2011年05月31日

本日運動会

雨と台風で延期になっていた息子の運動会。
今日は何とか雨も降らずに朝を迎えました。
私は6時半に学校へ行って場所取りをしてきました。
平日なので別に場所取りしなくても大丈夫かな?とも思ったのですが、一応確保するために行きました。

平日なので見に来る人はあまりいないと想像していたのですが、全くそんな事は無かったです。
朝早くから場所取りに来る人が沢山いました。
私も場所を確保してレジャーシートを敷いて帰りました。

台風一過とはいかず、今朝もどんよりとした曇り空で、少々肌寒いくらいの気候の中運動会が始まりました。
息子にとって小学校最後の運動会です。
精一杯頑張ってほしいと思っていました。

息子にとって最初の種目は、6年生の「借り物競走」でした。
よーいドンでスタートして、グラウンドに置いてある段ボールのカードをめくります。
「メガネをかけている人」「○○町の人」「黒い服を着ている人」「校長先生」「教頭先生」等と書いたそれぞれのカード。
それを観客席に見せて「○○町の人お願いしま〜す」と子供が叫びます。
それに応えて該当する人が出てきて、一緒に走りゴールを目指します。

息子は「ペットを飼っている人」だったらしく、少々手間取ったようで一番最後にゴールしていました。
いろんな借り物にアチコチから笑いがおき、子供達も大人たちも必死になって走っていました。

午前中最後の種目も、5・6年生による表現。
最初は軽快なポップ音楽に合わせて踊り、その後はいつもの組み体操へ。
今年のテーマが「楽しく力強く」のようで、その通り最初は楽しく踊り、次は力強く組み体操でした。
今年は最後にもう一つおまけがありました。

組み体操も終って退場・・・・と思った瞬間。
一人の6年生がマイクで突然「ちょっと待って下さい」と叫びました。
「この退場曲では私たちの力強さは伝わりません」と訴えたのです。
もちろんこれは演出です。
そして「私たちにピッタリの退場曲はありませんか?」と聞いて「え!?ピッタリのがある!?それじゃ〜お願いします」と言って、別の曲に切り替わり、それに合わせて5・6年生も振り付けをしながら退場して行きました。
なかなかの演技派で、みんな大笑いしていました。

お昼ご飯を食べ始めると、今までどんよりしていた空が突然晴れ渡りました。
一気に陽射しも強くなってきて、午後からは絶好の運動会日和となりました。
そしていよいよ最後の種目。
5・6年生によるリレーです。
赤2チーム、白2チームの合計4チームによる、対抗リレーがスタートしました。

息子は白1チームの10番手。
2位でバトンを受け取り抜く事も抜かれる事も無く、そのまま2位で次にバトンを渡しました。
そしてそのまま2位の順位で終りました。
毎年ですが、この対抗リレーで大人も子供も熱くなります。

1〜4年の時までは、「息子もこんなに走れるようになるのだろうか?」と思っていましたが、今日の息子は良い意味で、私たちの予想を裏切ってくれました。
いつの間にか小学校最上級生として育っていました。
決して足は早い方ではありませんが、立派に走っていました。
つい最近、1年生として入学したと思っていたのが、いつの間にかみんな成長して、立派に走る姿を見て嬉しく思えました。

二日遅れの運動会。
天気も回復してとても良い運動会になりました。
小学校最後の運動会で、平日になった事で家族で参加できるか心配でしたが、何とか全員で参加できて良かったです。

【組み体操】
110531.jpg

【必死に走る息子】
110531-2.jpg
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年05月30日

心は北へ南へ

久々に雨雲の隙間から青空が覗きました。
ここ数日間、雨の天気でしたので、少しの晴れ間も嬉しいですね。
お日さまの光ってこんなにも柔らかく暖かかったのかと感じました。
雨続きのせいか、気温もあまり上がらず、5月も終りだと言うのに肌寒いくらいです。

今年は早々と梅雨入りしましたが、梅雨明けの方はどうなるのでしょうね。
私個人としては早々と梅雨明けして、夏がやってきて欲しいのですが、今年の電力不足を考えるとあまり暑くならないでほしいと思ったり。
今年の夏はなんとも微妙な夏になりそうですね。

私にとって、夏の季節は故郷の季節です。
奄美大島で生まれ育った私にとって、夏はまさしく故郷の季節なのです。
とは言え、奈良には海が無いため故郷の景色を思い浮かべる事しか出来ません。
夏になり入道雲を見ると、故郷の夏を思い出します。
そして頭の中で波の音が聞えてくるのです。

奄美を離れてもう26年。
もうこちらでの生活の方が長くなりました。
それでも夏の陽射し、波の音、海の香り。
身体が覚えているのですね。

最近はもう一つ夏の記憶が出来ています。
北の大地、北海道の記憶です。
北海道にも何度も夏に帰省しているので、北の大地の夏を身体が覚えています。
対照的な北と南の夏。
どちらも私にとっては大好きな夏なのです。

しかし現実として、どちらも遠い故郷です。
心はいつでも飛んでいけますが、実際にはなかなか飛んで行けません。
家族が増えると尚更ですね(^^;)
今年の夏は飛んで行けると良いのですが・・・。

梅雨明けして入道雲が夏空にそびえ立つと、気持ちは一気に北へ南へ飛びそうです。
その前に梅雨がありますが、これもこの時しか楽しめないものがあります。
紫陽花や田んぼの生き物、そして蛍が舞うのもこの季節。
初夏の風物詩を楽しんで、本格的な夏を待ちたいですね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年05月29日

運動会は延期

予定では本日、息子の小学校の運動会でした。
予定では・・・ですが。
そして予想通り雨で延期となりました。
何しろ台風近づいていますからね。
ほぼ100%延期になる事を予想していました。

本日は運動会が延期のため、息子達は普通に学校の授業を行いました。
日曜日ですが、運動会が延期になったので、いつも通りの授業です。
一つ違うのは、給食が無い事です。
今日はお弁当を持って雨の中、登校して行きました。

ところが登校から1時間程して、緊急の連絡メールが入りました。
台風の接近に伴い、前線が刺激されたようで、大雨警報が発令されたようです。
警報が出れば学校は授業中止です。
息子はお弁当を持って帰ってきました(笑)

9時過ぎには帰ってきた息子。
今日は学校だったので、剣道の稽古はお休みにしていました。
しかし、早々と帰って来たので、結局稽古に行く事にしました。
何らいつもと変わらない日曜日となったのです。

さすがに同じ学校の子は、みんな稽古をお休みしていましたが、息子は私たちに勧められて稽古に参加しました。
半分渋々稽古に出てきた息子ですが、他の人が休んでいる時に頑張った事が、後々に役立つと思います。
今日の稽古は息子にとって、必ず身に付く事でしょう。

運動会の方は、結局火曜日に延期になりました。
台風も熱低に変わったようで、明日の午後からはお天気も回復傾向らしいので、火曜日には運動会出来る事でしょう。
ただ、平日ですので、日曜日の運動会のようなにぎわいは少し期待できないかも知れません。
我が家も平日では厳しかったのですが、その日はたまたま次女の受診予約をしていて、嫁さんが仕事の休みを取っていました。
受診は延ばす事が出来るので、運動会に家族で行く事にしました。

息子のとって小学校最後の運動会ですからね。
平日ですが、私もそれまでに仕事詰めて応援に行きたいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:22 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2011年05月28日

福島原発事故は日本社会の縮図

福島原発の問題で、また責任のなすり合いが始まっているようですね。
1号機に海水を注水した後に、注水を止める指示があったとされる問題ですが、菅総理は「海水注入の連絡も受けていないのに、止めろという指示を出すはずがない」等と、自分の責任を回避するように頑張っています。
東電側は海水注入の連絡を保安員に伝えたと言い、保安員は受けたかも知れないが、Faxのスミに小さく書いてあった程度等と、訳の解らぬ言い訳をし、政府は政府で「知らなかった」等としらばっくれる。

揚げ句の果てには、散々もめておきながら、実は現場の判断で海水注入を止めていなかった事が解りました。
現場の判断と言うのが、福島第一原子力発電所の所長の吉田さんです。
実は吉田さんの名前は、原発事故の半月後あたりから、一部の週刊誌等で出始めていました。
錯綜する情報、迷走する上からの指示。
そんな中で現場が一体感を持ち、使命感を持って踏ん張ってこれたのは、この吉田所長の存在が大きいと言われています。

なんで吉田所長の名前がクローズアップされたのか。
それは吉田所長がテレビ電話会議で、上からの指示に対して「やってらんね〜よ」とキレたのが発端のようです。
必死に頑張る現場の職員や関係作業員達。
ところが上からは訳の解らない指示ばかりが下りてくる。

今回の「海水注入を止めた」という話も、そんな状況の中で出てきた話なのでしょう。
あくまで推測ですが、菅総理は「海水を注入したら際臨海の恐れがある」と勝手に思い込んで、その危険性を検討するように指示したのでしょう。
そうなれば、当然「検討している間は注水を止めろ」という指示が下りてきます。
それに対して吉田所長は自分で判断して、海水注水を続けたのだと思います。
結果それが良かったのだと思います。

自分の責任と使命感を以て、自分で判断して決断をした。
リーダーとして本当に立派だと思います。
おそらく吉田所長は、それが原因で責任が生じたら、ちゃんと責任をとる覚悟だったと思います。
それに比べて総理や東電役員・保安員の対応はどうでしょうか?
とにかく自分の責任にはしたくないから、0.1%でもリスクがあればそれを避ける。
曖昧な表現で自分たちの責任を逃れようとする。
言ったの言わないのって、本当に男らしくない。

映画の「踊る大走査線」で、青島警部補役の織田裕二が叫ぶ有名なシーンがあります。
現場で突入を決め、それに対して了解を得ようと上に指示を仰ぐ。
ところが会議室では現場の状況が掴めず、誰も的確な指示を出さない。
リスクを恐れて青島警部補の判断を却下します。
そこで放ったのが有名なセリフ。

「事件は会議室で起きているんじゃない、現場で起きているんです」

まさしく今の福島原発事故はそのままです。
事故は会議室で起きているんじゃない、現場で起きているんです。
何で現場を見にも来ないで、会議室で判断ばかりするのでしょう?
菅総理は一番行ってはいけない時期に、原発に乗り込み、行かなくてはいけない時期には、全く出向きません。
現場で必死に頑張っている作業員の皆さんに、現場に行って「ご苦労様です。感謝します。」のひと言くらい言ってみろ。
それが真のリーダーだ。

今の日本は現場のリーダー達の頑張りで持っているような気がします。
そして現場を解らない、見ようともしない上層部が、会議室でお互いの責任のなすり合いをしている。
上層部になるには、そうやって人の顔色を伺い、上司のご機嫌を取って気に入られる人材しか集まらない。
結果、上層部では覚悟を決めて決断できる人がいない。

吉田所長のように、自分の判断で上司に意見を出す人は、出世出来ないようなシステムに日本全体がなっている気がします。
本当に求められているのは、吉田所長のような人材です。
今回の福島原発事故は、まさに日本の社会の写し絵のようですね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 私の思うこと

2011年05月27日

台風が・・・

今日も一日疲れました(@@)
次女は、やはり思うように仕事はさせてもらえませんでした。
少し機嫌の良い時に、すかさず仕事をするのですが、すぐに私の側にやってきて私の腕を掴んで何やら話しかけてきます。
そして抱っこしたら最後、もう降ろす事は出来ません(笑)

こんな状態でしたので、今日もほとんど仕事になりませんでした。
今夜少しでも遅れを取り戻すために、頑張って深夜の作業をしたいと思います。

さて、今年は異常な程、早々と梅雨入りしました。
早い梅雨入りで、梅雨明けも早くなってくれると嬉しいのですが。
夏大好きの私としては、毎年7月中旬から下旬、下手すると8月になって梅雨明けすると言うのは、ちょっと悔しいのです。
何となく夏を削られてしまっているようで、出来れば7月の頭には梅雨明けして、思いっきり夏を楽しみたいのです。
楽しみたいと言っても、どこかに出かけるという事では無いのですが、気持ち的に嬉しいのです。

梅雨明けがどうなるかは解りませんが、天気図を見ていてすごく気になりました。
物凄い台風が接近していますね。
920hPaってどんな猛烈な台風なんだ。
最大風速55mって、そんなのが上陸したらとんでもない被害が出ます。

天気図では来週の月曜日にかけて、近畿圏内に最も近づくようです。
こちらももちろん心配なのですが、それ以上に福島原発や東日本の被災地が心配です。
まだ瓦礫が散乱しているところに、こんな巨大台風が来たら、また被害が拡大してしまいます。
少しでも進路がそれて、太平洋方面か日本海方面に抜けてくれたら良いんですが・・・。

実は日曜日は息子の学校の運動会なんです。
例年は9月なんですが、体育館の補強工事の関係で、今年はこの時期になりました。
そこにこの台風です。
小学校最後の運動会だと言うのに、残念ながら延期になりそうです。

延期になったら平日の運動会になるので、少なくとも家族揃っては見に行けません。
かろうじて私がビデオを撮りに行けるかどうか・・・というところ。
最後の運動会なので、何とか家族全員で応援したいのですが、この台風では無理でしょうね。

今年は早い梅雨入りに早い台風の上陸。
やはり異常です。
せめて台風の進路がずれてくれる事を祈ります。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年05月26日

仕事出来ない(><)

やはりほとんど仕事にならんかった(TT)
次女の面倒を見ながらの仕事なんて、そもそも無理があるのですけどね。
少しでもご機嫌良く遊んでいる時間に・・・・と、思ったのですが、甘かったです。
午前中は少し遊んでくれたので、ちょっと仕事をしましたが、午後からは全然ダメ。
機嫌は良かったのですが、一人で遊ぼうとしない。

私の使っている物がとにかく気になるようで、私の足元に来て「抱っこして〜」と言わんばかりに両手を広げ愚図ります。
仕方なく抱っこをすると、すかさず私の使っているMacのマウスに手を伸ばします。
そして今度はキーボードをガチャガチャとやりはじめます。
しまいには机の上に登りだしモニターを叩く始末。

