2011年08月23日

海に揺られて

奄美帰省終盤は二日続きで同窓と飲んでいました。
そのため、つぶやけなかったので、完全ズルつぶやきさせて頂きます。
開き直ってのズルつぶやきです(笑)

8/23日。
今日は再び海水浴へ。
一昨日行った「大浜海水浴場」とは別の「ばしゃ山村(用安海岸)」へ行きました。
実は一昨日は次女が熱があり、次女とお母さんはお留守番でした。
そのため、息子と長女の三人で海水浴に行きました。
それでも二人は楽しく泳いでいたのですが、今日は家族全員で海水浴です。
やはり全員の方が楽しい。

次女は初めての海、初めての海水浴です。
まず、波のある海を怖がるので、波打ち際で私が座って水遊びをしてみせました。
すると次女も真似て水遊び、そこへ波が押し寄せて来ます。
小さな波でも1歳3ヶ月の次女にとっては怖い。
しかも初めて見る海と波です。

でも、徐々に慣れて来て、いよいよ海に入る事にしました。
長女が以前使っていた、足を入れて乗れる浮輪に次女もトライです。
始めは怖がって泣き出した次女、しかしすぐに慣れました。
その内気持ち良いのかうたた寝を始めました。
波にゆられ、降り注ぐ太陽に照されて、何とも気持ち良さそうに浮輪に身体を預けて眠っていました。

長女はすっかり慣れて、自分から足をバタバタさせて浮輪に乗って泳いでいます。
そして、前回は出来なかった「シュノーケルでの海中見学」も出来ました。
浮輪に乗ってですが、水中メガネを付けて、シュノーケルで息をしながら、海中を覗く事が出来ました。
海中には魚が泳いでいるので、それを見れた長女は大喜びでした。

息子は私に「沖の方まで行こう」と言い出し、私について沖の方に泳ぎ出しました。
息子は浮輪などしていません。
私と同様に水中メガネとシュノーケルだけです。
その状態で、二人で岸から30〜40mほど沖合まで泳ぎました。
沖合と言っても遠浅になっています。
足は届きませんが、所々に岩があって休憩する事も出来ます。

海の中を魚を見ながら泳ぎます。
ですから真っすぐでは無く、あちらこちらに方向を変えながら、泳ぐと言うよりはさ迷っている感じ(笑)
気がつくとかなり沖合まで来ているのです。

たっぷり泳いで今日も楽しく過ごせました。
私はその後、中学生の同窓生と飲み会へ。
海水浴で疲れているにも関わらず、深夜1時過ぎまで飲み歩いて帰りました(笑)

【用安海岸】
110823-1.jpg

【泳ぐ息子と長女】
110823-2.jpg

【浜辺を歩くヤドカリ】
110823-3.jpg
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅日記