2011年07月02日

託児所夏祭り

今日は娘達の通う託児所の夏祭りでした。
毎年の恒例行事で、息子が通っていた時から、ずっと参加しているので、我が家にとっても恒例行事のひとつです。
いつもは始まるギリギリの時間に行っていたので、今日は早めに行く事にしました。
土曜日は息子の剣道の稽古がありますが、今日はお休みを頂いて息子も参加しました。
そして息子はお手伝いも頼まれていて、後半の的当てゲームのお手伝いをしていました。

いつもより早めに行くと、早過ぎたのかまだ先生達が準備に追われている所でした。
私たちのように早めに来た家族が2〜3家族居るだけで、後は先生達が走り回っています。
早々と受付を済ませ、各クラスの掲示物を見ました。
各クラスの各児童の紹介を、顔写真と共に貼って有るのですが、そこは先生方が思考を凝らして、面白く演出しています。
長女のクラスは、カルタをモチーフにしていたようで、それぞれの子供達の特徴をカルタの内容にしていました。
そしてそれに合った絵を描いてあって、顔は子供達の顔写真になっています。

長女のカルタの内容は、「く」で始まっていました。
「くまぐみの小さな先生」と書かれています。
どうやら長女はクラス一番のしっかり者で、他の子供達に絵本を読んで聞かせたりしているようです。
そこで先生方が「クラスの小さな先生」とカルタの内容にしたようです。

これを見た私たちは大笑いでした。
確かに長女は家の中でも、息子と対等に話しますし、年齢の割にはしっかりとしていると思います。
しかし、まさか「小さな先生」と言われるほどとは思っていませんでした。
クラスの中で、他の子供達の面倒を見ている長女の姿を想像して、面白おかしくも何となく頼もしくも感じました。

夏祭りは例年同様に、先生方の出し物からスタート。
今年はAKB48のヘビーローテーションに合わせて踊っていました。
毎回思いますが、先生達も大変です(笑)

続いてくま組さん、きりん組みさんによるカラーガードの発表がありました。
ブラスバンドの後ろで旗を持って行進するカラーガードですが、今日は舞台の上で旗を振るだけでした。
それでもちゃんと音楽に合わせて、しっかりと旗の振り方を覚えていて、毎日練習していただけの事はありました。
長女はど真ん中の位置でカラーガードを振っていて、これもしっかり者の長女の務めだったのかも知れません。

その後は、例年通り模擬店で盛り上がり、長女もいろんなお店に行っては楽しんでいました。
折角なので次女も模擬店を回り、いろんな物をゲットして来ました。
もちろん次女が・・・と言うよりは、私がゲットしたようなもんですが。
綿菓子もあったので、初めて綿菓子を食べさせてみました。
最初は食べ物をわからず、私が綿菓子を口に持って行っても、嫌がって顔を背けていました。
私が食べて見せると、「食べられる物だ」と直ぐに理解したようで、一口食べました。
美味しかったのか、その後は何口か口にして食べていました。

長女は夏祭りなので、浴衣を来て行きましたが、浴衣姿で動き回っていました。
同じクラスの女の子達は、ほぼ100%浴衣で参加していて、みんなで浴衣でそこら中を動き回っていました。
やはり男の子と女の子は違いますね。
息子の時とは全く違います。

次女は次女で賑やかな雰囲気が楽しいのか、しきりに立って歩いていました。
今日は何度か4〜5歩歩いていて、だいぶしっかりと立ち歩く事が増えてきました。

今年最初の夏祭りです。
今年の夏はひとつでも多くの夏祭りを体験したいです。
もちろん花火も。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記