さすがにこれ以上やらせると、Macが壊されかねません。
私の仕事道具ですので、それは困ります。
仕方なく床に降ろすと、狂ったように大泣きです。

私が仕事モードに入ると、必ず次女が寄ってくるので、Macの前に座る事が出来ません。
仕方ないのでお昼から長女も連れて、ちょっと周辺を散歩したり、お昼寝したりと、全く仕事はできませんでした。
散歩をしても、次女は歩けないので、私が抱っこしたまま。
お昼寝をしようとしても、眠くないのか全く寝る気配無し。
私がウトウトして目が覚めると、二人して遊んでいる(--;)

こんな状態で一日が終ってしまいました。
元気になってくれたら、遊んでくれるので仕事ができると思っていたのが甘かった。
元気にはなってくれたけど、それでもベッタリ私に甘えてくるので、自由な時間は取れません。
少しでも私の姿が見えなくなったら、大泣きするので、トイレに行くにも必死です(笑)

はぁ〜〜〜〜〜疲れました。
夜に少しでも仕事をしようかと思ったのですが、疲れ切ってしまって全然集中できません。
明日も同じような状態なのだろうか。
梅雨入りした空のように、どんよりとした気分です。
明日は少しでもご機嫌さんで、遊んでくれますように。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:21 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2011年05月25日

三度目のインフルエンザ

昨日夕方に嫁さんから電話が。
託児所から電話があったようで、次女が38度の熱があると言う。
いつものお迎えより時間を早めて、娘達を迎えに行く事にしました。
熱が出てぐったりしているのかと思いながら迎えに行くと、次女は私の顔を見るなり大はしゃぎ。
いつもと変わらぬ元気っぷりでした。

先生も「比較的元気なんですけどね〜お熱が・・・」と、何ともバツが悪そうな顔をしながら次女を抱っこしていました。
託児所では38度以上の熱が出た場合には、お迎えに来てもらう事になっているので、例え元気でも先生としては連絡を取らざるを得ないのですね。
元気な次女といつも通り元気な長女を迎えて帰りました。
そして夜もいつも通り元気なままで寝た子供達。

しかし、朝起きてみるとやはり次女は熱がまだある様子。
そして明らかに昨日よりも元気が無い。
夜中も何度も起きていたようで、やはり体調が悪かったのでしょう。
長女を送った後に、嫁さんと一緒に小児科に受診に連れて行きました。

嫁さんの病院内で熱が出て託児所に預けられない場合は、病時保育をしてもらえるので、受診をしてから病院に連れていく予定でした。
ところが診察の結果が、何とインフルエンザAと判明。
何で??
次女はインフルエンザのAもBも発症しています。
しかももうインフルエンザもとっくに下火になっているのに。

インフルエンザA型にはいくつか種類があるようで、一度かかっても違うタイプにかかる場合があるとか。
しかしそれも珍しいようです。
ワンシーズンで3回もインフルエンザになってしまった次女。
さぁ〜困りました。
何せインフルエンザ等の感染系の病気だと、例え病時保育でも預かってはもらえません。
おまけに長女はインフルエンザAにかかっていないので、託児所には行けない事になりました。
姉妹が発症すると、その菌が姉妹に移る可能性が高いので、託児所を休まなければならないのです。
せっかく登所したばかりの長女は、しぶしぶ連れ戻されるハメになってしまいました。

今日は嫁さんが急きょ仕事を休んで対応する事にしました。
問題は明日以降です。
次女は解熱してから2日間しないと、治癒照明がもらえません。
治癒照明がもらえないと託児所は行けません。
つまり二人とも託児所に行けないのです。

仮に明日、次女が解熱して元気になったとしても、そこから2日間みないといけない。
つまり土曜日までは様子をみないといけない。
そして月曜日に再び受診して、治癒照明をもらってようやく託児所に行く事ができる。
明日から娘二人を見ながら仕事をしないといけない事になってしまいました。

この超忙しい時に・・・・・(涙)
せめてもの願いは、次女の熱が下がり、元気になって遊んでくれる事です。
そうすれば、遊ばしながら少しでも仕事ができます。
体調が悪いと抱っこしていないと泣き止まないので、とてもじゃないが仕事にならないのです。
長女はちゃんと聞き分け出来るので、次女さえ元気になってくれれば、何とかなるのですが・・・。
こればっかりは祈るしかありませんね。

どうか明日は少しでも元気になってくれますように。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:36 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2011年05月24日

コーヒーはお好き?

本日はコーヒーの話を・・・。

皆さんコーヒーは飲まれますか?
私は平日は毎日コーヒーを飲んでいます。
朝一番にカップ4〜5杯分のコーヒーを作り、ポットに入れています。
そうする事で飲みたい時に、いつでも熱いコーヒーが飲めるのです。

レギュラーコーヒーを飲む時は、いつもブラックですので、朝一番に入れたコーヒーもブラックで飲んでいます。
こうして一日、仕事をしながら、息抜きにコーヒーを飲んでいます。
コーヒー好きな人には物凄く羨ましいコーヒーの飲み方かも知れませんね。
好きな時にいつでもポットから熱いコーヒーを入れて飲めるのは、コーヒー好きにとっては幸せそのものかも知れません。

私もコーヒーが好きなので、毎日こうしてコーヒーを飲んでいます。
もちろん安いレギュラーコーヒーですが、いつでもコーヒーが飲める事は、仕事の効率アップにも繋がるのです。
だからコーヒーが切れてしまった時は、なかなか調子が上がりません(笑)

昔、印刷会社でデザイン業務をしていた時は、一日に2回ほど缶コーヒーを買って飲んでいました。
缶コーヒーのブラックは好きじゃなかった(何となく水っぽくて)ので、缶コーヒーで飲む時は微糖タイプか加糖タイプです。
夏は暑いのでアイスコーヒーしか無く、アイスコーヒーのブラックは尚更水っぽくて、甘めのアイスコーヒーを飲んでいました。
だから、印刷会社務めの時は、コーヒーを飲むと言うよりも、糖分を飲んでいたような感じです。
これでは身体に良いわけはない。

今は一日、ブラックで飲んでいますし、夏場もホットコーヒーのブラックです。
この飲み方になってからは、体調を崩す回数も少なくなりました。
印刷会社務めの頃よりも、体調は良いような気がします。
まぁ、気分的な問題も大きいかも知れませんけどね(笑)

しかし、コーヒーを一日に数杯飲むと体に良い。という話をチラホラ見かけた事があります。
本当に今のコーヒーの飲み方は、身体には優しいのかも知れません。
熱いブラックコーヒーを飲んで、「ふぅ〜〜〜〜」と吐息を吐くと、深呼吸したようなすがすがしい気分になります。
私にとってはコーヒーは仕事に必要なものの一つになってしまっています。

明日も、熱いブラックコーヒーを飲んで、また一日仕事を頑張りたいと思います。
リラックスできるんですよね。
熱いブラックコーヒーとBGMは、私のアイデアの基かも知れません。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:48 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2011年05月23日

国想えばこそ

何だこの寒さは。
突然夏が来たと思っていたら、今度は突然冬に逆戻り。
こんなに寒暖の差が激しいと体調おかしくなりそうです。

おかしいと言えば、政治の世界もおかしくなっていますね。
どんなに無能でも、どんなに国難でも、総理大臣でいられる菅総理。
どんなに無茶苦茶な対応でも、「総理大臣」という権限で押し通してしまうのですから、本当に困った人です。
トップに無能な人が立つと、こんなにも酷い事になるという事を、日本国民は多いに学び大いに反省すべきです。

浜岡原発を止めた事や、エネルギー政策の見直しを発言した事を評価する声もあります。
しかし、福島原発事故で原子力発電に対して否定的な意見が多くなっている中で、この対応は当たり前とも言えます。
逆にこれをやる事で政権の支持率アップを期待したと考える方が解りやすいです。
原発が危険であると言うのなら、他の原発も止める方向で進めるべきですが、他の原発には「安全」というお墨付きを与えています。
他の原発が安全なのなら、エネルギー政策を白紙にして見直すという事は矛盾してきます。

やはり菅総理の頭の中には、「こう発言すれば受けが良い」とか「今は原発不審が強いから原発を止めれば良い」とか、そんなレベルでしか考えていないのだと思います。
これから先、10年後、20年後の日本を見据えた考えなど微塵も無いのでしょう。
つまりは、自分が一日でも長く、一日でも多く総理大臣の座に居続ける事が最終目的なのです。
こんな人に日本の未来を托す訳にはいきません。

政界では「菅降ろし」が動き始めています。
国会でも菅総理の対応に苦言が出ています。
しかし、この動きを嫌う人もいます。
「この国難の時に政局争いしている場合か」と言うのです。
私は逆に「この国難だからこそ争うべき」だと思います。

この国難に、自己権益を捨てて、本当に国のために働く国会議員を見抜くチャンスだと思います。
争わなければ菅政権はずっと続きます。
少なくともあと2年近く続きます。
あと2年間、何も対策しないまま、放置されたら日本は滅びます。
それを隣国は指を加えて待っているのです。

菅総理のこれまでの対応を見ていたら、これからも何もしないのは明白です。
何もしないのならまだマシですが、自分を良く見せようとして、余計な事ばかりしています。
そんな人が2年間、日本のトップに居続けたら、本当に日本は滅びます。
一日も早く辞めさせるべきなのです。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:19 | Comment(2) | TrackBack(0) | 私の思うこと

2011年05月22日

タイトスケジュールな一日

今日はタイトな一日でした。
朝一番から市民体育大会の開会式に出るために、息子は剣道の胴衣を着て出席。
剣道の市民大会は先日終ったのですが、市全体の大会の開会式はまだだったので、本日出席となりました。
もう終っているのに開会式と言うのも妙な感じでしたが、みんな胴衣を着て整列していました。

開会式自体は小一時間ほどで終ったので、そのままいつもの稽古へ。
稽古は10時〜11時なんですが、息子はその後も大人の稽古に混じって稽古をします。
小学生の上級生は多くの子が残って稽古に参加しています。
息子も最初は私に言われて、しぶしぶ稽古に残っていましたが、最近は自ら残るようになりました。

稽古が終って通常ならそのまま帰るのですが、今日は剣道連盟の総会があると言う事で、私だけ残りました。
剣道連盟の総会と言う事で、本来なら父兄の私が立ち入る場所ではないのですが、今回は父兄の代表と言う事で参加させて頂きました。
剣道連盟とは言っても、いつも稽古に来られる先生方が中心です。
言わば身内同士の話し合いのような雰囲気です。

息子の通う剣道クラブは、3年ほど前に二つの剣道教室が一つになり出来たものです。
それまでは二つの剣道教室があり、それぞれに運営され、それをまとめるのが連盟の存在的なものでした。
しかし、今となっては一つのクラブであり、そのものが連盟でもあります。
組織的に大きく変わってしまっているのですが、連盟としては何も変わらないままで来ていました。
実質的には変わってしまっているのに、組織としては変わっていない。
ここに大きな矛盾が出来てきているのです。

この事は多くの先生方や父兄も感じている事でしたが、結局はなれ合いのままで来てしまいました。
しかし、そのままではいけないと言う事で、私も何度か先生方と話をしたり、父兄で集まって話をしました。
そして今日総会と言う事で、私も参加させて頂いたのです。
総会の中で、やはりこの事は話にあがりました。
結論は出なかったのですが、「今のままではいけない」「組織として変えなくてはならない」という共通認識は出来ました。

お昼過ぎから始まった総会は、2時半ごろまでかかり幕を閉じました。
私は急いで家に帰りました。
実は大阪の姉が来る予定になっていたのです。
毎回2時頃に来るので、嫁さんに電話してみましたが、まだ来ていないとの事。
急いで帰ると、ちょうど着いたところだったようです。

姉といろんな話をし、子供達は一緒に遊び、あっという間に時間は過ぎて行きました。
そして夕方には再び嫁さんに送ってもらって出かけました。
剣道連盟の懇親会に出席するためです。
お昼に引き続き、今度は酒の場でみんな盛り上がっていました。
しかし、お昼のような議論では無く、楽しい酒の話題で。

一日いっぱいぎっしり詰まった日程でしたが、中身のある内容で良かったです。
剣道の組織については、これから私も首を突っ込んで先生方とも話し合う機会が増えるかと思います。
正直、面倒くさい事です。しかし、息子が剣道でお世話になり、これからも剣道でお世話になる子供達がいます。
子供達が剣道に打ち込める環境にするには、先生方と父兄が協力して組織を作りあげなくてはいけません。
数年前に学童保育を立上げた時と同じように、中心にいるのは子供です。
その子供達のために、先生と父兄が協力して運営をする。
全く同じ構図だと思います。

私自身がどこまでお役に立てるのかは、全く解りません。
何も出来ないかも知れません。
しかし、息子がお世話になってきた恩返しの意味も込めて、少しでもお役に立てればと思っています。
そしてそんな中で息子も成長して、今度は指導する立場になってくれたら嬉しいですね。
そうなれるように、私は私の役目を頑張りたいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年05月21日

1歳のbirthday Party

先日の水曜日に1歳を迎えた次女ですが、平日で忙しかったので誕生パーティーは本日行いました。
お昼の内に買い物を済ませ、夕方からは息子の剣道の稽古に家族全員で行き、その帰りに予約していたケーキを取りに行きました。
さっとお風呂に入ってスッキリしたところで、テーブルの上に食事が並べられて行きます。
いつもと違う雰囲気を次女も何となく感じ取っている様子でした。

イスに座らせて、目の前に料理が並んで行くと、お腹の空いている次女はもうたまりません。
餌を前に「待て!!」をさせられている犬のように、料理を見つめる次女。
そしてついに我慢の限界を超えたのでしょう。
スックと立ち上がり、お赤飯に手を伸ばしました。
指先についたお赤飯を口に入れ満足げな次女でした(笑)

その後はもう止まりません。
乾杯もそこそこに食べ始める次女。
特にお赤飯が気に入った様子で、狂ったように食べていました。
お母さんが少し手を休めると、「早く食べさせろ!!」と言わんばかりに、お赤飯を指さし「っん!っん!」と指示します。
北海道から届いたお赤飯なので、甘納豆の入った甘いお赤飯。
次女はとっても気に入ったようで、本当によく食べていました。

