2011年06月19日

本日も二回戦敗退

本日は息子の剣道の試合があり、奈良市の鴻ノ池武道館へ。
この試合は全国大会の出場権をかけた試合でもあり、強豪が名を連ねる大会です。
そんな事はちっとも解っていない息子ですが、試合に出場してきました。

結果は二回戦敗退。
まぁいつも通りと言えばいつも通りです(笑)
一回戦の相手は強豪では無かったので何とか勝てました。
しかし二回戦は名の通った強豪です。
ここは当たって砕けろで行くしかありません。

結果は0勝3敗2引き分けでした。
息子は先鋒で出場。
一回戦は二本決めて勝ちました。
二回戦は強豪でしたので、負けても仕方ないと思っていましたが、何とか引き分けに持ち込めました。

結果は0勝3敗2引き分けですが、チーム全体の力としては少しずつですが上がっている気がします。
もう少し勝ちに対して、言い意味での欲が出てくれれば良いんですが。
どうも息子を含めた男連中が、勝負に対してのこだわりが感じられない。
そう見えるだけで、本人達の中では違うのかも知れませんが、「もう少し悔しがれよ」と思わずツッコミ入れたくなるのです。

早々と二回戦で敗れたので、後は試合観戦していましたが、やはり強いところは動きが違います。
とても同じ小学生とは思えない。
体格差があるわけではない、むしろ小さい身体の子も多い。
しかし、動きが本当に俊敏です。
この動きが息子にもあれば・・・と毎回思うのですが(^^;)

中学生の試合等を観ていると、本当に凄いです。
まるで侍同士が相手の呼吸を読みながら、その一瞬を突いて攻撃するような剣道です。
お互いにぴたりと止まり、相手の動きを読み合っている。
本当に呼吸すら読み取っているのではないか?と思えるほどに静寂の時間です。
そして一瞬の間を見て動いたら、そこからは目にも止まらぬ程の、凄まじいスピードで打ち合います。
まさしく静と動の世界です。

来週、再来週と試合が続きます。
この集中して試合のある時期に、実践である試合から沢山の事を学んでほしいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記