2011年08月31日

夏の終わり

8月が終ります。
同時に長かった夏休みも終りました。
今年は学校の登校日が、2日間とも中止となり、結果息子は一度も学校へ行っていません。
息子だけでなく、小学校の生徒は全員そうなります。
夏休みの間、丸々学校へ行かなかった事になるのです。

昨日、スーパーで買い物をしていたら、担任の先生と会いました。
息子は久々の再会で照れ臭いのか、それとも親の前で恥ずかしいのか、まるで借りてきた猫のような状態でした。
先生の前だと急に大人しくなるのは、我が家の子供達の特徴です。
家ではハチャメチャですが、外へ出ると変るようです。
典型的な内弁慶な子供達です。

8月も終りとなると、一気に「夏の終り」を感じます。
まだまだ暑さは続きそうですが、気分的に夏は終りですね。
何か夏の終わりって、とっても物悲しいです。
夏の間、いろんな想い出を作った分だけ、その夏が終るのが寂しく感じるのでしょうね。

今年の夏は忙しかったですが、想い出も沢山出来ました。
7月は息子の剣道の試合や合宿など、ほぼ休みの日は剣道関係で走り回っていました。
その分、8月はいろいろと楽しんだ感があります。
息子の誕生日もあり、プレゼントも兼ねて、カーズ2を観たり川遊びに行ったり。
そして最後は奄美への帰省。
前半忙しかった分、後半はたっぷり子供達と遊んだ夏でした。

私が子供の頃は、母親が仕事に追われて、夏休みでも遊びに連れて行ってもらう事などありませんでした。
家に車が無かったし、誰も免許も持っていなかったので、親戚が遊びに行く時に、一緒に連れて行ってもらうしかありませんでした。
それでも夏の想い出は鮮明に記憶に残っています。
奄美で遊びに行くとすれば、海水浴しかありません。
それでも家族皆でお弁当を持って出かける事がとても嬉しかった。

今自分が父親となって、子供達を奄美に連れて帰る時、自分の子供の頃の事を思い出します。
こうやって家族で一緒に飛行機に乗って、奄美に帰省した事が、楽しい想い出として子供達の記憶の中に残って欲しいと思います。
私が子供の頃と違い、今は写真もビデオも沢山撮れるので、より鮮明に記憶に残ってくれると思います。

夏休みも終わりです。
明日からはいつもの生活に戻ります。
夏が終る寂しさもありますが、反面ホッとした気持ちでもあります。
楽しかった夏の想い出を大切に、これから秋に向かった頑張りましょう。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記