そしていよいよお待ちかねのケーキの登場です。
ローソクは1本。当然ですね(笑)
次女はまだローソクを消さないので、長女が変わって消してくれました。
次女は何をしているのか解らないので、キョトンとして見ていました。
しかしケーキが美味しい事はもうわかっています。
あれだけお赤飯を食べたのに、まだまだケーキも食べます。
物凄い食欲です。

今の次女の食欲は、長女よりも上回っています。
下手すると長女の倍くらい食べているかも知れません。
それだけお腹が空くのでしょうね。
いっぱい動いているので、きっと体力を使っているのでしょう。
これから歩き始めるとさらに食べるようになるんでしょうね。

1歳の誕生パーティー。
美味しい料理と美味しいケーキに、大満足の次女と家族でした。
来月は私。8月には息子の誕生日があるので、またケーキを食べる事でしょう(笑)

【早く食べたい】
110521-1.jpg

【う〜ん美味しい〜】
110521-2.jpg

【ケーキは最高!】
110521-3.jpg
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:54 | Comment(5) | TrackBack(0) | 日記

2011年05月20日

そろそろ田んぼの季節

爽やかな五月晴れの一日。
日中は気温も上がり、少々暑いくらいの気温でした。
夜になって気温が下がり、窓を開けていると心地よい夜風が入って来ます。
気持ち良いですね。

周りの田んぼでは田起こしが終り、そろそろ水が張られる頃です。
私はこの季節の風景が大好きです。
田んぼに水が張られて、景色が一変する様は本当に美しい景色です。
茶色の土だったところが、鏡のように一面水面になるのです。
毎年この時期になると、その景色を楽しんでいます。

夜風も心地よい時期で、窓を開けているとカエルの合唱が聞えてきます。
日中は目で楽しんで、夜は耳と肌で心地良さを楽しめます。
日本の初夏の風物詩ですね。

毎年田んぼが始まると、休みの日に子供達と田んぼを覗きに行きます。
田んぼの中のおたまじゃくしやホウネンエビ、カブトエビ等を見に行くのです。
私は数年前まで、田んぼの中にいるのはおたまじゃくしくらいしか知りませんでした。
息子が産まれてから、一緒に田んぼの中を覗くようになって、初めてカブトエビやホウネンエビを知りました。

日中は目で楽しみ、夜は耳で楽しませてくれる田んぼ。
私たちのお米を育ててくれる田んぼは、まさしく生命の泉です。
子供達にも田んぼの生き物を楽しみながら、田んぼでお米を作っている事を話します。
息子にもそうやって話して来ましたし、長女にも昨年その話をしました。
きっと次女にも同じ話をする事になるのでしょうね。

身近に田んぼがあり、田んぼの生き物を見れる子供達は幸せだと思います。
そして私も夜風に当たりながら、カエルの合唱をBGMにつぶやけるのは幸せです。
今年も田植えの季節が近づいて来ました。
また子供達と田んぼを覗き込み、夜はカエルの合唱が聞けるのが楽しみです。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年05月19日

御老体Mac

我が家にはMacが3台あるのですが、実質使っているのは2台です。
メインは私が使っているPowerMacG5。
もう6年も前に購入した御老体Macです。
今ではIntelMacが常識ですが、未だにPowerMacG5で頑張っています。

サブマシンとしてIntelMacのiMacがあるのですが、昨年末に起動しなくなり、修理に出せないまま横で死んでいます。
おそらくハードディスクがぶっ飛んでしまったと思われるので、修理に出すと結構な金額になると思う。
最近はiMacも値段が下がってきて、一番安価なタイプなら10万ちょいで買える。
下手に修理出すよりも、新しいiMacを買った方が・・・とも考えながら、そのまま放置した状態が続いています。

もう1台はPowerBookG4。
いわゆるノートパソコンです。
これも今ではMacBookやMacBookProになっていますが、G4のノートで頑張っています。
このPowerMacG4は、打ち合わせの時やプレゼンの時等に使っていましたが、最近はもっぱら嫁さんが仕事場に持って行っています。
つまり私が現実として使っているのは、PowerMacG5の1台のみです。

嫁さんも仕事場で使うのはデータ入力程度で、ノートパソコンで無くても良いのです。
最近はiPadに切り替えたいと考えるようになりました。
iPadでPagesやNumbers(Windowsで言うとWordとExcel)を使えば十分仕事になるのです。

しかし、ひとつ問題が・・・。
iPadとMacを繋いでデータをやりとりしたいのですが、調べてみると今のOSではiPadが対応していない。
OSが古過ぎるのです。
私のG5で使っているOSは10.4。
推奨は10.5以降となっています。
OSをバージョンアップさせても良いけど、今どき10.5は売っていない。
(現在の最新OSは10.6ですが、10.6にするにはIntelMacでないとダメ)

どうにもこうにも、やはりMacが古いとダメだという事ですね。
くっそ〜新しいMacPro欲しいぞ〜〜〜〜〜。
新しいMacProなら複雑なイラスト描いても、サクサク動くんだろうな〜。
今のG5では、100MBを超えるイラストになると、保存するだけで時間がかかる。
仕事の効率も悪いんですよね〜。
しかし今の環境で頑張るしかない。

iPad2が出て、私も嫁さんも、さらには息子まで「iPad2欲しい病」にかかっていますが、iPadだけでは意味が無い。
Macと繋いで同期させて初めてiPadも有効活用できるというもの。
しかし、そのMacが古過ぎて時代においてけぼりになっています。
でも以外と私と同じような仕事している人って、古いMacで頑張っている人多いんですよね。
だってそうそう買替えできません。
それだけ儲かってりゃ〜買替えもできますけどね。

現実は厳しいが、いつの日か新しいMacとiPadを買える日を夢見て頑張ります。
夢は大きく、現実は厳しく、でも一歩一歩頑張るのみ・・・ですね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:24 | Comment(4) | TrackBack(0) | Macintosh

2011年05月18日

1歳になりました

1年になりました。
次女が「おぎゃ〜」と産まれてから、もう1年になったのですね。
「今日で1歳だよ〜おめでとう〜」と、家族全員に朝からお祝いの言葉をかけられて、知ってか知らずか次女はニッコリ笑っていました。
小っちゃな小っちゃな赤ちゃんだった次女が、すっかり大きくなりました。
まだまだ身体は小さめの方ですが、赤ちゃんの成長って本当に凄いですね。
1歳のお祝いをしたいところですが、今日は1週間の中で一番忙しい水曜日です。
息子の剣道が終るのが9時ですので、誕生パーティーは今週末にする事にしました。

1歳になった次女ですが、まだ歩けません。
掴まり立ちをして、何かに掴まりながら歩く事は出来ますが、まだ何も持たずに立つ事が出来ません。
息子も長女も、1歳の頃には立って歩いていたのですが、次女はやはりマイペースのようです。
何せつい最近まで寝返りしませんでしたからね。
出来ないのか、それともしないのか解りませんが、とにかく泣いて起こしてくれるまで泣き続けます(笑)

最近になってようやく自分で寝返りして、身体を動かすようになりました。
きっとすぐにたっちして歩き出す事でしょうね。
そうなるとますます目が離せなくなります。

食欲も半端じゃないくらいに旺盛になってきました。
今は下手すると長女よりも食べます。
今日も剣道の稽古に行く前に、お腹が空くのでおにぎりを買って行きました。
いつもはおにぎりを握って行くのですが、今日は当番で早く行かなくてはならず、握っている暇が無くてコンビニで買いました。

水曜日はまず英語があるので、先に息子を英語教室に送り、その後一度剣道の稽古場に行き、当番の仕事をしてから英語に戻ります。
その時にコンビニでおにぎりを買い、長女に食べさせました。
息子の英語が終って、再び車で剣道まで向かう間に、息子におにぎりを食べさせます。
最近は次女も欲しがるので、今日は次女の分も1個買っておきました。

私の運転する後ろで息子が食べさせてくれましたが、1個をペロリとたいらげて「まだ足りない」と言わんばかりに、息子のおにぎりに手を延ばしたようです。
息子も仕方なく、少し分けて上げたようですが、本当にビックリするくらいの食欲です。
ちなみに剣道の稽古が終って帰ってきてからも、普通に晩ご飯を食べた次女です(笑)

1歳になってますます活発になってきた次女。
本当にあり難い事ですね。
1歳のパーティーは週末に行いますので、ケーキも週末に食べます。
きっとケーキも物凄い勢いで食べることでしょう(笑)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:39 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記

2011年05月17日

寝不足気味です

最近寝て起きたら朝という感じです。
眠りについて起きたら朝で、ぐっすりと寝ているのだと思うのですが、あまりにも寝ている感が無く朝が起きれません。
まず寝る時間がいつも深夜の1時から2時頃なので、朝スムーズに起きれないのが毎日です。
もっと早く寝れば良いのですが、つぶやいたりネット見ていたりしていると、気がつけばそんな時間になっています。

で、布団に入って寝入ると目が覚めたら朝・・・という感じです。
まぁ幸せと言えば幸せですよね。
世の中には眠れなくて困っている人もいるし、避難所での生活を強いられている被災者の方々の苦労を思えば、本当に幸せだと思います。
ただ、「寝た」という満足感が無いのが辛い。
だから朝はいつも寝起きが悪い。

寝ても疲れが取れないのは、精神的に疲れているもでしょうか?
肉体的な疲れなら寝る事によって、回復すると思うのですが、精神的な疲れはなかなか取れないですね。
時々、子供を寝かしつけるつもりで、10時頃から一緒に爆睡してしまう事があります。
さすがにこんな日の翌日は目覚めが良い。
やはりしっかり睡眠取れると目覚めも良いのでしょうね。

やっぱり早く寝る事が大事です。
しかし、夜遅くまで起きているのが習慣になってしまって、なかなか眠くなりません。
眠くならないと、ついつい色んな事をやってしまう。
そして気がつけば深夜の2時。
こんな生活が続いています。

今夜は珍しく眠いです。
先程からつぶやきながら、何度もあくびが出ています。
このまま布団に入れば、気持ち良〜く眠れそうです。
たまには早く寝るとしますか。
明日も仕事忙しいですし。

そんな訳でオヤスミナサイ。
寝相の悪い子供達の間で、ボコボコに蹴られながら寝るとします。
明日は目覚め良いかな?
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年05月16日

日本をダメにする法案

いったいこの政権は何を考えているのだ。
やはり菅総理の頭の中は、自分の事しか無いのでしょうね。

東日本大震災の復興の目処が立たず、何も決まらぬまま月日だけが過ぎています。
一日も早く普通の生活を送れるように、仮設住宅の建築やライフラインの復旧工事が急がれます。
しかし、そのためには補正予算を組まなくてはいけません。

それなのに、通常国会を6月22日で閉じて延長をしない方針らしい。
延長をしない理由は、菅総理が少しでも総理大臣を続けたいからでしょうね。
国会でいろいろと追及されるのを避けたいのでしょう。
被災地では一日も早く普通の暮らしがしたいと、避難所で頑張っている人がいるのに・・・。

この政権は本当に困っている人を見て見ぬふりをしながら、全く必要の無い法案を通そうと必死のようです。
メディアではなかなか取り上げられませんが、ネットの世界では有名になった問題法案です。
「人権擁護法案」と呼ばれていた法案ですが、民主党政権は名前を変えて「人権侵害救済法案」として提出を目論んでいます。
「人権侵害救済」と聞くと、いかにも当然のような内容に聞えますが、この中身が大問題なのです。

人権侵害にあったと訴えた人の話を聞くための「人権委員会」を設置します。
その委員会は「人権侵害を受けた」という人の証言に基づき、個人に対して、立ち入り調査・証拠品の押収・事情聴取のための呼び出し
を、裁判所や警察の許可なく自由にできる権限を持っています。
さらに何が差別なのか、人権侵害なのかの判断は、人権委員会が決めます。
つまり人権委員会が差別・人権侵害と判断すれば、何でも差別・人権侵害になります。

「まさかそんな馬鹿な・・・」とお思いでしょうが、本当にこんな信じられない法案を真剣に通そうとしているのです。
もし、この人権侵害救済法案が通り、人権委員会が設置されたとします。
私が政府の批判をブログで書いたのを見て、「総理に対する人権侵害だ」と言われても何も反論できなくなります。
何しろ判断するのは人権委員会です。人権委員会が総理の指示で動いたらそうなってしまいます。

もしあなたの事を気に入らないと思っている人が、あなたから送られてきたメールで「差別を受けた」と人権委員会に訴えたら、あなたは立ち入り調査や事情聴取を受けなくてはなりません。
どんなに危険な法案か、マンガで簡単に説明されています。
皆さん是非見て下さい。
そしてよく考えてみて下さい。

110516.jpg

【こちらもご覧下さい】
http://f17.aaa.livedoor.jp/~mikami/comic/01.html

100歩譲って「人権侵害救済法案」の必要性を感じる人がいて、審議するために国会に提出するとしましょう。
しかし何故このタイミングなんですか?
もっとやらなくてはいけない事は山ほどあるでしょう。
何故今のこの時期にこの法案を出さなくてはならないのでしょうか?
まるで震災のどさくさに紛れて、慌てて出している気がしてなりません。
本当に必要とされる法案なら、震災が落ち着いて2〜3年してからでも良いはずです。

「おかしい」「信じられない」「いい加減にしろ」と思った方は、是非その思いを官邸に送りましょう。
私たち日本国民の声が一番大事なのです。
今は何より東日本大震災で被害を受けた被災者の救援と復興が先です。
そして日本経済を立て直す事が優先です。
こんな国難の時期に、こんな馬鹿げた法案を用意している民主党政権に怒りをぶつけましょう。

首相官邸ご意見コーナー】
https://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken_ssl.html


●人権委員会は五名で構成され、その下に事務局、そして全国に二万人の人権擁護委員を配置し、人権侵害や差別に対する啓蒙教育、調査を行う組織として活動します。
●しかし、人権侵害や差別の定義はなく、委員会自体も権限に限界がない(三権と独立した機関のため、抑止力となるものがない)最強の権力を持つことになるため、国民の人権を蹂躙し「法の下の平等」を侵害するものになります。

