2011年09月05日

ドジョウは何も出来ない

悪夢のような菅政権がようやく終り、野田政権がスタートしました。
あまりにも酷かった菅内閣の反動なのか?それとも野田ドジョウ内閣が魅力的なのか?
支持率が60%を超える高さのようです。
おそらく多くの国民が「今度こそしっかりやってくれ!!」との願いも込めた支持率でしょう。
野田内閣の支持率と共に、民主党の支持率も上がったようです。

私は野田内閣への期待も込めての支持率アップは解らないでもないですが、民主党の支持率アップは全くもって意味不明です。
これだけ政権担当能力が無くて、党内バラバラで、党内権力争いばかりしている党の支持率があがるのでしょうか?
野田政権がスタートして、ある程度の実績が出来て、それに伴って民主党の支持率が上がるのなら解ります。
しかし、全く未知数の野田政権が誕生しただけで、民主党の支持率が上がると言うのは、あまりにも単純過ぎる気がします。

野田政権は「党内融和」を掲げてスタートしました。
「復旧・復興」がメインでは無いんですね。
おそらく地盤を固めないと、復旧・復興も出来ないと言う事なんでしょう。
しかし、形だけは党内融和に見せても、中身は相変わらずの権力争いです。
反小沢・親小沢で割れる民主党。
中間派もいますが、あまりにも思想がバラバラの集団なのが民主党です。
こんな党で強固な基盤を作れる訳も無く、政権がまとまらないのに復旧・復興等出来ません。

私は民主党政権である限り、日本の復活は無いと思っています。
野田氏が代表選挙で勝利した時は、ほんの僅かですが期待もありました。
民主党の中では比較的保守的な思想の持ち主だからです。
本来の野田氏の考えを前面に出し、自分の信念の元で内閣を作り上げれば良かった。
幹事長に輿石氏を起用した時点で、「あぁ〜こりゃ〜ダメだ」と思いました。
続く大臣任命を見ても、ますます「あぁ〜〜〜〜おしまい」と思ってしまいました。

前任の菅政権があまりにも酷かったので、普通以下でも上出来に見えてしまう野田政権。
支持率の高さは、まさに悪夢からの開放によって、僅かな光でも神々しく感じてしまう結果かも知れません。
しかし逆に言えば、期待度の高さは失望した時の転落の早さを意味しています。
党内融和で、事実上身動きが取れない内閣を作ってしまった野田総理。
期待感の高さは何か一つでもミスが起きれば、失望の階段を転げ落ちる恐怖へと繋がります。

今求められているのは民主党の仲良しごっこではありません。
強力なリーダーシップなのです。
国民は民主党が割れて、民主党政権で無くなっても何も困りません。
「国滅びて民主党残る」では何も意味が無いのです。
この国難に、党よりも自身の地位よりも、国を救う事を最優先に動ける人が必要です。
その意味でも、当初の僅かな期待は、一瞬にして失望へと変りました。

野田ドジョウ政権。
ドジョウのごとく、泥の中に隠れてばかりで、何も出来ないのでは意味がありません。
言い意味で期待を裏切ってくれたら良いのですが、この顔ぶれを見る限りは無理だろうな。
日本の困難はもうしばらく続きそうです。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 私の思うこと