2011年07月25日

有る意味凄い国です

あぁ〜やっぱり大事故が起きてしまいましたね。
中国が「独自の技術で作り上げた」と言っていた高速鉄道は本当だったのですね。
日本の技術や、ドイツの技術では考えられない大事故です。
だから言ったじゃない。形だけ真似たってダメだって・・・。

世界一の技術。
世界一のスピード。
世界一の距離。

何でも世界一にこだわって、一番大切な「安全に運航する」という事を置き去りにした結果です。
いずれ事故が起きるだろうと思っていましたが、こんなにも早くこんなにも大惨事が起きるとは、予想以上のスピードでした。
さすが世界一の中国です。

しかし、中国政府は何も感じていないようですね。
「事故が起きたのはたまたまだ。早く事故処理済ませて運転再開しろ」とでも指示したのでしょうか?
事故発生から僅かの時間で、早々と運転を再開しました。
事故原因も対策も何も出来ていないのに、転落した車両を片づけている側を、平然と高速鉄道が走り抜けて行きます。
中国政府にとっては、自国民の命よりも国のメンツの方が大事なんですよね。

さらに驚いた事に、追突した高速鉄道の先頭車両を、事故現場に穴を掘って埋めちゃいました。
これにはさすがに世界が驚いた。
「え〜〜〜〜〜〜埋めちゃうの〜〜〜〜〜〜〜」誰もがそう叫んだ事でしょう。
あまりにもやっている事が幼稚です。
専門家からすれば、事故を起こした先頭車両には、事故原因を探る手がかりが沢山あると言う。
それを無かった事にするかのように、ショベルカーで粉々に砕いて、穴に埋めてしまうなんて、まさしく「臭い物にフタをする」行為です。

そしてこの事を記者会見で説明した内容には笑ってしまった。
「現場が泥沼状態で、作業をするのが困難なため、車両を埋めて土を固めた」
もうそんなおかしな言い訳、子供も信じませんよ。
それを真顔で説明するのですから、笑うしかありません。
さすがに中国の記者達も、「真実を話して下さい」「隠ぺいではないのか」等と、厳しい言葉を投げていました。

今回の事故で、不思議に思った事があります。
中国はこれまでも、様々な大事故や大事件が頻繁に起きていると言われています。
しかし、その大半はニュースとなっては出てきません。
自分たちに都合の悪いニュースは、報道を規制して外に出ないようにして来ました。
ところが、今回の事故は大々的に流れています。

自分たちの偉業を声高らかに世界にアピールしたのに、こんな大惨事を引き起こしたのです。
これまでの中国なら、必ず情報を外に出さないように、規制をかけていたと思います。
そして、記者があんな口調で、中国政府にものを言う事なんで考えられませんでした。
少しでも批判的な言葉を言えば、警察に連行され、下手をすれば逮捕・監禁されています。
中国政府の情報統制がほころび始めているのでしょうか?
それとも、これも中国政府の計算の内なのでしょうか?

何でも有りで、突き進んできた中国。
もうかなり限界に達していると私は思っています。
理想の国を演出して、海外に対して張りぼての「理想の国」を見せる内側では、とても見せられない状態が続いてきた。
これまでは張りぼてが壊れても、すぐに修復して見せていたが、あまりにも張りぼての崩壊が早く広範囲になってきた。
内側から張りぼてを壊そうとする国民と、それを圧力で抑えてきた中国政府。
しかしばく大な人口をかかえる国です。
いくら弾圧しても、全てを押さえ込む事は不可能です。

これまで犠牲にしてきたものが、大きく弧を描いて己のところに戻ってきているのでしょう。
天に唾を吐けば、それはやがて己に振り掛かってきます。
これまで弾圧を続けてきた中国政府。
その反動は想像も出来ないくらい、大きなエネルギーとなって跳ね返って来ているのかも知れません。

我が国、日本も揺れ動いていますが、同様に世界も揺れ動いています。
大きく何かが変わろうとしているように思えます。
この変動に対応できるように、一刻も早くまともな政権を誕生させねばなりません。
中身の無い缶は必要はありません。
ゴミとしてリサイクルに出すだけです。
まぁ、この缶はリサイクルも出来ないと思いますけど。
中国の事を心配している場合ではありませんね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:24 | Comment(4) | TrackBack(0) | 私の思うこと