2011年10月10日

森の熊さん。ではなく町の熊さん。

今年は野生の動物が山を下りて町を徘徊しているのでしょうか?
以前、猿出没の情報がありましたが、北海道ではヒグマが町に出没しているようです。
猿くらいなら可愛いものですが、さすがにヒグマは恐ろしい。
しかも冬眠前のヒグマは、養分を蓄えるために必死に食べますからね。

いったいどの辺で出没しているのか?と思ってニュースを見ていました。
すると、嫁さんが「妹の家の周辺じゃん」と驚きの声を。
すぐさま電話していましたが、やはりそうらしく、妹の家の前にも現れた形跡があるそうです。
鉢植えがひっくり返されていて、食べ物を物色された後があったらしい。
ひえぇ〜〜〜怖!!

嫁さんの妹宅には、私たちも何度かお邪魔しています。
本当に住宅街で、熊が出るなんて夢にも思わないような場所です。
そんなところで熊が出たら・・・・想像しただけで恐ろしい。
妹のところには小学1年生の娘もいるので、本当に不安だろうなと思います。

今年は昨年以上にドングリの実が不作で、山を下りて町中で食べ物を探しているらしい。
確か昨年もドングリが不作で、熊が各地で目撃されていました。
でも、こんな札幌市の都会で現れるなんて、だれも予想しません。
何か対策はないのでしょうか?

元々、熊が生息してた所に、人間が開拓して住んでいると思います。
でも、今までこんな住宅地に出没・・・なんて聞いた事無いので、やはり何かがおかしいのでしょうね。
気象の変化による、餌の激減なのか?
はたまた熊が増えてしまって、なわばりから追い出された熊が町へ下りているのか?

可愛そうですが、増え過ぎているのであれば、やはり駆除した方が良いでしょう。
熊を守るために人間が犠牲になっては何の意味もありません。
北海道はそろそろ雪が降る季節でしょうか?
一日も早く熊騒動がおさまってくれると良いですね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記