●この法案が国会で可決されると、国民一人一人の言動、さらには心の中まで介入され、ありとあらゆる自由が奪われることになるでしょう。

●数年前にこの法案が審議された時(マスコミが反対の大キャンペーンを行っていた「メディア規制法」は、この法案の一部です)と違い、今回はマスコミへの取材活動の規制を凍結させている為か、この法案の本当の危険性も、今ひっそりと国会で可決されようとしていることも、マスコミは黙ったまま見過ごしています。

●このまま大人しく黙って可決されるのを見過ごしては、日本は民主国家から一部の者の独裁国家へと変わってしまいます。
●インターネットでこの事を知った一部の国民と、国民主権・民主国家の日本を守ろうとする良識ある議員の方々が、今現在猛反発し、瀬戸際の攻防戦を繰り広げています。

●国民の声は我々が思っている以上に政府・政党への影響力があります。(声を上げているからこそ瀬戸際で止めているのです。しかしまだ推進派は諦めていません)
●自由を永遠に失わないためにも、どうぞ反対の声をあげて下さい。そして一人でも多くの身近な人に、この法案の危険性を話して下さい。

民主主義を守るため、我々の声が、今一番必要とされています。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 私の思うこと

2011年05月15日

不思議の国・日本

最近つくづく思う事がある。
日本って国は、本当に不思議な国だと思う。
今回の東日本大震災でも、被災者の方々のモラルの高さが、世界で評価される反面、日本政府の対応の悪さは批判を受けた。
福島原発事故も、決死の覚悟で頑張っている名も無き作業車は英雄として讚えられ、一方の幹部や政府は批判を浴びた。

日本国民は素晴らしいが、日本政府はまるでダメ。
東電の社員や関連会社の職員は頑張っているが、幹部や責任者はまるでダメ。
これは日本社会の全体に言える事なのかも知れません。

あなたの会社に当てはめて考えてみても、もしかすると同じ構図が当てはまるかも知れませんね。
社員はみんな優秀で、本当に良く働き業績も良い。
ところがトップを見ると「こんなんでよくトップが勤まるな」という人がいる。
そんな会社、以外に多いのではないでしょうか。

今回の大震災で、多くの日本国民が「自分にできる事」を必死に考えました。
それは決して自分のためでなく、被災者のために何が出来るのか。
自分よりも他人のことを考えていたのです。
これが本来の日本人の考え方です。
公のために自分が出来る事を頑張る。
その精神が国を豊かにし、私たちの暮らしを支えてきたのです。

しかしトップに立つ人間は違う人が多い気がします。
あくまでも自分のため、利益のため、勝ち残るため。
その考え方が全てのような気がします。
だから上層部と現場との温度差が激しい。
現場は必死になって、自分を犠牲にしてでも人のために頑張る。
ところが上層部は自分の地位や権力を守りたいから、決断力が無い。
今の菅総理大臣が、まさしくそのままです。

現場で働く人々は、働く事に喜びを感じます。
自分の仕事が人のためになる。
自分が社会の中で必要とされている事に幸せを感じます。
しかし上層部は違うのでしょうね。
自分の権力・財力・名誉にしか喜びを感じられないのでしょう。

戦後、高度成長を遂げた日本は、いつしかそんなトップしか生まれない状況を作り出してしまったのかも知れません。
戦後体制の中でゆがめられた教育、価値観、否定された日本文化。
長い時間をかけて、それが日本社会を蝕んできたのかも知れません。
また、それを受入れられる人間しか、トップに立てなくなっている感じさえします。

海外から見ても「優秀な日本国民」が何故「堕落した日本政府」を生み出したのか、不思議に思っている事でしょう。
私たち日本国民は、リーダーになる人間は間違いを犯さないと思い込んで来たのではないでしょうか?
上に立つ人はそれだけの人格者であると、勝手に思い込んできたのかも知れません。
本当の人格者もたくさんいます。
リーダーになる資質の人もいます。
問題は私たちがそれを見極める力を持つ事です。

日本国民は勤勉で優秀です。
ちゃんとしたリーダーを選ぶ事がこれから大切な事だと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:12 | Comment(2) | TrackBack(0) | 私の思うこと

2011年05月14日

優しさとは・・・

ようやく晴れました。
この三日間よく降りましたね。
まるでひと足早く梅雨入りしたかのような天気が続きました。
今日は久々の五月晴れに心まで晴れやかな気持ちになりました。

不思議なもので、三日間お天気が続いても何も思わないのに、三日間雨が続くと憂うつになるものです。
人生も同じかも知れませんね。
嫌な事が続くと落ち込んでしまう。
でも晴れない雨が無いように、晴れの人生も必ず来るものだと思います。
そして何より雨は大地を潤してくれる、生命の源と言っても良い。
人生においても、辛い事は自分を強く優しくしてくれる源かも知れません。

ちょっと話が宗教チックになりましたかね(笑)
でも、本当にそう思うのです。
先日、上原美優さんが自殺しました。
殆どの人が「何故?」と思った事でしょう。
私も信じられませんでした。

その後、最愛のお母さんを亡くしてから悩んでいたとか、恋愛で悩んでいたとか、様々な情報が出てきました。
確かに悩んでいたようですね。
辛く悲しい出来事が多かったのかも知れません。
でも、見方を少し変えれば乗り越えられたと思うのです。
当人しかわからない辛い事があったと思います。
しかし、みんな大なり小なり悩みながら苦しみながら生きています。
自分だけが不幸だと思い込んでしまったのでしょうね。
必死で生きている被災者の強さを感じ取ってほしかった。

上原美優さんの名前には「優」という文字が入っています。
本名かは解りませんが、本名だとしたら両親は「優しい子になってほしい」という願いでこの文字を入れたのでしょう。
実は私の息子の名前にもこの文字があります。
男の子ですが、私たちも「優しく周囲を包み込んでくれるような子に」という願いでつけています。
しかし、優しさとはその前に強さが無くては存在しないものだと思います。

剣道の先生とも話した事があるのですが、強くなければ優しくなれないと思うのです。
優しいと言うのは、自分に対してでは無く、人に対して「優しい」事であるハズです。
人に優しくしようと思えば、自分に対しては強くなければ出来ません。
心が弱い人間は人に優しさを求めます。
心が強い人間は人に優しさを与えます。

今回の東日本大震災でも、自衛隊や消防・警察の方々の活躍が私たちに勇気と感動を与えています。
特に自衛隊の活躍は被災者に生きる力を与えていると言っても過言では無いと思います。
彼等の活動は、まさに被災者に優しい活動です。
例え任務とは言え、この過酷な現場での作業は相当に辛いと思います。
しかし、彼等は強い。肉体的にも強いですが、何より心が強い。
彼等の心の強さはどこから来るのか?

もちろん訓練による賜だと思いますが、ベースにあるのは「家族を護りたい・国民を護りたい・国を護りたい」という思いだと思うのです。
人は護る者がいて強くなれるし、強くなければ護れません。
今回の東日本大震災で多くの被災者の方々が、家族を失い家を失いました。
それでも何とか残された家族を護り、地域を護りたいという気持ちがあるから強く生きている。
どん底の状況から、何とか前を向いて歩き出せるのだと思います。

強さとは人に優しくできる力だと思います。
そんな意味からも、今の政治は優しくない。
日本を国民を護るためではなく、自分を守るための政治です。
護るべき存在が自分。
それでは強くなれないし、優しくもなれないのです。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 私の思うこと

2011年05月13日

長女にキレる

私の一日は嫁さんと娘二人を車で送って行き、家に戻ってきて仕事をし、夕方になると娘二人を迎えに行く。
その繰り返しです。毎日毎日、朝車で送って、夕方に迎えに行きます。
ところがお迎えで困った事がひとつ。
私が迎えに行くと、決まって長女がごねるのです。

お迎えに行く時間は、だいたい5時半から6時の間。
この時間帯と言うのは、子供達はお迎えに来る親を待つ間に、事務所でビデオを観ているのです。
その日によってビデオの内容は違うようですが、私が迎えに行くと、長女は決まって「もっと観たかった」と言って泣くのです。
これが毎日毎日繰り返されます。
もう託児所でも恒例行事となってしまいました。

いつも帰る車の中で、「もう明日から迎えに来ないからね」と言うと、長女は「嫌だ〜」と泣き出す。
明日から迎えに来たらちゃんと帰る・・・という約束をして次の日を迎えます。
で、また同じ事の繰り返し。

昨日は車の中で、「明日からお母さんに来てもらい」と怒ったので、今日はちゃんと帰る約束をしました。
託児所に着いてからも「今日はちゃんと帰るね」と約束をして託児所に入りました。
しかし、またいつもと同じ繰り返し。
「もっと観たかった」と繰り返すばかりで、私の話を聞きません。
お友達がバイバイしても、先生がさようならを言っても完全無視。

帰りの車の中で私もついに爆発してしまいました。
長女は大泣き、次女は「何が起きたのだろう?」とキョトンとしています。
毎日毎日の繰り返しの中で、私もついつい怒りが爆発してしまいました。
車の中でイライラしながら運転して、ようやく家に着きました。
ところが長女はもう機嫌が直っています。
子供って本当に立ち直りが早い。

私は自分のイライラがおさめられずにいるのに、もうケロッとしている長女。
余計にイライラしてしまう。
次女が車の中で寝てしまったため、布団に寝かせて私はご飯の準備を始めた。
そこへ何事も無かったように長女がやって来て「今日のご飯はな〜に〜」と聞いてきた。
いかんまた爆発しそうになる。

イライラがおさまらないまま、ご飯を作りお風呂もでき上がっている。
ところが今日は金曜日。7時から「ドラえもん」「クレヨンしんちゃん」と子供にとってはパラダイスタイム。
次女がちょうど起きたので次女を連れてお風呂に入る。
いつもなら「お風呂入るよ」と声をかけるが、もう動かないのが目に見えている。
これ以上怒りたく無いので、次女だけ連れてお風呂に入る。

ところが今日に限って何故か不機嫌な次女。
きっと私のイライラが伝わっているのだろう。
いつもならお風呂場の色んな物を触って遊ぶのに、私にベッタリくっついて離れない。
仕方ないので次女を抱えたまま、自分の頭・身体を洗える範囲で洗う。
お風呂をあがると丁度「クレヨンしんちゃん」も終った様子。

私のイライラした雰囲気を息子が悟ったようで、長女を連れて一緒に風呂に入った。
次女は相変わらず機嫌が悪く、私から一時も離れようとはしない。
何もかもが悪循環で回っている。それに加えて嫁さんが帰ってこない。
もうイライラのピーク。

息子と長女がお風呂から上がってきたが、長女は相変わらずケロッとしている。
しかし、息子はただならぬ雰囲気を悟ったので、長女に私に謝るように促したようです。
長女は私の前で謝る時だけは、大粒の涙を流し悲しげな顔をしますが、謝った後はケロッとして話しかけて来る。
まるで女優です。だから余計に腹が立つ。
こんなやり取りをしている間に嫁さんが帰って来ました。
同僚に車で送ってもらったようです。

自分でも大人げないと解っていても、怒りが抑えられない。
そんな時ってありますよね。
何も5歳の娘相手に・・・・と自分でも思うのですが、いろんな要素が重なって来るとコントロールが難しくなる。
私も嫁さんも仕事が忙しく、家の事もろくに出来ない状態で、子供達も気持ちが不安定になっているのかも知れません。
今日は本当に怒り狂った私でした。

まぁ、長い人生こんな日もある。
こうやって怒って泣いて、そんなやり取りが出来る家庭がある事が幸せです。
いずれは笑い話になる事ですので・・・。
でも明日も同じ事言われたら・・・・また怒るだろうな(笑)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:14 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記

2011年05月12日

もうひとつの絵本「バナナムーン」

110512.jpg

お昼前に電話が鳴った。
東京都からの電話。
てっきり仕事の電話だと思って出たら、ARTBOXさんからの電話でした。

私が初めて絵本を出版したのが、ARTBOXさんの絵本新人賞で受賞した「バナナムーン」です。
もう6年ほど前の話になります。
何せ初めての絵本公募で、初めての受賞、初めての出版と言う事で、本当にドキドキワクワクだったのを覚えています。

で、そのARTBOXさんからの電話は、ちょっと残念なお知らせでした。
今回の震災を受けて、在庫書籍の処分を行うとの事。
流通経費や書庫代等の関係で、在庫書籍を処分する判断に至ったようです。
どこも大変な時期ですからね、致し方ないのでしょう。

私の絵本の「バナナムーン」も60冊ほど在庫があるらしい。
処分と言う事は廃棄と言う事になります。
ARTBOXさんも廃棄するよりは、安くで著者さんに買ってもらいたいとの判断のようです。
格安で購入できるので、いかがですか?との案内でした。

何か今回の「クジラのゆめ」の出版と同時に出てきたこの話。
まるで「バナナムーン」が、「ぼくの事も忘れないで」と言っているように思えた。
決して初めての出版である「バナナムーン」を忘れたつもりはないが、やはりどうしても今回出版の「クジラのゆめ」に意識が向く。
最初はどうしようか迷ったのですが、自分の初めての絵本「バナナムーン」が廃棄されるのを想像したら、とても悲しくなりました。
6年前のドキドキワクワク感を思い出したら廃棄なんてさせられないと思えてきたのです。

出版した本って、自分の知らないところで本屋さんに並び、全く知らない人が手にする。
自分の知らない所で、沢山の人に見てもらって、沢山の子供が手にする。
本は自分の分身でもあり、自分の子供みたいな存在となる。
そんな存在を廃棄するなんて、やはりそれは悲しい。

ARTBOXさんからは案内のFaxを頂いているので、明日にでも購入する方向で返事をしたいと思います。
私の手元にも「バナナムーン」は無かったので、ちょうど良い機会だと思います。

それにしても不思議なタイミングです。
2作目の「クジラのゆめ」が出版されたと同時に、1作目の「バナナムーン」の話が出てくる。
本当に自分の子供が「ぼくを忘れないで」と語りかけてきたみたいで、何とも不思議な気持ちです。
在庫処分は寂しい事ですが、廃棄される前に私の手元に呼び寄せたいと思います。
そして、手元に届いたら「おかえり」と言ってあげたいです。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 絵本

