2011年10月20日

ますます日本をダメにする

もはや日本政府は日本国のものでは無くなったのですね。
野田総理が韓国を訪問して、韓国との経済協力を全面に押し出し、韓国に5兆円もの支援をするそうです。
もう頭がグラグラして来ました。
何で??
5兆円って??
どこにそんなお金があるの??

東日本大震災で苦しむ被災地の復旧・復興もなかなか進まない中、何で韓国にそんな大金を支援する必要があるのでしょう?
確か復興の財源が無いから・・・と言う事で、増税を押し進めているのではないのですか?
こんなに日本が日本国民が苦しいのに、何で韓国にそんな大金を出さなきゃならないのですか?

民主党政権になってから、何か一つでも良い事ってあったでしょうか?
私は何もあげる事が出来ません。
悪かった事を上げればきりがありませんが、民主党政権の功績って全く見当たりません。
民主党が政権をとる前にしきりに発していた「国民の生活が第一」のスローガン。
「日本国民の生活が第一」と謳わなかったのは、やはり日本国民の事なんでどうでも良いのですね。
どんなに被災地が苦しんでいても、円高で企業が苦しんでいても、自分たちが良く思われたいから、簡単に大金を韓国に差し上げるのですね。

この事に怒っている人はいると思いますが、殆どの人は知らないのではないでしょうか?
ネットを見ている人は比較的敏感に反応していると思いますが、テレビ・新聞しか見ない人は知らないでしょう。
だって、マスコミも大々的に取り上げませんからね。
やれ韓流ブームだ、やれ韓流スターだ、やれK-POPだと、韓国を持ち上げる事には必死ですが、マイナスな情報は極力伝えません。
いったい誰のためのマスコミなんだ?
どこの国のマスコミなんだ?

民主党野田政権は、韓国と仲良くするために、5兆円の大金を差し上げて、竹島問題は全くのスルー。
アメリカとも仲良くするために、TPPを無理やり押し進めようと必死。
その内、中国と仲良くするために、「尖閣諸島は日本領ではない」なんて言い出しそうで怖いです。
北方領土も「日本の領土と認識していない」なんて言い出さなけりゃ良いけど。
北朝鮮とも仲良くするために、「拉致問題は解決済だ」とでも言いますか?

鳩山政権・菅政権と続いた史上最低・最悪の政権で、日本国民は民主党政権に絶望しました。
あまりにもこの二人が酷過ぎたため、野田総理は一見まともに思えてしまいます。
しかし、野田総理は日本のためにでは無く、民主党のためにひたすら動いているようです。
このままひたすらに相手国に媚びを売るような外交を続けていたら、日本はあっと言う間に崩壊してしまいます。
国滅びて民主党残る・・・では何の意味もありません。
悪い冗談ですが、民主党議員のやる事って、本当にそれを望んでいるようにすら感じられます。

久々に頭に来たニュースでした。
これを黙って見過ごしていては、ますます民主党政権は国を売る行為に走ります。
怒りを官邸に届けましょう。

首相官邸・ご意見募集
http://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken.html
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:22 | Comment(4) | TrackBack(0) | 私の思うこと