2011年10月02日

託児所運動会2011

秋晴れの下・・・・とはいかなかったですが、暑くもなく寒くもなく、丁度よい気候の中託児所の運動会が行われました。
数日前から運動会を楽しみにしていた長女は、朝からハイテンションです。
次女は何が何だか解らないまま、それでもいつもと違う託児所の雰囲気に、何となくソワソワしています。
曇り空でしたが、運動するには心地よい天気の中、元気に運動会が始まりました。

長女は入場の時の鼓笛演奏、かけっこ、玉入れ、クラスの競技、最後のお遊戯と、沢山の種目に登場していました。
次女はクラス競技があり、お母さんと一緒に参加しました。
そして息子は託児所を卒園した小学生のリレーに参加。
今年は6年生なのでアンカーを任されていました。
私も保護者競技の玉入れに参加しました。

託児所の運動会も、息子の時から数えて11回目の参加です。
「息子もこんなんだったなぁ〜」と、小さな男の子たちが頑張っている姿を見て、懐かしく思いました。
長女は楽しみにしていただけあって、どれも一生懸命に頑張っていました。
クラス競技では、二人でスタートして、まずは二人で前と後ろになって、ムカデ歩き。
次は木の枠で出来た壁を乗り越え、地面に置いてあるフープの白だけをジャンプしながら進みます。

次はずっと練習していた鉄棒の前回り。
なかなか出来なかったようで、毎日のように練習していました。
数日前に「前周り出来るようになったよ!」と興奮気味に話してだけのことはあり、今日もバッチリ出来ました。
最後はロープに縛ったタイヤを引っ張ってゴールイン。
実はこの動き、全て虫に例えられているようで、競技の名前がムシXILE(ムシザイル)
ムカデ・クモ・バッタ・カブトムシ等の特徴を出しているようです。
競技もそうですが、競技名のムシXILEもEXILEをもじったのでしょうね。
若い先生方の発想なんだと思います。

次女の方も、親子で参加して、様々な障害物を乗り越える競技です。
最初にフープの中に入って、お母さんと進み、次にマットの山を登ります。
その次は階段の山を登り、頂上からジャンプ。
その先に泣き顔のアンパンマンがいるので、新しい笑顔のアンパンマンを拾ってカゴに入れると、アンパンマンが元気100倍になります。
最後はバイキンマンにアンパンチをして、御褒美のお菓子をもらって終了。

次女は最初こそお母さんと手をとり競技していましたが、すぐに手を離し、一人で競技を楽しんでいました。
マットの山を登り、階段をハイハイで登り、降りる時だけお母さんの手を借りました。
後はお母さんの手を借りる事なく、スムーズに競技をこなした次女。
やはりマイペースな次女だけあって、自分の気分が乗ったら早いです(笑)

最後は長女のお遊戯で終りましたが、このお遊戯もずっと練習していました。
なかなか振り付けも難しくて、よくこんだけ覚えたな〜と関心しました。
息子の時は、なかなか踊らなくて、泣いたりした時もありました。
しかし、女の子は基本、踊るの大好きですよね。
長女はまるで「私はダンサーよ」と言わんばかりの踊りっぷりでお遊戯を楽しんでいました。

あっという間に終った運動会でしたが、みんな楽しく参加できました。

【万国旗が気分を盛り上げます】
111002-1.jpg

【みんな必死で頑張った玉入れ】
111002-2.jpg
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記