2011年05月06日

原発止めちゃえ

またまたやってくれましたね。菅総理。
突然静岡の浜岡原発の停止要請を発表しました。
この人は本当に思いつきで政治を行っているとしか思えません。

確かに浜岡原発の危険性は指摘されていました。
東海沖地震が発生した場合、津波の被害を受ける可能性が極めて高い。
今回の福島第一原発の津波被害を見て、浜岡原発の津波対策が不十分である事は素人目からも解ります。
しかし、その危険性があるから「すぐに原発を停止」という判断を下すのは、あまりにも単純過ぎます。
原発を止める事で足りなくなる電力は、どのように確保するつもりなのでしょう?
またもや国民に節電を求め自粛を求めるのでしょうか?

「原発は要らない」「今後は新たなクリーンエネルギーを」と考えている人が多い事は事実です。
しかし、そう考えている人も、「現状は原発が必要」「現状の危険性を取り除く事が最優先」と考えていると思います。
つまり現実問題として、原発はすぐには止められないが、将来的には原発に代わる発電技術が必要。と考えている。
そんな事は小学生でもわかる事だと思います。

浜岡原発で今すぐにやらなくてはならない事は、津波の被害を想定した対策です。
津波防止の防潮堤の設置。
津波被害が起きた時の電源の確保。
福島第一原発と同様の被害が起きた場合の対策マニュアルの作成と訓練の実地。
つまりは現状で起きるであろう事を想定し、それに備える事が一番大切な事です。

しかし、菅総理は福島第一原発と同様の事が起きる事を想定して、「原発を止める」という最も単純な事を選択しました。
こんな判断は誰でも出来ます。
不要な原発なら簡単に「止めよう」と言えますが、必要だから原発を作ったのです。
菅総理の判断は、「車に乗ると排気ガスが出るから車に乗るな」と言っているのと同じです。
車は走らせれば事故が起きる可能性があります。
どんなに注意していても、相手から突っ込んでくる場合もあります。
その場合どうするのか?事故が起きた場合の事を想定して保険に入り、事故の危険性を認識しながら運転をします。

しかし、「車は危険だから乗るな」と言われれば、私たちの生活は成り立ちません。
より安全な車の開発や、車に代わる新しい乗り物等出来るのであれば良いですが、現状では車は必要です。
車が必要な人々に「自転車で頑張ってくれ」と言っているようなものです。

おそらく菅総理は、福島第一原発の事故で批判を受け、補償問題が起きた事を危惧しているのでしょう。
浜岡原発で事故が起きれば、また批判を受けるし補償問題が出てくる。
それならば手っ取り早く停止してしまった方が良いと判断したのでしょう。
結局は保身のためです。国や国民のためではありません。

本当にこの人はどんどん日本を悪くするために、総理大臣をやっているように思えます。
何たって目標は「最小不幸社会の実現」でしたからね。
最小限では飽き足らず、日本を最大限不幸にするために頑張っているのでしょう。
今回の決断できっと本人は「自分で決断して自分で発表した」と大満足しているのでしょう。
誰も評価はしませんが、身内だけで「総理の一大決心」と喜んでいるのでしょうね。
今や日本国民と日本政府は同じ国の中で、全く違う価値観で存在しています。
日本国民に支持されない政府など、日本政府ではありません。
一日でも早くこの政権を終らせて、まともな政権を誕生させなくては、日本は本当に最大不幸の社会になります。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:05 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記