2011年05月11日

絵本「クジラのゆめ」出版

110511.jpg

今日で東日本大震災から2ヶ月です。
もう2ヶ月。まだ2ヶ月。どちらも感じる2ヶ月です。
道のりは長いけど、頑張って前に進むしかありませんね。

大震災から2ヶ月に自分の事で恐縮ですが、先日お知らせした絵本の詳細です。
文芸社から5月新刊で、絵本「クジラのゆめ」を出版致しました。
もう書店には並んでいると思います。
取り扱っている書店と、取り扱っていない書店がありますので、「本屋さんに行けばある」という訳ではありません。
また取り扱っている書店でも、本の扱いは書店の判断ですので、なかなか見つかり難い場合も多々あります。

Amazonや楽天ブックス等のネットショップでも取り扱っていますので、興味のある方はご覧戴ければ幸いです。

Amazon
e-hon
楽天ブックス
セブンネット
ブックサービス
TSUTAYA ONLINE

islandサイトでも詳細をアップしていますので、こちらもご覧下さい。
絵本「クジラのゆめ」詳細案内

書店のリストは下記の通りです。
ただし、この書店リストは必ず本があるという訳ではありません。
見つからない場合は、お手数ですが書店にご確認下さい。
書籍名:クジラのゆめ
書者名:ふくはらしゅんじ
出版社:文芸社
ISBN:ISBN978-4-286-10034-0 C8771

【北海道】
◎北星堂書店/旭川市旭町2条3-9-4
◎山三ふじやブックセレクション/千歳市栄町6-51ポスフール千歳2F
◎コーチャンフォー 美しが丘店/札幌市清田区美しが丘一条5丁目2-1
◎ザ・本屋さん WOW店/帯広市西四条南29-1マルチショップWOW内
◎ブックシティナウ 星が浦店/釧路市星が浦大通2-5-32
◎丸善 ら・がぁーる 新札幌DUO店/札幌市厚別区厚別中央二条5-6-2DUO-1 4F
◎紀伊國屋書店 小樽店/小樽市稲穂2-22-8駅前第一ビル2F
◎宮脇書店 帯広店/帯広市西八条南17丁目2
◎三省堂書店 大丸札幌店/札幌市中央区北五条西4-7大丸札幌店8F
◎三省堂書店 札幌店/札幌市中央区北五条西2-5JRタワー札幌ステラプレイス5F

【青森】
◎伊吉書院 類家店/八戸市南類家1-3-1
◎紀伊國屋書店 弘前店/弘前市土手町126

【岩手】
◎ブックスアメリカン 北上店/北上市北鬼柳32-42アメリカンワ-ルド内
◎アイックス/二戸市石切所字枋ノ木17-1

【宮城】
◎ゴコ-書店 小松島店/仙台市青葉区小松島2-2-5

【秋田】
◎加賀谷書店 本店/秋田市中通2-4-6
◎育英書店 本荘店/由利本荘市花畑町1-105
◎ブックスアピア/大館市片山町3-6-2
◎平山書店/大仙市大曲中通町7-20

【山形】
◎八文字屋 本店/山形市本町2-4-11

【福島】
◎宮脇書店 ヨークタウン野田店/福島市野田町4-1-3ヨ-クタウン野田店内
◎宮脇書店 須賀川店/須賀川市岡東町129-1
◎宮脇書店 ロックタウン須賀川店/須賀川市古河105

【茨木】
◎川又書店 駅前店/水戸市宮町2-2-31
◎はまや書店/北茨城市磯原町磯原4-93
◎一誠堂/日立市多賀町1-13-7
◎栄文堂書店/龍ケ崎市米町4559
◎外山書店/下妻市上町丁112
◎山内文化堂/石岡市茨城1-14-5
◎八田屋書店/つくば市大曽根2924

【栃木】
◎あさひ書店/矢板市扇町1-10-30
◎紀伊國屋書店 宇都宮店/宇都宮市馬場通り3-1-1宇都宮パルコ8F
◎リブロ 宇都宮南店/宇都宮市北若松原1-14
◎サンライズ 栃木今泉店/栃木市今泉町1-4-8
◎よむよむ おやまゆうえん店/小山市喜沢1475ハ-ヴェストウォ-ク内

【群馬】
◎煥乎堂/前橋市本町1-2-13
◎須賀屋書店/安中市板鼻2-3-18
◎ベイシア 西部モ-ル店/伊勢崎市宮子町3423-15
◎ブックス北藤/藤岡市立石559-7
◎長谷川永徳館/邑楽郡大泉町中央3-3-19
◎半田P書店/太田市大原町641-7
◎江原書店/太田市尾島町54

【埼玉】
◎BookDepot書楽/さいたま市中央区上落合2-3-5アル-サB館
◎長谷部書店/大里郡寄居町寄居934
◎須原屋 本店/さいたま市浦和区仲町2-3-20
◎須原屋 熊谷店/熊谷市仲町74八木橋百貨店8F
◎進明堂 大東文化大売店/東松山市岩殿560大東文化大学内購買部
◎水野書店/さいたま市岩槻区本町4-2-10
◎明詩社書店/越谷市越ケ谷3-4-3
◎ブックスコマツ/草加市氷川町90-11
◎白菊書店 下忍店/鴻巣市下忍3503-4
◎みやかわ書店/志木市本町1-11-32
◎藤書房/三郷市彦成3-11-15-101
◎芳林堂書店 所沢駅ビル店/所沢市日吉町1-11所沢ステ-ションビル2F
◎三省堂書店 大宮店/さいたま市大宮区桜木町1-6-2そごう大宮店8F
◎須原屋 武蔵浦和店/さいたま市南区別所7-6-8-209
◎須原屋 キャラ川口店/川口市前川1-1-11イオンモ-ル川口キャラ3F
◎リブロ 新所沢店/所沢市緑町1-2-1新所沢パルコレッツ館3F
◎リブロ 川越店/川越市新富町1-22本川越ぺぺ4F
◎紀伊國屋書店 さいたま新都心店/さいたま市大宮区吉敷町4-267-2コク-ン新都心1F
◎ブックスタマ 所沢店/所沢市若松町853-3
◎博文堂書店 千間台店/越谷市千間台東町1-3-1
◎リブロ ララガ-デン春日部店/春日部市南1-1-1LaLaガ-デン春日部2F
◎よむよむ 草加松原店/草加市草加3-9-13中山ビル2F
◎よむよむ 草加谷塚駅前店/草加市瀬崎町77-1谷塚コリ-ナライオンズタワ-2F

【千葉】
◎堀江良文堂書店 松戸店/松戸市松戸1225
◎三省堂書店 そごう千葉店/千葉市中央区新町1000そごう千葉店9F
◎浅野書店/柏市柏1-1-20スカイプラザ柏B1F
◎東京旭屋書店 船橋店/船橋市本町7-1-1船橋東武5F
◎購買部第2巌翠堂 プラザ店/船橋市習志野台7-24-1日大理工学部プラザ店
◎多田屋 サンピア店/東金市東岩崎8-10サンピア2F
◎多田屋 大網白里店/山武郡大網白里町みやこ野2-4-1
◎多田屋 成東店/山武市成東1808-1
◎多田屋 千葉中央店/千葉市中央区本千葉町15-1
◎多田屋 稲毛店/千葉市稲毛区小仲台2-6-1
◎大関書店/市川市南八幡4-1-15
◎松本書店/茂原市茂原413
◎ブックスワ-ルド アピタ市原店/市原市青柳北1-1アピタ市原店2F
◎習志野 巌翠堂/習志野市大久保3-13-11
◎丸善 津田沼店/習志野市谷津7-7-1ブロックビル2F・3F
◎芳林堂書店 津田沼店/船橋市前原西2-18-1津田沼パルコB館4F
◎三省堂書店 カルチャ-ステ-ション千葉店/千葉市中央区富士見2-3-1塚本大千葉ビル4F
◎紀伊國屋書店 流山おおたかの森店/流山市西初石6-185-2流山おおたかの森SC2F
◎多田屋 土気店/千葉市緑区小食土町742-39
◎博文堂書店 君津店/君津市東坂田1-3-6君津駅前ビル

【東京】
◎リブロ 大泉店/練馬区東大泉2-10-11リヴィンオズ大泉店4F
◎三省堂書店 新宿店/新宿区西新宿1-1-3小田急マンハッタンヒルズ10F
◎芳林堂書店 祐天寺店/目黒区祐天寺1-22-9
◎リブロ 錦糸町店/墨田区江東橋4-27-14リヴィン錦糸町店7F
◎リブロ 浅草店/台東区浅草1-25浅草ROXビル4F
◎東京旭屋書店 池袋店/豊島区西池袋1-1-25東武百貨店池袋店プラザ館7F
◎リブロ 吉祥寺店/武蔵野市吉祥寺本町1-5-1吉祥寺パルコB2F
◎ブックセンター荻窪/杉並区天沼3-3-2
◎リブロ 池袋本店/豊島区南池袋1-28-1西武池袋本店書籍館・別館
◎丸善 日本橋店/中央区日本橋2-3-10
◎紀伊國屋書店 新宿本店/新宿区新宿3-17-7
◎三省堂書店 神保町本店/千代田区神田神保町1-1
◎八重洲ブックセンター 本店/中央区八重洲2-5-1
◎未来堂書店/新宿区高田馬場2-17-4菊月ビル内
◎ブックス王子/北区王子1-13-15
◎ブックタウン/板橋区板橋2-64-15
◎ブックセンター滝山/東久留米市滝山5-12-3
◎大洋堂書店 緑町/小金井市緑町1-1-23
◎銀河書房/江戸川区中央4-7-1
◎稲田書店/葛飾区青戸3-33-13
◎渓川書店/台東区根岸1-9-9
◎三省堂書店 大丸東京店/千代田区丸の内1-9-1大丸東京店11F
◎芳林堂書店 高田馬場店/新宿区高田馬場1-26-5FIビル
◎リブロ 町田店/町田市森野1-14-17西友町田店7F
◎丸善 お茶の水店/千代田区神田駿河台2-8瀬川ビル1F
◎芳林堂書店 大井町店/品川区東大井5-7-13
◎三省堂書店 都庁店/新宿区西新宿2-8-1東京都庁第一本庁舎1F
◎小山ブックセンター/品川区荏原3-8-14
◎栄松堂書店 東京駅店/千代田区丸の内1-9-1東京駅一番街1F
◎堀江良文堂書店 綾瀬店/足立区綾瀬3-4-18エトセトラ内
◎紀伊國屋書店 玉川高島屋店/世田谷区玉川3-17-1玉川高島屋ショッピングセンタ-南館5F
◎東京堂書店 神田本店/千代田区神田神保町1-17
◎紀伊國屋書店 国分寺店/国分寺市南町3-20-3国分寺駅ビル8F
◎リブロ 調布店/調布市小島町1-38-1調布パルコ5F
◎リブロ 南町田店/町田市鶴間3-4-1グランベリ-モ-ルC棟1F
◎リブロ 国領店/調布市国領町3-1-38マルエツ国領店1F
◎リブロ 福生店/福生市東町5-1西友福生店Part2 1F
◎丸善 丸の内本店/千代田区丸の内1-6-4丸の内OAZO内
◎雄峰堂書店 兜町店/中央区日本橋兜町7-12山種ビルB1F
◎東西書店/国立市中1-8
◎芳林堂書店 新井薬師前駅店/中野区上高田5-43-20
◎よむよむ 羽村店/羽村市神明台1-3-20
◎よむよむ 花小金井駅前店/小平市花小金井1-8-3いなげや花小金井駅前店2F
◎ブックセンタ-クルネ店/東久留米市野火止1-3-3
◎日販WEBセンター/

【神奈川】
◎有隣堂 本店/横浜市中区伊勢佐木町1-4-1
◎島森書店 鎌倉店/鎌倉市小町1-9-3
◎芳林堂書店 関内店/横浜市中区真砂町3-33
◎三光堂書店/高座郡寒川町岡田935
◎敏正堂/相模原市緑区与瀬本町40
◎リブロ 小田原店/小田原市栄町2-9-39小田原EPO5F
◎三省堂書店 海老名店/海老名市中央1-1-1ViNAWALK一番館4F
◎島森書店 大船店/鎌倉市大船1-9-5
◎紀伊國屋書店 横浜店/横浜市西区高島2-18-1そごう横浜店7F
◎リブロ 港北東急SC店/横浜市都筑区茅ケ崎中央5-1港北東急4F
◎リブロ 東戸塚店/横浜市戸塚区品濃町536-1オ-ロラモ-ル東戸塚アネックス7F
◎NET21ブックピア/横浜市神奈川区新子安1-2-4オルトヨコハマビジネスセンタ-2F
◎NET21中原BL武蔵小杉店/川崎市中原区小杉町3-1
◎紀伊國屋書店 ららぽーと横浜店/横浜市都筑区池辺町4035-1ららぽ-と横浜3F 35090
◎三省堂書店 新横浜店/横浜市港北区新横浜2-100-45キュ-ビックプラザ新横浜8F

【新潟】
◎紀伊國屋書店 新潟店/新潟市中央区万代1-5-1ラブラ万代6F

【富山】
◎山口書店/富山市呉羽町6571
◎明文堂書店 富山新庄経堂店/富山市経堂123-4
◎紀伊國屋書店 富山店/富山市総曲輪3-8-6総曲輪フェリオ7F

【石川】
◎紀伊國屋書店 金沢大和店/金沢市香林坊1-1-1香林坊大和7F
◎ブック宮丸 金沢北店/金沢市諸江町上丁446

【福井】
◎紀伊國屋書店 福井店/福井市中央1-9-20福井西武新館5F
◎銀泉書店/武生市幸町3-6
◎常田書店/大飯郡高浜町三明1-2

【山梨】
◎よむよむ 敷島店/甲斐市中下条1080-1
◎よむよむ フレスポ甲府東店/甲府市和戸町880フレスポ甲府東ショッピングセンタ-内

【長野】
◎塩原書店 デリシア大町駅前店/大町市大町3109-1
◎リブロ 松本店/松本市中央1-10-30松本パルコB1F

【岐阜】
◎丸本書店 中曽根店/大垣市中曽根町2-2
◎山路書店/土岐市泉町大富264-13
◎かに書房/可児市下恵土今広5091
◎自由書房 EX高島屋店/岐阜市日ノ出町2-25岐阜高島屋9F
◎カルコス 本店/岐阜市菅生8-7-21
◎矢野書店/中津川市本町4-1-49
◎三省堂書店 大垣店/大垣市高屋町1-145大垣アピオ4F
◎いまじん 大垣店/大垣市本今町字西ノ側1639-1

