2011年10月06日

ありがとう、スティーブ・ジョブス

こんな日中、真っ昼間につぶやいてしまった。
ちょっと仕事を止めて、しばしつぶやく事をお許し下さい。

先程ショッキングなニュースを見てしまった。
Appleの創設者、スティーブ・ジョブス氏が亡くなってしまった。
慌ててAppleのサイトに接続したら、トップページがジョブスの追悼写真に・・・。

111006.jpg

数年前から癌を患い、経営の方も徐々に次世代に譲っていた事は知っていました。
そしてつい最近、最高責任者のCEOを辞退し、ティム・クック氏に引き継いだばかりです。
これからもAppleの相談役として残ると言う情報だったので、安心していたのに。
やはり病状はかなり深刻な状態だったのですね。

スティーブ・ジョブスの名前を知らない人でも、Mac、iPod、iPhone、iPadという商品は聞いた事があるハズです。
昨日もiPhone4Sが登場して、数日前からiPhone5の噂があったりして、知らない人の方が少ないくらいでしょう。
このAppleの製品は、スティーブ・ジョブス氏の作品と言っても過言ではありません。
世の中がまだパソコンが普及していない時から、「誰でも使えるパソコン」をイメージして世に出したのがMacintoshです。
その後、Macを真似てWindows95が発売され、一気にパソコンの普及が広がりました。

また、音楽をCDで聴くという概念しか無かった時に、iPodを発表し音楽をダウンロード販売する手法を打ち出しました。
今では当たり前となった音楽ダウンロードも、スティーブ・ジョブス氏のiPodを産み出す能力が無ければ、まだまだ普及していなかったでしょう。

そしてiPhoneは一気にスマートフォンの市場を開拓し、iPadはタブレットの市場を開拓しました。
いずれもAppleが開拓者となって、他者がそれを真似追随している格好です。
スティーブ・ジョブス氏は、自分が夢見た世界を、どんどん実現し、世界を変えてきたのです。
そして何より、使う人がワクワクする製品を生み出してくれました。
私がずっとMacを使い続けているのも、ワクワクできるからです。

私が初めてMacを触った時は、パソコンはおろかワープロすら使えない人間でした。
ところがMacを使って、自由に絵を描いたりできる事に、物凄い衝撃を受け一気にMacの虜になったのです。
その後Windows95が出て、周りはWindows一色になりましたが、Macで感じるワクワク感はWindowsにはありません。
常にワクワクさせてくれる。それは、Macが何かを創る便利な道具となっているからです。
道具に徹し創造者の邪魔をしません。

ちょっと話がMac論にズレてしまいました。
スティーブ・ジョブス氏がいなかったら、おそらくMacは誕生していないし、パソコンもこんなに普及はしていないでしょう。
iPodやiPhone、iPadもこの世に無かったことと思います。
そして私もきっと今の仕事をしていないでしょう。
Macに出会い、Macに魅了され、Macを使って様々な仕事や作品を創ってきた私にとって、Macの無い世界なんて考えられません。

あまりにもショックなのですが、これが現実なのですね。
まだ56歳という若さで逝ってしまったスティーブ・ジョブス。
彼の残した功績はあまりにも大きい。
今後は残されたAppleスタッフが、スティーブ・ジョブス氏の精神を引き継いで、Appleらしい製品を世に送り出してくれる事を期待します。

ありがとう。スティーブ・ジョブス。
安らかにお眠り下さい。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 11:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | Macintosh