2011年10月23日

剣道大会の日

111023.jpg

今日は年に一度の剣道大会の日でした。
いつもの試合は、各道場の開催する試合に、こちらから参加する形ですが、今日はこちらが企画し招待する方です。
そのため、昨日は夕方から会場の準備をしていました。
そして今日はいよいよ本番。

いつもなら気楽に試合に参加し、子供達の試合の応援だけですが、今日は試合の主催者側です。
私たちもし合い会場内でお手伝いがあります。
審判をして下さる先生方は、他の道場からお越し下さるので、その先生方の接待。
試合に出場する道場の受付。
試合進行のアナウンス。
道場選手表の貼り出しから、勝敗の記入。
そしてタイムキーパーなどなど、様々なお手伝いがあります。

お手伝いには父兄以外にも、市内の学校の剣道生も来るので、それが大きな力になります。
何せ、試合の勝敗を書き込むのには、決まった技が面なのか小手なのか胴なのか、解っている必要があります。
胴は素人目で解りますが、見極めが難しいのが面と小手。
面だけ打って入った場合には解りますが、小手面で連続打の場合は、小手で決まったのか面で決まったのかが解りにくい。
主審が「面あり」と言いますが、それを聞き逃したり聞えなかったりしたら、自分の目で判断するしか無いのです。
各コートに、それぞれ剣道経験者が着くので、どのコートも問題なく進行出来たようです。

さて、我がチームの試合です。
丁度私の担当するコートで試合が行われました。
一回戦の相手は、私の知る範囲では、おそらく初めて対戦するところだと思います。
今まで対戦した記憶がありません。
他の試合でもあまり名前を見た事がない。

試合開始、先鋒がいきなり1本取られてしまいました。
「うわっヤバイ」と思いましたが、冷静に試合を見守りました。
同じコート係で試合に出場している子供のお母さんも見ています。
その後、1本取り返して、何とか引き分けで次鋒へ。

次鋒は先生の娘さんなので、少し安心して見ていました。
結果は2本勝ち。さすがです。
中堅は5年生の女の子でしたが、なんとか引き分けで副将へ。
今回の副将はいつも大将をしている息子の同級生です。
最近ぐんぐん力をつけてきているので、少し安心して見れます。
結果は2本勝ち。この段階でチームとしての勝利は確定しました。

今回は息子が大将を務める事になり、息子も2本勝ちで初戦を飾りました。
3勝0敗2引き分けで2回戦へ駒を進めました。
ここ1〜2ヶ月で、チームとしてぐんと力がついてきたような気がします。
この勢いで2回戦も頑張ってほしいところ。
しかし2回戦の相手はかなりの強豪チームです。
今年の4月の試合で対戦して、0-5でぼろ負けした相手です。

でも、我がチームも力をつけてきています。
例え負けたとしても、4月のような負け方はしないと願いながら試合を見守りました。
結果は0勝3敗2引き分けで敗れてしまいました。
しかし、明らかに4月の時とは違います。
力の差は確実に少なくなっていると思いました。

我がチームに勝利した相手は、その後も勝ち進み、結果3位に入りました。
3位になったチームと対戦して、そこそこ良い試合を出来た事は、今後に繋がると思います。
今日の敗戦を次の試合に活かしてほしいですね。

試合も無事に終わり、会場の後片づけも済ませ、何とか1年に1度の大イベントが終りました。
はぁ〜メッチャ疲れました(@@;)
でも、昨年よりも明らかに準備段階の効率化が出来たと思います。
来年はもっと効率良く、さらに良い試合進行が出来るように、反省点を集めて対策を行います。

来年の試合は、さらにスムーズに。
そして子供達の試合も、来年はもっと勝ち進んでくれると嬉しいです。
もう息子は卒業していませんが、次の世代が頑張ってくれると思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記