【静岡】
◎宮脇書店 静岡店/静岡市葵区昭府1-18-1
◎焼津谷島屋 登呂田店/焼津市西小川2-1-8
◎サンライズ 初倉店/島田市井口869
◎本の王国 ザザシティ浜松店/浜松市中区鍛冶町100-1

【愛知】
◎いまじん 碧南店/碧南市城山町1-5-1
◎あおい書店 六名店/岡崎市六名南2-4-21
◎丸善 名古屋栄店/名古屋市中区栄3-2-7
◎書林房 五常/名古屋市昭和区阿由知通5-13
◎リブロ 名古屋店/名古屋市中区栄3-29-1パルコ東館4F
◎三省堂書店 名古屋高島屋店/名古屋市中村区名駅1-1-4JR名古屋高島屋11F
◎泰文堂 日比野本店/名古屋市熱田区西郊通2-16
◎白水書店/名古屋市南区鶴見通2-2-6
◎本のメグリア 豊南店/豊田市前山町4-5-1
◎こみかるはうす ベルコート店/尾張旭市狩宿町4-73-74
◎榮進堂書店 イーズ店/名古屋市千種区井上町78
◎文京堂書店/名古屋市名東区一社1-87ユウトクビル1F
◎本のメグリア 本店/豊田市山之手8-92メグリア本店3F
◎いまじん 戸田店/名古屋市中川区戸田明正2-110バロ-2F
◎春日井ブックセンター/春日井市高山町3-7-16
◎フタバ図書 TERAワンダーシティ店/名古屋市西区二方町40mozoワンダ-シティ4F
◎いまじん 春日井南店/春日井市美濃町2-3

【三重】
◎宮脇書店 鈴鹿店/鈴鹿市末広南1-1-1
◎別所書店 修成店/津市修成町20
◎宮脇書店 伊勢店/伊勢市中村町鳥居通736-2
◎宮脇書店 新松阪店/松阪市大黒田町515-1
◎ブックスアルデ/名張市箕曲中村18
◎宮脇書店 伊賀上野店/伊賀市小田町696-1
◎ビッグウィル 四日市店/四日市市諏訪栄町7-34近鉄百貨店四日市店内

【滋賀】
◎あおい書店 彦根店/彦根市西沼波町175-1
◎ブックプラザ/彦根市銀座町6-4
◎紀伊國屋書店 大津店/大津市打出浜14-30大津パルコ5F
◎本のがんこ堂 石部店/湖南市石部東6-1-7

【京都】
◎淀徳書店 丹後大宮店/京丹後市大宮町周枳字藤内2247
◎アバンティブックセンター 京都店/京都市南区東九条西山王町31アバンティビル内フィスミ-京都店6F
◎たぬき堂書店/京都市右京区太秦堀ケ内町31-10
◎紀伊國屋書店 MOVIX京都店/京都市中京区新京極通三条下ル桜之町415京都松竹座
◎宮脇書店 亀岡イオン店/亀岡市古世町西内坪101亀岡イオン3F

【大阪】
◎ミナ書房 オアシス店/堺市美原区菅生769-1
◎大和田書店 南店/門真市野里町9-25
◎正和堂書店 鶴見店/大阪市鶴見区鶴見3-6-12
◎野村呼文堂/枚方市岡本町6-1-103ビオルネ南館1F
◎旭屋書店 天王寺MiO店/大阪市天王寺区悲田院町10-39天王寺MiO9F
◎紀伊國屋書店 梅田本店/大阪市北区芝田1-1-3阪急三番街
◎ジュンク堂書店 千日前店/大阪市中央区難波千日前12-7Y.E.S.NAMBAビル内1〜3F
◎ジュンク堂書店 大阪本店/大阪市北区堂島1-6-20堂島アバンザ内1〜3F
◎旭屋書店 本店/大阪市北区曽根崎2-12-6
◎三京書店 本町店/大阪市中央区安土町3-2-14ampm安土町三丁目店内
◎ヒバリヤ書店 本社/東大阪市足代2-5-24
◎田村書店 千里中央店/豊中市新千里東町1-3-321せんちゅうパル3F・4F
◎野村呼文堂 京阪枚方市駅店/枚方市岡東町19-1京阪ザストア-枚方店内
◎三京書店 心斎橋店/大阪市中央区南船場3-3-10
◎PIT INN/大阪市東成区東中本2-17-27
◎紀伊國屋書店 泉北店/堺市南区茶山台1-3-1パンジョ4F
◎宮脇書店 泉佐野店/泉佐野市下瓦屋2-2-77ショッパ-ズモ-ル泉佐野店2F
◎パルネット 栂美木多駅前店/堺市南区原山台2-2-1
◎パルネット 深井駅前店/堺市中区深井沢町3290深井プラザ2F
◎宮脇書店 大阪柏原店/柏原市堂島町2-20
◎自由堂書店 新大阪店/大阪市淀川区西中島3-23-16セントランドビル1F
◎紀伊國屋書店 堺北花田店/堺市北区東浅香山町4-1-12-136イオンモ-ル堺北花田プラウ4F
◎田村書店 北千里店/吹田市古江台4-2-25-111
◎ヒバリヤ書店 ロンモール店/東大阪市長堂1-1-52ロンモ-ル布施東館
◎ヒバリヤ書店 山本店/八尾市山本町南1-3-4
◎リブロ イオンモール鶴見店/大阪市鶴見区鶴見4-17-1イオンモ-ル鶴見リ-ファ4F
◎リブロ あべちか店/大阪市天王寺区堀越町アベノ地下街7号

【兵庫】
◎海文堂書店/神戸市中央区元町通3-5-10
◎三和書房/尼崎市昭和南通7-161
◎西村書店/加西市北条町横尾字一本松285-1
◎さんファイブ宣文堂書房/尼崎市南塚口町2-1-3サンサンタウン3番館5F
◎おきな書房/尼崎市立花町1-5-16
◎ジュンク堂書店 三宮店/神戸市中央区三宮町1-6-18
◎ジュンク堂書店 明石店/明石市大明石町1-6-7明神ビル内B1・1・2F
◎紀伊國屋書店 加古川店/加古川市加古川町篠原町三ツ升21-8ヤマトヤシキ加古川店6F
◎紀伊國屋書店 川西店/川西市栄町11-1モザイクボックス4F
◎ジュンク堂書店 西宮店/西宮市北口町1-1アクタ西宮西館4F
◎宮脇書店 神戸北店/神戸市北区有野中町3-13-31
◎宮脇書店 マルナカ西宮店/西宮市浜松原町21-1
◎リブロ 明石店/明石市東仲ノ町6-1アスピア明石南館2F
◎Begin 誠心堂店/姫路市東辻井3-3-5
◎ブックスモリタ/養父市上野字峠1700-1
◎リブロ 西明石店/明石市小久保2-7-10ステーションプラザ西明石2F
◎フタバ図書 GIGA明石店/明石市二見町西二見89-3

【奈良】
◎森谷書店/香芝市下田西3-4-24
◎宮脇書店 田原本店/磯城郡田原本町阪手180-1
◎庫書房/大和郡山市下三橋町435-11
◎啓林堂書店 奈良店/奈良市西御門町1-1
◎啓林堂書店 郡山店/大和郡山市南郡山町527
◎BAUHAUS/桜井市谷新道3-259-1
◎啓林堂書店 奈良三条店/奈良市三条町497-1
◎旭屋書店 イオン奈良登美ケ丘店/生駒市鹿畑町2501-1イオン奈良登美ケ丘SC3F
◎リブロ イオン天理店/天理市東井戸堂町381イオン天理ショッピングセンター1F

【和歌山】
◎福岡書店/海南市名高536-24センタ-プラザ1F
◎あおい書店/田辺市湊1073
◎荒尾成文堂/新宮市千穂2-3-8
◎帯伊書店/和歌山市元寺町1-69
◎とこり書店 オークワ店/有田市新堂10-3オークワ箕島店1F

【鳥取】
◎ブックセンターコスモ 米子店/米子市日ノ出町1-8-13

【岡山】
◎ブックスフリーウェイ 新見店/新見市高尾2468-1
◎丸善 岡山シンフォニービル店/岡山市北区表町1-5-1
◎紀伊國屋書店 クレド岡山店/岡山市北区中山下1-8-45NTTクレド岡山ビル4・5F
◎津山ブックセンター/津山市河辺1150-8
◎フタバ図書 MEGA岡山青江店/岡山市南区泉田22-3

【広島】
◎フタバ図書 MEGA祇園中筋店/広島市安佐南区中筋4-11-7
◎啓文社 ポートプラザ店/福山市入船町3-1-25天満屋ハピ-タウン1F
◎ジュンク堂書店 広島駅前店/広島市南区松原町9-1福屋広島駅前店10F
◎フタバ図書 GIGA広島駅前店/広島市南区松原町2-22
◎明文堂書店/大竹市新町1-6-6
◎コムズ 書籍売場/広島市安佐北区安佐町飯室1592
◎リブロ 広島店/広島市中区新天地2-1広島パルコ新館5F
◎フタバ図書 ソフトピア宮内店/廿日市市宮内北山1072-1
◎フタバ図書 紙屋町店/広島市中区紙屋町2-2-34
◎フタバ図書 ソフトピア海田店/安芸郡海田町南大正町3-33
◎フタバ図書 TERA広島府中店/安芸郡府中町大須2-1-1-3022
◎フタバ図書 GIGA上安店/広島市安佐南区上安2-27-2
◎フタバ図書 GIGA祗園店/広島市安佐南区祇園3-2-1イオンモ-ル広島祇園2F
◎フタバ図書 アルティアルパ-ク北棟店/広島市西区草津南4-7-1

【山口】
◎幸太郎本舗 TSUTAYA宇部店/宇部市島3-3-8
◎BOOK GROVE 大内店/山口市大内長野581ザビッグ大内店内
◎宮脇書店 徳山店/周南市周陽1-2-23
◎フタバ図書 GIGA防府店/防府市鐘紡町7-1ロックシティ防府1F

【徳島】
◎さくら書房 国府店/徳島市国府町井戸字堂ノ裏38-5
◎紀伊國屋書店 徳島店/徳島市寺島本町西1-5そごう徳島店8F
◎小山助学館 鳴門店/鳴門市撫養町小桑島前浜19

【香川】
◎高松書林/高松市兵庫町2-9

【愛媛】
◎明屋書店 松山本店/松山市湊町4-7-2

【福岡】
◎紀伊國屋書店 福岡本店/福岡市博多区博多駅中央街2-1福岡交通センタ-ビル6F
◎ブックイン金進堂 長者原店/糟屋郡粕屋町長者原313-1
◎BOOKINN金進堂 原田店/福岡市東区原田3-245-3
◎中島書店/久留米市国分町1197-8
◎エスパル遠賀 白石書店/遠賀郡遠賀町松の本4-1-22
◎ジュンク堂書店 福岡店/福岡市中央区天神1-10-13メディアモ-ル天神1〜4F
◎リブロ 福岡西新店/福岡市早良区西新4-1-1西新エルモ-ルプラリバ6F
◎リブロ 久留米店/久留米市天神町1-1久留米岩田屋新館4F
◎リブロ 春日店/春日市春日5-17ザ・モ-ル春日2F
◎紀伊國屋書店 久留米店/久留米市新合川1-2-1ゆめタウン久留米2F
◎リブロ 西鉄平尾店/福岡市中央区平尾2-5-8西鉄平尾駅ビル2F
◎紀伊國屋書店 ゆめタウン博多店/福岡市東区東浜1-1-1ゆめタウン博多2F
◎フタバ図書 TERA福岡東店/糟屋郡粕屋町酒殿字老ノ木192-1-2001
◎丸善 博多店/福岡市博多区博多駅中央街1-1アミュプラザ博多8F

【長崎】
◎ブックマート諫早/諫早市永昌町19-19
◎清文堂/対馬市上対馬町大浦61-1
◎ブックス丸屋/松浦市志佐町浦免1315-1

【熊本】
◎リブロ 熊本店/熊本市桜町3-22くまもと阪神6F
◎蔦屋書店 熊本三年坂/熊本市安政町1-2カリ-ノ下通店1F

【大分】
◎おおくま書店/別府市馬場6組-2
◎リブロ 別府店/別府市北浜2-9-1トキハ別府店本館4F
◎リブロ 大分わさだ店/大分市玉沢字楠本755トキハわさだタウン2街区3F
◎明屋書店 臼杵野田店/臼杵市野田205

【宮崎】
◎津江書店/宮崎市中村東1-3-8
◎フレンド山崎/西都市妻町2-5
◎見聞読タナカ 吉村店/宮崎市吉村町長田甲2358

【鹿児島】
◎丸善 天文館店/鹿児島市中町3-15ヴィストラルビル内
◎米永書店/指宿市十町239
◎旭屋カルチャースクエア イオン鹿児島店/鹿児島市東開町7イオン鹿児島ショッピングセンター2F
◎ブックスミスミオプシア/
◎丸善天文館店/
◎BOOKS十番館プラス1/

【沖縄】
◎BOOKSきょうはん 美浜店/中頭郡北谷町美浜8-3イオン北谷店2F
◎宮脇書店 太陽書房 美里店/沖縄市美里1120
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 絵本

2011年05月10日

無能でも出来る総理大臣

テレビで菅総理の顔を観ると本当に気分が悪くなります。
浜岡原発を止めた事で何やら有頂天になっているようで、記者のインタビューにもニコニコ顔で答えていました。
本当にこの人は勘違いしています。
きっと自分で大満足しているのでしょうね。
それが顔に出ていて、それが伝わってきて、本当に情けなくなります。

