2011年06月04日

詐欺前総理とペテン師総理

日本はペテン師が総理大臣を務めるという、とてつもなく凄い国です。
そしてそのペテン師を詐欺師が批判をする。
まぁまるで喜劇のような光景が、この2〜3日テレビに映し出されました。
情けなくなってくるのは、この人達が真剣だって事なんです。
真剣にやっている事が、こんなにも間抜けで情けなくてどうしようもない。

一昨年の夏に衆議院解散総選挙が行われ、「一度民主党に任せてみよう」と投票した人が多いと思います。
私はその時点、いやもっと前から「民主党では無理」と思っていました。
実際にこのつぶやきでも民主党批判を繰り返していました。
しかし、マスコミの「麻生叩き」と「政権交代」キャンペーンに載せられ、多くの国民が民主党に政権を委ねたと思います。
結果が今の現実です。

残念な事に、日本人には「疑う」という認識があまりありません。
昔から「人様に迷惑をかけるな」「人様の役に立つ人間になれ」等と言われて育った人が多いと思います。
「人を信じなさい」とは教えられても「人を疑いなさい」とは、教えられてこなかったでしょう。
その結果、マスコミがこぞって「麻生は漢字が読めない馬鹿」「カップラーメンの値段も知らない庶民感覚の無い人間」とか、揚げ句の果てに「夕食はホテルのバーで贅沢をしている」等と、テレビで流せばそれをそのまま受入れてしまう。
そして毎日のように「解散」「解散」と叫び、解散が近づけば「政権交代」「政権交代」と叫んで来ました。

マスコミは日本人の「疑わない」とところを利用して、世論を自分たちの思い通りに動かしています。
マスコミが解散総選挙の前から、フェアに民主党と自民党を比較していれば、政権交代は無かったと思います。
政権交代があったから、民主党政権のダメっぷりが解った部分もありますが、あまりにも失った国益は大きい。
そしてあまりにも失った日本の信頼も大きい。

民主党政権になってから、何か良い事があったでしょうか?
普天間問題はこじれ、アメリカから信頼を失い、宮崎で発生した口蹄疫は対応が遅れに遅れ、宮崎の畜産農家は壊滅状態になりました。
尖閣諸島問題では中国に媚びを売って、国民に見せるべきビデオを国家機密にしてしまい、日本の未来を案じてビデオを流出させた一色氏を犯罪者呼ばわりしました。
事業仕分けでは何もかも「ムダ無駄」と叫び、日本の科学力と技術力をそぎ落とす事ばかりして、小惑星探査機ハヤブサが奇跡の帰還をすると、突然手のひらを返して予算カットを見直す始末。
400年に一度の大洪水に備えた「スーパー堤防」も、400年に一度の有るか無いかの災害に大金を使うのは無駄と切り捨てました。
そのとたんに1000年に一度の大災害が起きました。

民主党政権になってから、日本は本当に不幸続きです。
菅総理の目標の「最小不幸社会の実現」は、「最大不幸社会の実現」に向けて突き進んでいます。
諸外国との衝突や災害等はどう頑張っても起きるものです。
問題は事が起きた時の対応です。
今まで自民党政権の中で、普通に行われてきた対応に、日本国民は「当たり前」という認識だったのではないでしょうか。
今回の震災で解ったように、「当たり前の事が当たり前としてできる幸せ」という事を、自民党時代に感じていなかったのだと思います。

決して自民党政権が良かったと言っている訳ではありません。
自民党政権にも問題は多くありました。
しかし、少なくとも「日本人の生命と財産を護る」という意識はありました。
今の民主党政権にはそれが微塵も感じられません。
そこが一番の大問題です。

菅総理は、今回の大震災と原発事故を、自分の政権延命のために利用しています。
国民の「こんな時に総理を変えるべきではない」という言葉を、利用して居座ろうと決め込んでいます。
日本国民は菅総理を指示している訳では無い。
こんな時だからこそ、リーダーシップを発揮して一致団結してほしいという想いなのです。
疑わない国民だからこそ、そんな意識が強かったのです。

しかし、菅総理はそれを逆手にとり利用しました。
この人の頭の中は、国や国民のためよりも、自分のための方が比重が重い。
自分の権力維持のためなら、国民の命や財産、下手すれば日本そのものも売りさばく。
これを「売国奴」と言わず何と言うのか。

日本は民主党政権になって、詐欺師総理(鳩山前総理)・ペテン師総理(菅総理)と、史上最低の総理大臣と史上最悪の総理大臣を生み出して来ました。
そしてその詐欺師とペテン師が、国のためではなく、自分のため党のために、協力したと思えば批判をするという茶番劇を見せられています。
日本人が疑わない民族である事を逆手に取った民主党政権と、民主党応援団のマスコミ。
そこから産まれた日本最大不幸の総理大臣達。

これからも日本人は疑うよりも信じる民族であると思います。
しかし、信じても鵜呑みでは無く、真実を自分の目で確かめる国民でなくてはならないと思います。
最悪の民主党政権、そして最悪の総理大臣を、大いなる反省材料として、これからの政治に役立てていかなくてはいけませんね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 私の思うこと