11月05日

ようやく年賀状制作開始

コンビニやスーパー等で、年賀状の受付が始まりました。
さぁ〜この時期になると、年賀状デザインを急がないといけません。
家族や知人から「デザインまだか?」と必ず聞かれます。
そりゃ〜頼む方は少しでも早く頼みたいですものね。
しかし、私の方もなかなかデザイン集にとりかかる事が出来ないまま、今日まで来ています。

でも、ようやく取り掛かり始める事が出来ました。
まずは素材作りからになりますので、来年の干支の辰を準備。
比較的デザイン素材になりやすい生き物(架空だが)ですので、素材作りには持ってこいです。

龍のイラスト、龍の文字等で素材を数点作りました。
龍のイラストは、手描きの物とお得意のデジタル(かわいい系)を用意。
手描きは久々に鉛筆を持って、紙の上をイメージしながら走らせました。
架空の生き物ですので、完全に自分の頭の中でイメージして描きました。
久々に鉛筆で描くと、違うインスピレーションが出てきて良いですね。
で、でき上がったのがこちら。

111105.jpg

これに今度はデジタルで着色をしていきます。
また年賀状としてでき上がったらアップしたいと思います。

続いていつものデジタル(かわいい系)がこちら。

111105-2.jpg

まぁいつものタッチですね(笑)
こちらはもっと数を増やしたいと思います。

さらに筆を取って、龍の文字や竜、dragonの文字を書いて、それを加工したのがこちら。

111105-3.jpg

龍の文字が龍に、竜の文字がタツノオトシゴに、dragonが龍に見えますか?
お遊びでこんな事もやったりします。
こちらも年賀状としてでき上がったらアップします。

沢山のデザインサンプル集を用意しなくてはならないので、もっともっと用意したいと思います。
夜な夜な頑張ります(笑)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事

2011年11月04日

勝手な事言うな!!

あ〜あ〜あ〜あぁ・・・・・。

言っちゃったよ〜野田総理。

何でG20でわざわざ「消費税を10%にします」って言わなきゃならないの?
そもそも国民には何にも説明していないし、誰が消費税アップを認めたの?
確か民主党は政権を取る時に、「民主党政権では消費税は上げない」って言ってたんじゃないの?
もう嘘つき民主党には詐欺まがいの事ばかりされているので、今回も「またですか〜」って感じです。

それにしても、鳩山総理の時も、「CO2排出削減25%」と勝手に言い出したり、民主党の総理と言うのは、自分で勝手に物事決めて話すのですね。
日本国民に向けては何も説明せず、相手にもしないで、海外に出て表舞台に立つと突然世界に向って発言する。
私たち国民には、まさに寝耳に水ですよ。

本当に今の政治は一体全体どこを向いて政治をしているのでしょう。
なんで日本国内の税率の事を、日本国内では何も決まっていないのに、国民には何も説明していないのに、世界に勝手に公約するのでしょう?
もう本当に訳解りません。
あなた方、民主党政権はいったい日本をどうしたいのですか?
このままでは、景気も回復しないまま、税率だけ上げられてますます経済はしぼみます。
消費税上げる前に、もっと無駄を省いたり、削るところがあるハズでしょう。

民主党政権は日本を明日のギリシャにしたいのでは?と本気で疑ってしまいます。
TPPの件にしても、今回の消費税アップの件にしても、なんで野田総理はこんなに慌てているのでしょう?
もっと時間をかけて、議論を重ねて慎重に進めるべき事です。
なんで国会でも議論され尽くしていないのに、勝手に話を進めようとするのでしょう。
それも日本国内を無視して、海外に向って発言するのでしょう。
完全にアメリカに気に入られようとしているとしか思えません。
アメリカにさえ気に入られていれば、政権を維持出来ると考えているのでしょう。
結局、野田総理も国の事より自分の地位のためですか。
私利私欲のために総理大臣になったのですね。

