2011年07月05日

辞任は当然

やはり辞任しましたね。
肝いりで登場した「松本龍復興大臣」でしたが、就任わずか9日間での辞任となりました。
あんな発言聞いたら、被災地の方でなくても誰だって怒りますよ。
なんですか?あの超上から目線の言い草は?
なんですか?あの命令口調の言い草は?

明らかに「俺は大臣だ、偉いんだ、お客なんだ」という意識がにじみ出ていましたね。
宮城県知事に対しては「お客様が来る前に待っていろ」と説教していました。
まるで「俺は客なんだからちゃんと出迎えろ」とでも言っているように聞えました。

ところが、岩手県知事の時は玄関先で直立不動で待っている県知事に、持ってきたサッカーボールを蹴って取らせるパフォーマンス。
一方では礼儀を重んじるような説教をしていながら、もう一方ではパフォーマンス。
要は自分中心なんですね。

幾ら能力を持っている人でも、思いやりや気遣いができない人は、誰も信用してくれません。
こんな人が大臣になって「復興だ」と旗を振ったって、誰もついてきてはくれませんよ。
結局、物凄い数の抗議電話が来て、辞任に追い込まれたようですが、まさしく自業自得です。

菅総理はこの人を任命した責任があります。
二度も断られていて、それでもお願いして三度目でようやく大臣になってもらった人です。
それだけ任命責任も重いと言えます。
しかし、相変わらず都合の悪い事への質問は答えません。

自分にとって有利と思える質問には、にこにこ顔で答えて、都合が悪い質問には聞えないふりをして無視をする。
これが総理大臣の取る行動でしょうか?
本当にこの人は総理大臣としてと言うよりも、大人として人間として最低な人です。
今回の任命責任もうやむやにして終らそうと考えているのでしょう。

被災地は一日でも早く復興させるために、必死になって頑張っています。
しかし、現地で出来る事には限度があります。
確実に必要なお金と人材は、国が用意してくれなければどうにもなりません。
国としての指針も計画性も示さないまま、ただ現地に対して「知恵を出せ」って言われたってどうしようもありません。

まさしく「口は出すけど金は出さない」のが、今の菅政権のやり方です。
被災地の人々は「国に見捨てられた」と思うようになっているのではないでしょうか?
なかなか進まない復興。
全く機能しない内閣。
大臣が来たと思ったらすぐ辞任。
こんな状態で「希望を持て」と言われても、なかなか希望は持てません。

震災後に消えそうになっている希望の灯火を、みんなで支え合って何とか灯して来ました。
しかし、そのささやかな灯火を、菅政権は土足で入ってきて踏みつぶしています。
ちょっとした風でも、ちょっとした振動でも、消えてしまいそうな、小さな小さな灯火なんです。
そんな被災者の気持ちも解らないから、大臣は平気であんな発言もするし、総理は平気で詐欺をしてでも、総理の座にしがみつく。

この菅政権の状態を見ていて、怒りを通り越して失笑に変わり、最近は失笑も通り越してイタクて見ていられません。
本当にイタイです。救いようがありません。
一日も早く総理を辞任してほしいと言うのが、日本中の共通の願いだと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 私の思うこと