浜岡原発を停める指示を出すだけなら、誰だって出来るでしょう。
問題は停めた後の問題の対策です。
そこは全く説明が無くて、ただただ「原発停止を受入れてもらって良かった」と喜んでいる。
もうねえ〜本当に情けないし、本当にむかつきます。

今回の浜岡原発停止要請に対して、賛否両論分れています。
テレビに出てくる人でも、「ひとまず止めた事は評価すべき」という人もいる。
大英断だとまで言う人もいます。
さらには否定的な意見を持ち出して「何でもかんでも否定すべきではない」なんて人までいて、こちらも呆れてしまいます。

しかし良識のある人は、「止める事は方向性として正しいが順序が違う」と指摘しています。
つまり、止める前にちゃんと試算をして、足りなくなる電力をどう補うのか、停めた後の燃料棒等の安全管理をどうするのか。
そんな事をしっかりと検討した上で停止要請を出すべきと指摘しています。
私もまさしくその通りだと思います。
菅総理のやっている事は、計画性も何も無く、本当に思いつきで行っています。
「今原発を止めたら評価を得られる」という思惑で動いている事がミエミエなんです。

しかも、必ず「国民の皆様の協力を得て・・・」と、責任を国民に向けようとします。
自分は思いつきで行動して、その結果のしわ寄せを国民に押し付ける。
なんちゅ〜総理大臣やねん。そんな総理大臣ならいない方がマシだ。

それにしてもマスコミも大人しいですね。
なんで菅総理を叩こうとしないのでしょうか?
麻生政権の時に、漢字を読み間違えただけで、あれだけボロクソに叩いたマスコミはどこへ行ったのでしょう?
バーで夕食を食べているとか、カップ麺の値段を知らないとか、本当にくだらない事で批判していたマスコミ。
今の菅政権の無能ぶり無策ぶりを、なぜもっと叩かない。
まぁ、自分たちが応援して誕生させた民主党政権だから叩けないか。

しかしそんなマスコミも徐々に変わりつつある気がする。
最近、青山繁晴氏や岸博幸氏等が出演する事が多い。
自ら出演している訳では無いので、テレビ局からの要請があっての出演です。
青山氏も岸氏も、菅政権は統治能力が無く、早急に変えるべきと指摘しています。

今、マスコミの中も大きく変わろうとしているのかも知れません。
マスコミの中にも良識の人がいるハズです。
何とか変わろうとしているのかも知れません。

変わらないのは菅総理の無能だけですかね。
自分を知らない人って本当に哀れです。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年05月09日

パチンコなんていらない

なんじゃ〜この暑さは〜(@@;)
つい先日まで「寒い〜」って言っていた気がするのですが、ようやく暖かくなったと思ったら、突然のこの暑さ。
あまりの暑さに堪えきれなくて、クローゼットからサーキュレーターを引っ張り出して来ました。
「これくらいの暑さでなんじゃい」と怒られそうですが、堪えられないのは私よりもMacの方なのです。
暑くなってくると、PowerMac G5のファンが勢いよく回り始め、うるさくて仕方ないのです。

ただでさえ暑くて集中出来ないのに、ファンの音でさらに集中できなければ仕事になりません。
そんな訳で今日はサーキュレーター始動初日となりました。
さすがにまだクーラーは早いので点けませんが、今年はもしかすると例年より早いクーラー開始になるかも知れません。

中部電力が浜岡原発の停止要請を受ける事を発表したので、今年の夏は全国的に節電を求められそうですね。
節電するのは大事な事ですが、必要な電気まで消すのはやめて頂きたいです。
暑いのを我慢して熱中症になったり、電気を消して暗くして目を悪くしては、何の意味もありません。
節電をするのは、本当にムダな電気からカットしていかなくてはなりませんね。

関東で計画停電が行われた時に、石原都知事が「自販機とパチンコはムダだ」とバッサリと切り捨てました。
かなり議論を呼んでその発言自体を批判する人もいました。
しかし、私は大いに賛成です。
特にパチンコなんて必要ありません。

私は社会人になった時に、一度だけ興味でパチンコに入った事があります。
薄暗い店内で大音量で音楽が流れ、これに負けないくらいジャンジャラジャンジャラ音がしています。
たばこの煙が充満したような臭いの中で、1000円でパチンコをやりましたが、ものの数分であっという間に終ってしまいました。
もし、この時1000円で大当たりして、ボロ勝ちしていたらハマッていたかも知れません。
この時負けていて本当に良かったと思います。

そもそもパチンコで勝ち続ける事なんで出来ないし、大金をつぎ込んで負け続けている人がいるから、パチンコがこれだけ繁栄しているのです。
あれだけの一等地に大きな建物を建てて、物凄い電気を使ってそれで売上をあげるのですから、冷静になって考えれば解る事なんですけどね。
パチンコにはまるとそんな思考は飛んで行ってしまうのでしょう。

パチンコが趣味という人もいるのでしょうが、果たしてその人達はパチンコで勝っても、それがお金に換金出来なくてもパチンコをするでしょうか?
パチンコをしている人の殆どが最終目的はお金だと思います。
パチンコを打つのが楽しいのでは無く、その事によりお金が手に入るのが嬉しいのではないでしょうか?
だから生活保護を受けていながら、もらったお金をパチンコにつぎ込んでしまうという人が増えるのです。

パチンコは換金システムを廃止すべきだと思います。
そもそもお金に代えるのであれば、それは賭博です。
それが正々堂々と町中で駅前で営業をしている事がおかしい。
パチンコで勝ったらパチンコ専用のメダルを発行して、次にまたパチンコで遊べるようにすれば良い。
娯楽ならそれで十分でしょう。
娯楽と言いながら、お金を得る事は違法です。

それに真っ昼間なのに、店内を薄暗くしてムダな照明や大音量を流す必要はありません。
これこそムダです。みんなが必死で節電している中で、不必要な電力を使っていると思います。
本来なら政府はこう言うところに節電の要請を行うべきです。
しかし、出来ないでしょうね。
国会議員の中にはパチンコ業界から支援を受けている人が大勢います。
そしてマスコミも取り上げません。
何たってパチンコは大量のCMを流すビッグスポンサーです。
首根っこを掴まれているようなものです。

今年の夏は本当に電力不足が起きる可能性が高いです。
そうなった時に、また「計画停電」等と言われて、突然電気を断切られたらたまったもんじゃありません。
浜岡原発を停める事は簡単です。しかし、その後の対策が問われているのです。
菅総理は浜岡原発を停めた事で満足している事でしょう。
「これで俺の株も上がった」と喜んでいるのでしょう。
停める事くらい誰だって出来ます。総理大臣であれば誰でも出来るのです。
問題はその後の対策です。きっと何も考えていないのでしょうね。

日本はますます苦しいところに追い込まれていきます。
皮肉にもそれを押し進めているのが、国のリーダーの総理大臣です。
この人は本当に「最小不幸社会の実現」では飽き足らず「最大不幸社会の実現」を目論んでいるのではないでしょうか。
菅政権が続く限り、日本に未来はありません。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 私の思うこと

2011年05月08日

身内試合でしたが

今日は市民体育大会の剣道試合でした。
息子も当然出場しました。

息子が剣道を始めた頃までは、市内に二つの剣道教室があり、市民体育大会ではその教室同士の対抗試合のような感じでした。
しかし、息子が剣道を始めてから1年で、二つの教室が一つになり、剣道クラブとして現在に至っています。
ですから今日の試合は、いつも稽古をしている者同士での試合となりました。
小学生1・2年の部。3・4年の部、5・6年の部と分れて試合。
他にも中学生、高校生、一般と試合が行われました。

小学生は各部に分れて総当たり戦で行われました。
勝ち数・本数(1本を取った数)を合わせて、もっとも得点の高い人で順位が決まります。
小学1・2年の部は見ていてほほ笑ましい、可愛らしい試合でした。
しかし、本人達は必死です。
小さな身体でも勝ちに行く姿は勇ましく見えました。

3・4年生の部は多少身体も大きくなり、動きも素早くなり、試合らしい試合をしていました。
2〜3年後にはこの子達が、剣道クラブの活躍を担うのかと思うと、嬉しくなり期待してしまいます。
まだまだ粗っぽさの残る試合ですが、みんな必死に頑張っていました。

最後は5・6年生の部です。
さすがに5・6年生になると安心して見ていられます。
現在の戦力が集中する部ですから、試合もそれなりに見ごたえがありました。
その中でも、やはり力を見せたのは、6年生達でした。
息子を含め4人の6年生が力を見せる中、5年生も必死で食い下がります。

全体的に感じたのですが、力の差があまり無くなっている感じがしました。
6年生は6年生で成長しています。力もついてきています。
それに5年生が必死で食い下がっている。
全体的に力がついてきている気がしました。

息子は最初は5年生の女の子と勝負。
これまでなら殆ど勝っていた相手です。
しかし、決め手が決まらず結局引き分け。
その後は二つの引き分けと、三つの勝ち。

優勝は6年生の女の子。
指導している先生の娘さんなので、やはり強いです。
続いての2位は、息子と同級生の男の子が同点で並びました。
そこで急きょ、2位決定戦が行われました。
先に1本取った方が勝ちです。

学校でも同じクラスの二人。
日頃はふざけ合ってはしゃいでいる二人ですが、この時は真剣勝負でした。
2分間の試合でも結局勝負がつかず、そのまま延長戦へ。
延長戦も結構な時間がかかりました。
最後はお互いに打ち合った面で、息子に軍杯があがりました。

2位決定戦を闘った二人は、すがすがしい顔をしていました。
勝っても負けても悔いの無い試合をどちらもしたようです。

今回の市民体育大会は、身内だけの試合です。
しかし、ここから得た物は大きい気がしています。
お互いに切磋琢磨する刺激が生まれた気がします。

今回嬉しかったのは、息子と2位争いをした男の子の成長。
急激に成長している気がします。
後から息子に聞いたのですが、2位決定戦が決まった時、息子は「絶対に負けたくない」と思ったらしい。
息子もライバルとして見て、相手の男の子も息子をライバルとして見る。
しかし、試合後はまたいつものように、じゃれ合って遊ぶ。

今までは「絶対に負けない」というお互いをライバル視する気持ちなど無かった。
しかし、ここに来て良きライバルとして相手に対して「負けたくない」という気持ちを持つ事は、大きな成長だと思います。
息子は今、伸び悩んでいます。
本人もそれを何となく解っています。
先日の試合でも、勝てる試合でしたが、日頃の稽古の成果が出なかった。
息子にとっても今回の市民体育大会は、良い機会になったと思います。
そして何より全体の力が上がってきている事が感じられる大会でした。

最後に親ばかな話をひとつ。
今日の大会の選手宣誓を、突然先生から息子は告げられたようです。
準備体操をしている最中に呼ばれ、選手宣誓を告げられたそうです。
突然の選手宣誓にも関わらず、しっかりと選手宣誓をしていました。
最後の道場名を名乗る所で、若干つまり考え込むような時間もありましたが、それ以外はしっかりと出来ていました。
日頃は頼りないと思っていた息子が、ひとつ成長した姿を見せられた気分でした。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年05月07日

ゴールデンウィークの思い出

今日は空気が澄んで気持ちの良い五月晴れでした。
この季節、桜も終り新緑が芽吹いています。
山々も新緑でところどころ色が違って見える。
すがすがしい気持ちになります。

我が家ではゴールデンウィークは終りましたが、明日までゴールデンウィークという方も多いでしょうね。
大手企業等は4/29からの10連休のゴールデンウィークかと思います。
そんな長い休みがあったら、私なら何するかな?
でも、昔は私もそんな長いゴールデンウィークを過ごしていました。

私は今の仕事をする前は、某一流の電機メーカーの技術職として務めていました。
今では世界に名の通る一流企業です。
もちろん完全週休二日でしたし、ゴールデンウィークも長かったです。
今から振り返ると、なんと恵まれた環境だったのだろうと思います。

しかし、ゴールデンウィークはあまり思い出がありません。
当時は寮に入っていましたから、ゴールデンウィークも寮で過ごしていました。
帰省すれば良いのですが、夏休みに帰省するのでゴールデンウィークは帰省しませんでした。
そんなにお金も無かったですからね。

寮に入っている人は、各地方から来ている人ですが、私のように飛行機でないと帰れない人は少ない。
みんなゴールデンウィークになると、車で故郷へ帰省していきます。
ですからゴールデンウィーク期間中の寮は、本当に静かでした。
食堂も休みになるので、ご飯は自分で買ってくるしかありません。

今となってはどうやって過ごしていたのか、あまり覚えていない(^^;)
確か入社して1〜2年の頃は、大阪の叔母さんの家にお世話になっていたと思います。
その後は大阪の姉の所へ転がり込んだりしていました。
時間はたっぷりあったのですが、長いゴールデンウィークを持て余していた気がします。
今となっては勿体無い時間ですね。

ゴールデンウィークの思い出は、やはり結婚して子供が出来てからの方が多いです。
今は本当に時間がありませんが、そんな中でも子供達と思い出が作れるのは幸せです。
人間っていくら時間があっても、それを使える環境に無ければ、本当に時間を潰すだけになります。
お金も同様にいくらあっても、使える環境に無ければ無意味な物なんでしょうね。

時間は持て余した事がありますが、お金は持て余した事無いので、今度は是非お金を持て余してみたい(笑)
まぁ、そんな事言っている内は、お金なんて入ってこないし、例え入ってきたとしても、使う用途が多いので持て余せないでしょう。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年05月06日

原発止めちゃえ

またまたやってくれましたね。菅総理。
突然静岡の浜岡原発の停止要請を発表しました。
この人は本当に思いつきで政治を行っているとしか思えません。

確かに浜岡原発の危険性は指摘されていました。
東海沖地震が発生した場合、津波の被害を受ける可能性が極めて高い。
今回の福島第一原発の津波被害を見て、浜岡原発の津波対策が不十分である事は素人目からも解ります。
しかし、その危険性があるから「すぐに原発を停止」という判断を下すのは、あまりにも単純過ぎます。
原発を止める事で足りなくなる電力は、どのように確保するつもりなのでしょう?
またもや国民に節電を求め自粛を求めるのでしょうか?