もうこんな政権はコリゴリです。
一日も早く解散してもらって、もう一度国民に審を問うて下さい。
やはり民主党政権では国家運営は無理です。
解っていた事ですが、野田総理になってほんの僅かな可能性に期待しましたが、やはり所詮は民主党です。

しかし、ここまで国民不在で国民を無視しているのに、日本国民は大人しいです。
でもいい加減はらわた煮え繰り返している人多いと思うので、一気に不満が爆発してもおかしくありません。
今回の野田総理の「勝手に消費税10%公約」は、後々自分の首を絞める事になるでしょう。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 私の思うこと

2011年11月03日

緊張の代表戦

本日も息子の剣道の試合がありました。
6年生になってから、かなりの試合数をこなして来ています。
最初はバラバラだった感があったチームですが、結束力も強まってきている感じです。

今日の1回戦の相手はこれまで対戦した事の無い道場でした。
これを勝ち進むと、次は強豪チームと対戦します。
しかし、その強豪チームは前回の試合を見ても、そんなに力の差は無いように感じました。
決して勝てない相手では無いと思えました。

その強豪チームと対戦するためにも、まずは1回戦の相手を倒さねばなりません。
息子は今回は先鋒でした。
試合の相手とは互角の戦いです。
その中で、まず息子が面で1本取りました。

「よっしゃー!」と思った直後、今度は逆に面を1本取られました。
息子曰く、油断してしまったらしい。
しかし、最後は再び息子が面を取り、何とか1勝しました。

その後、続いて欲しかったのですが、残念ながら三人が引き分け、一人が負けてしまいました。
対戦成績は1勝1敗3引き分けです。
つまりは五分。
この場合はそれぞれのチームから代表を選び代表戦が行われます。
その代表戦に息子が選ばれました。
相手チームからは大将が出てきました。

力の差はありません。ほぼ互角の戦いでした。
しかし、最後は面を打ったところを胴を射ぬかれて、敗れてしまいました。
代表戦と言う事で、息子の動きも硬かった。
最初の先鋒の戦いの方が動きが良かったです。

結果的に1回戦で敗退してしまいましたが、息子にとっては良い経験になった事でしょう。
代表戦と言うプレッシャーの中で、「勝つか負けるか」で全ての勝負が決まるのです。
団体戦では自分が負けたとしても、チームで勝つ場合も、またその逆もあります。
しかし、代表戦は1本取るか取られるかで、全てが決まる。
そんな重圧のプレッシャーで戦う事はそうそうありません。
敗れたけれど良い経験になったと思います。

しかし、毎回毎回、あと一歩のところで進めません。
大敗する事はなくなりましたが、あと一歩が難しい。
それだけ力の差が無くなって来ていると言う事だと思いますが、だからこそあと一歩の差が大きいのでしょうね。

次の試合は12月。
それが終ると3月まで公式な試合はありません。
息子たちの試合も、あと2回になってしまいました。
残りの試合、全力を出し切るためにも、今日の敗戦を糧にして稽古に励んでもらいたいですね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年11月02日

怪獣元気になる(笑)

昨日、一昨日と発熱続きの次女。
今朝は・・・37.5°。微熱です。
昨日受診をしているので、今日は嫁さんの仕事場の病時託児に預ける事にしました。
お陰で私は朝から仕事をする事が出来ました。

夕方に迎えに行った次女は、熱は無かったものの、やはり本調子ではなかった様子。
いつものパワーが感じられません。
長女も迎えに行き、帰ってきたら忙しい時間の到来です。
今日は我が家で一番忙しい曜日。
息子の英語教室〜剣道稽古と続く多忙の曜日。

次女の調子が悪ければ、剣道へは送り迎えだけするつもりでした。
ところが家に戻ってくると、みるみる元気を取り戻した次女。
息子を英語教室へ送った後、剣道の準備等をしている間も、長女と仲良くテレビを観たり、一緒に遊んだりと元気です。
大丈夫そうなので、そんまま一緒に剣道へ行く事にしました。

