2011年07月30日

前を向いて歩こう

先週の息子の剣道合宿の疲れが残っているのだろうか?
最近、やたらと眠いです。
昼間も眠いのですが、夜も遅くまで起きていられません。
ご飯を食べてゴロンと横になって、テレビをボーッと観ていたら、あっという間に夢の中へ。
疲れているからなのか?それともテレビがつまらないからなのか?
おそらく両方だと思うけど、やはり疲れが抜けていない気がします。

若い頃はどんなに疲れていても、一晩寝たらスッキリと疲れがとれていたものです。
むしろエネルギーが蓄えられてさらに元気になったような気がしたものです。
若い頃には「何でも出来る」という、根拠の無い自信みたいなものがあったような気がします。
うぬぼれているわけでは無いのですが、何事にも前向きに突き進んでいけた気がします。

しかし、今はやはり何事にも慎重になりましたね。
体力的な衰えもあるのでしょうが、やはり回りを見るようになった気がします。
若い頃は自分一人の考えで、いろいろと行動できました。
しかし今は家族を持つ身であり、家族の事を考えて行動するようになりました。

若い頃には有り余るエネルギーとパワーで、どんどん推し進んでいくものなんでしょうね。
しかし、歳を重ねる事で、失敗も苦い経験もして、少しずつ回りを見ながら進んで行くようになります。
体力的な問題もありますが、慎重になると言うのは、それだけ自分の経験に基ずく計算された行動なのでしょう。
何も考えずに突き進むのが若さの特権でもあり、それをフォローするのが、中高年の役目だと思います。

でも、最近の若い人はやたらと慎重な気がします。
高望みをしないと言うか、夢が持てないと言うか、何か消極的な感じに見えてしまう。
私は直接若い人と触れ合う機会が少ないので、イメージ的にしか感じていませんが、嫁さんの話を聞いても、やはり消極的な気がします。
今の日本の不安的な要素が、若者をそうさせてしまったいるのかも知れません。
確かに先行き不安だし、厳しい現状である事は確かです。

しかし、だからこそ、若者には夢を持って突き進んで欲しい。
厳しい現状だからこそ、頑張った人にはチャンスが出てくると思います。
今から老後の心配をしてどうするんですか?
年収の事を考えて結婚をためらってどうするんですか?
最初から自分を守りに入ったら、本当の意味で守るべきものは得られません。

人間って、自分を守る時には負のパワーが出ます。
自分を守るために、他人を攻撃する。
しかし、自分以外の人を守るためには、自分を犠牲にして守る。
そして守るべき者が出来た時、人は強くなれる気がします。

家族を持つと言う事は、家族を守る責任が出ると言う事です。
でも、それを最初から心配していては何も良い結果は生まれないと思います。
確かに結婚してから「こんなハズじゃ無かったのに」と思う事も多いでしょう。
しかし、それを受入れて、それを乗り越えようと頑張るから、さらに強くなれる。
いろんな経験をしながら、人は成長するのだと思います。

行動を起す前から、起こり得る事を心配しても意味がありません。
人生にトラブルは付き物ですし、そのトラブルが人を大きく成長させます。
若い内の体内に有り余るエネルギーは、若い時にしか使えません。
どんどん突き進んで、失敗すれば良いのです。
失敗から学び、そして成長します。

結婚しない若者が増えていると聞きます。
「結婚できない」と自ら決めているのかも知れません。
でも、本当に愛している人がいたら、お金が無くたって一緒になりたいハズです。
一緒になって子供が産まれたら、それこそ家族のために必死に働くでしょう。

若い人の特権である突き進むエネルギー。
どうか無駄にしないで欲しいですね。
私なんて突き進むエネルギーどころか、立ち上がるエネルギーすら僅かです(笑)
こんな時代ですが、前を向いてしっかりと歩けば、必ず道は拓けると思います。
自分の体力の無さをつぶやくつもりが、いつのまにか話が人生論っぽくなってしまいました(笑)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記