剣道の稽古中も、他の小さな子供達と一緒になって遊んだりしていました。
すっかり元気を取り戻した次女。
帰ってきてから二日ぶりのお風呂に入り、お風呂中もお風呂のおもちゃでたっぷり遊んでいました。
ご飯もしっかり食べ、ますます元気になった次女。

明日も剣道の試合で朝が早いので、寝室の電気を消して子供達は早々と寝かせる事にしました。
息子と長女は稽古疲れもあってか、早々に眠りにつきました。
ところが次女が寝ない。
一気に元気を取り戻したためか、やたらとテンションが高い。
寝たフリをしている私をしり目に、部屋中を歩き回りなかなか寝ない。

布団に倒れ込んで遊んだり、布団の上をごろごろと転げ回ったりと、一人で喜んで遊んでいる。
身体が元気になって、今まで蓄積されたパワーを発散したくてどうしようもないのでしょうね。
一人で散々遊び回って転げ回って、小一時間ほどしてようやく寝ました。
寝たフリをしていた私も、危うく本気寝する所でした。
ハッと目が覚めると、私の側で力尽きた次女が寝ていました(笑)

危ない危ない、もう少しで寝てしまうところでした。
やらなきゃいけない事、山ほどあるのに寝てしまったら大変です。
さぁ、これからが私の時間です。
でも、明日も朝早いので、なるべく早めに寝るとしよう。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年11月01日

仕事が出来る喜び

あぁ〜11月になってしまったではないか。
今日から年賀状が発売開始だそうです。
どうしよう〜年賀状サンプル全く手付かずです(^^;)
夜な夜な少しずつでも手がけようと思っていたのに。
夜に仕事せにゃ〜ならん状態になってしまった。

昨日は元気に託児所に登所した娘たち。
ところが10時半頃に病院の嫁さんから電話が来た。
次女が熱を出したので迎えに行って欲しいとの事。
つまりは、家で次女を診なくてはならないって事。
つまりは今日はもう仕事が出来ないって事。

オーマイゴット<(ToT)>

仕方なく、夜中に少しだけ仕事をしました。
今朝の次女の様態は・・・。
おかげさんで熱も下がり、元気に託児所へ登所出来ました。
ホッと安心して仕事開始。
お天気も良く気分よく仕事をしておりました。

ところが15時半頃、託児所から電話。
嫌な予感が・・・・。

予感的中でした。
次女再び発熱(--;)
そろそろ息子が帰ってくる時間なので、息子を待ってその後迎えに行きました。
もう16時を過ぎていたので、そのまま長女も連れて帰る事にしました。

う〜せっかく調子よく仕事出来ていたのに・・・。
昨日に続いての発熱なので、念のために受診する事にしました。
今日は長女の英語教室の日だったので、長女を英語教室まで送って行き、そのまま嫁さんを迎えに病院まで。
嫁さんを迎えて今度は行きつけの小児科医院へ。

診断の結果は中耳炎でした。
インフルエンザ等の伝染病で無くて、一安心。
薬をもらい病院を後にしました。
丁度、長女の英語教室のお迎えの時間です。
長女を迎えて帰ってきました。

次女は発熱があっても、結構食欲がある方で、今日もしっかりとご飯を食べていました。
薬も飲んで寝たので、明日の朝は元気になってくれるかな?
子供が元気に託児所に行ってくれる事が、本当にありがたい事だと、熱が出る度に思います。
仕事が出来る時間がある事は、子供達が元気でいてくれる事なんおですから、子供達の健康に感謝しなくてはいけません。
でも、ついついそれを忘れちゃうんですよね。
それが当たり前だと思ってしまう。

明日はちゃんと感謝して仕事をしよう。
だから・・・・どうか熱が下がりますように(-人-)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:14 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記