「原発は要らない」「今後は新たなクリーンエネルギーを」と考えている人が多い事は事実です。
しかし、そう考えている人も、「現状は原発が必要」「現状の危険性を取り除く事が最優先」と考えていると思います。
つまり現実問題として、原発はすぐには止められないが、将来的には原発に代わる発電技術が必要。と考えている。
そんな事は小学生でもわかる事だと思います。

浜岡原発で今すぐにやらなくてはならない事は、津波の被害を想定した対策です。
津波防止の防潮堤の設置。
津波被害が起きた時の電源の確保。
福島第一原発と同様の被害が起きた場合の対策マニュアルの作成と訓練の実地。
つまりは現状で起きるであろう事を想定し、それに備える事が一番大切な事です。

しかし、菅総理は福島第一原発と同様の事が起きる事を想定して、「原発を止める」という最も単純な事を選択しました。
こんな判断は誰でも出来ます。
不要な原発なら簡単に「止めよう」と言えますが、必要だから原発を作ったのです。
菅総理の判断は、「車に乗ると排気ガスが出るから車に乗るな」と言っているのと同じです。
車は走らせれば事故が起きる可能性があります。
どんなに注意していても、相手から突っ込んでくる場合もあります。
その場合どうするのか?事故が起きた場合の事を想定して保険に入り、事故の危険性を認識しながら運転をします。

しかし、「車は危険だから乗るな」と言われれば、私たちの生活は成り立ちません。
より安全な車の開発や、車に代わる新しい乗り物等出来るのであれば良いですが、現状では車は必要です。
車が必要な人々に「自転車で頑張ってくれ」と言っているようなものです。

おそらく菅総理は、福島第一原発の事故で批判を受け、補償問題が起きた事を危惧しているのでしょう。
浜岡原発で事故が起きれば、また批判を受けるし補償問題が出てくる。
それならば手っ取り早く停止してしまった方が良いと判断したのでしょう。
結局は保身のためです。国や国民のためではありません。

本当にこの人はどんどん日本を悪くするために、総理大臣をやっているように思えます。
何たって目標は「最小不幸社会の実現」でしたからね。
最小限では飽き足らず、日本を最大限不幸にするために頑張っているのでしょう。
今回の決断できっと本人は「自分で決断して自分で発表した」と大満足しているのでしょう。
誰も評価はしませんが、身内だけで「総理の一大決心」と喜んでいるのでしょうね。
今や日本国民と日本政府は同じ国の中で、全く違う価値観で存在しています。
日本国民に支持されない政府など、日本政府ではありません。
一日でも早くこの政権を終らせて、まともな政権を誕生させなくては、日本は本当に最大不幸の社会になります。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:05 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2011年05月05日

奈良公園で野試合

柱の〜傷は〜おととしの〜五月五日の背比べ〜♪

今日は五月五日こどもの日でした。
お休みですが、息子の剣道の試合があったので、家族で試合に出かけました。
今回の試合は奈良の春日大社への奉納試合。
試合会場は奈良公園内の飛火野で行われました。
芝生の上で行う野試合です。

試合は個人戦のみで、息子の他に二人参加しました。
結果は一人だけ2回戦まで行きましたが、息子ともう一人は1回戦敗退でした。
参加している道場を見ると、強豪ばかりが参加しています。
しかし、対戦してみて負けはしたものの、決して勝てない相手ではなかった。

特に息子は勝てる試合でした。
それが解っていたからでしょうか。
試合後、私たちと顔を合わせようとせず、私が話しかけても逃げるように立ち去りました。
こう言う時はほっとくのが一番です。
しばらく一人にさせていると、息子の方から寄ってきました。

ここで私が何か言っても逆効果だと思ったので、「試合観とけよ」と言って、試合を見せました。
きっと悔しかったのでしょう。
私たちから見ても十分に勝てる相手でした。
日頃の稽古でやっている事を出し切れば、十分に勝てていました。

今日の悔しい思いを、これからの稽古で思い出しながら頑張ってほしいです、
そうすれば、次の試合に繋がります。
悔しさをバネに頑張れば、それだけ結果はついてくると思います。

試合は午前中で終ったので、そのままそこでお弁当を食べてから帰りました。
朝一番に来た時は、お天気も曇り空で、少々肌寒ささえ感じました。
しかし、お昼前にはお天気になり、気温も上がり始めました。
ゴールデンウィークのこどもの日でもあり、観光客も多かったです。

我が家のゴールデンウィークはこうして終りました。
しかし、帰ってきてから私はもう一仕事。
昨日買った夏野菜の苗を植えました。
元気に育ってくれますように。
美味しい夏野菜が食べられますように。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年05月04日

夏野菜を食べるために

昨日の長距離運転でさすがに今日は疲れが出ました。
朝もなかなか起きれず、起きたのは9時過ぎ。
年とともにどんどん疲れが取れなくなっています。
午前中は家でゆっくりとして、午後からはお買い物に出かけました。
野菜の苗を買いに行くためです。

ここ数年、毎年夏野菜を植えています。
キュウリやミニトマトなどは、初心者でも比較的簡単に出来るので、毎年キュウリとミニトマトだけは植えています。
簡単だし、そんなに手をかけなくて良いし、実がなると当然食べる事が出来ます。
子供達にも実ったキュウリやトマトを、もぎってもらって食べてもらうので、食育的にも良いかなと思っています。

昨年は茄子も植えたのですが、やはり茄子は難しいようで、完ぺきなまでに失敗しました。
今年はキュウリとミニトマト、後はピーマンとオクラを植えてみようと思って苗を買ってきました。
よくテレビなどで家庭菜園の情報が出る時があります。
その時に農薬を使いたくないけど虫が付くのは嫌だ・・・という事で、虫よけの役目のハーブを植える事を放送しています。
ハーブの強い香りが虫を近づけないので、野菜と一緒にハーブを植えると良い。

私たちもハーブを植える予定で買いに行ったのですが、何とハーブと野菜をセットで販売していました。
この野菜とこのハーブ・・・という風に、苗がセットになって売っているのです。
例えばミニトマトとバジルとニラ。といった風に3点の苗が一つになって売られています。
それぞれの相性に合わせてまとめて売っているようです。

確かにこれは良い方法です。
私たちのような初心者で、夏野菜くらいしか栽培しない怠け者にとっては、オススメの売り方です。
当然キュウリと相性の良いハーブのセット苗。
ミニトマトと相性の良いハーブのセット苗。
どちらも買って帰りました。

帰ってきたらもう6時だったのと、さすがに疲れがたまっていたので、今日は作業は出来ませんでした。
明日はまた、午前中は息子の剣道の試合なので、夕方にでも畑仕事したいと思います。
夏になればキュウリやミニトマトが食べられます。
そのためにも頑張って畑作業したいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年05月03日

アドベンチャーワールドへ

ちょいとそこまで・・・という距離では無かったのですが、お出かけして来ました。
場所は「南紀白浜アドベンチャーワールド」。
ご存知の方も多いと思いますが、和歌山の白浜にあるレジャーランドです。
サファリ・水族館・動物園・遊園地が一つになったような所です。

我が家では、よくゴールデンウィークにアドベンチャーワールドに出かけます。
しかし、ここ3年くらいは行っていません。
長女が2歳の時に行ったきり、しばらく行っていなかったのです。

今回は嫁さんが仕事終って帰ってきてから、晩ご飯・お風呂を済ませてからの出発。
家を出たのは22時半頃でした。
そこから夜中に車を走らせます。
高速で走れば2時間半ほどで着きますが今回は下道で走りました。

子供達は興奮の中、夢の中へと眠りにつきました。
嫁さんが助手席に座り、いろいろと話をしながら、国道24号線を南へ下ります。
和歌山からは42号線をひたすら南下。
途中、休憩も兼ねてコンビニに立ち寄り、深夜の3時半頃に到着しました。
約5時間かけての深夜のドライブです。

アドベンチャーワールドの駐車場はすでに開いていて、中に入るとすでに開園待ちの車が多数駐車していました。
みんな考える事は同じなのですね。
夜中に着いて車の中で仮眠して、朝一番からアドベンチャーワールドに入るのです。
子供達は爆睡しています。
私たちも車のシートを倒して、仮眠を取りました。

朝6時半には目覚め入口を見てビックリ。
もう入口に人が集まっています。
そして私たちが朝ご飯を食べている間にも、人が続々やってきて、入口に長蛇の列ができています。
おそらく開園は8時頃。
まだ1時間以上もあると言うのに、凄い人の列でした。

私たちも朝食を済ませ、開園の時間に合わせて入りました。
入口が広いので、あっという間に長蛇の列は解消。
どんどん中に人が吸い込まれていきます。
アドベンチャーワールドの中は、家族連れやカップルで大盛況。

まずは海獣館でシロクマやペンギン・ラッコ等を見ました。
長女は2歳の時に来ていますが、記憶に無いので実質初めてです。
夢中でシロクマやペンギンを見ていました。
そして次女もベビーカーの中から、興味深そうにいろいろと見ていました。

その後、アニマルショーが始まる会場へ。
見やすい場所にスタンバイしてショーが始まるのを待ちます。
ここではアシカを中心にショーが行われます。
アシカ以外にも色んな動物が出てきて会場は歓声の渦でした。

アニマルショーが終ると、一斉に観客が動き出します。
続いて隣のプールでイルカのショーが行われるのです。
我が家も私と息子が先に移動して、何とか座席を確保しました。
それでも真ん中は取れず、左端の前の方に何とか確保しました。

イルカのジャンプや調教師との息の合った演技に会場は感動と歓声の渦でした。
子供達も夢中で見ていて、次女は会場の拍手に合わせて、自分も手をパンパンしていました。
きっと長女と同じように、記憶に無いけどビデオで見るのでしょうね。

その後もパンダを見たり、サファリでゾウやキリン、ライオンやトラ等を見ました。
長女は乗り物に乗りたいようで、メリーゴーラウンドに乗りました。
もう5歳だから・・・という事で、初めて一人で乗りました。
最初は緊張した面持ちでしたが、3週目あたりから笑顔で乗っていました。
拾い園内には様々なスポットがあります。
鳥が沢山いる施設や、小動物と触れ合えるゾーン等、いろいろと楽しみました。

今日はゴールデンウィーク後半戦の初日とあって、物凄い人の数でした。
お昼ご飯を食べようと、お店に並びましたが、こちらも長蛇の列。
お昼ご飯を食べるまで1時間ほどかかりましたが、遅めのお昼ご飯を済ませた頃には、ポツポツと雨が降り出しました。
予定では3時頃には出る予定でしたので、後はショッピングをして4時頃に出ました。

子供達もみんな大満足したようでした。
アドベンチャーワールドを出た途端に雨が本降りになり、タイミング良かったです。
折角白浜まで来るのですから、温泉でも入ろうと、予め調べていた温泉へ向かいました。
「綱の湯」と言う、白浜温泉の中の一つで、小さな温泉施設です。
熱めのお湯で、目の前が海と言う事もあってか、硫黄の臭いと共に潮の香りもかすかにします。
温泉で身体を温めたら、大渋滞の中車を走らせました。

もう夕方になるので、これまた予め調べておいたお店で晩ご飯。
こちらも物凄く混んでいたので、1時間ほど待ちましたが、美味しい地のお魚やお寿司を食べました。
お店を出る頃には21時半を過ぎていました。
帰りも下道でのんびりと帰ります。

子供達はまたもや夢の中へ。
きっと楽しい思い出と共に夢の中で遊んでいる事でしょう。
渋滞も途中から緩和されて、比較的スムーズに走りました。
帰ってきたのは真夜中。
さすがに私も疲れました。
でも、家族全員大満足していたので、本当に良かったです。

【泳ぐペンギンを見る次女】
110503-1.jpg

【アシカのショー】
110503-2.jpg

【イルカのショー】
110503-3.jpg

【イルカ達の華麗なジャンプ】
110503-4.jpg

【一緒に拍手する次女】
110503-5.jpg

【サファリのライオン】
110503-6.jpg

【ポニーに餌をあげる長女】
110503-7.jpg
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅日記

2011年05月02日

ちょいとそこまで・・・

いつものように嫁さんと娘達を送り出そうと車を走らせた。
ふと遠くに目をやると、山がやたらと白い。
霞んで見えている。
この時期になると飛んでくる黄砂です。
嫌ですね〜霞んでいる山を見ただけで、急にむせてしまいました。

ゴールデンウィークの中休み。
今日は仕事でしたが、私用でいろいろと動いていて、殆ど仕事になりませんでした。
ゴールデンウィーク明けにエンジン全開で頑張るとしましょう。

さて、そんな訳で明日からゴールデンウィーク後半です。
我が家も再び三連休です。
さすがにこのゴールデンウィーク期間中に、どこも出かけないのは子供達にとっても辛いかなと思い、出かける事にします。
それも今から。
夜中に車を走らせます。
帰ってくるのは、おそらく明日の夜遅くになるでしょう。

子供達はもう今からワクワクしています。
車の中で寝るように言っていますが、興奮して寝つけないかも知れません。
私は寝たくても眠れないので、なるべく早く目的地に着いて、仮眠をとりたいと思います。

そんな訳で本日は超短いつぶやきです。
それでは行ってきます。
皆さんオヤスミナサイ。
私は眠れません(笑)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 21:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年05月01日

久々のDVD観賞会

ゴールデンウィーク真っ只中。
大型連休で旅行に出かけたりしている人も多いでしょうね。
今年は東日本大震災の影響で、旅行客は減っているようですが、それでもようやく活気を取り戻しつつあるようです。
中にはゴールデンウィークを利用して、被災地へボランティアに行かれる人もいるでしょう。
それぞれのゴールデンウィークを過ごしていることと思います。

我が家のゴールデンウィークはカレンダー通りです。
前半4/29〜5/1の三連休、そして後半5/3〜5の三連休です。
前半は長女の誕生日、2日目は私は仕事をしていたので、家族は家でお片づけ等していました。
そして今日は前半三連休の最後と言う事で、どこか出かけようかとも思いましたが、あいにくのお天気。
お出かけは止めにして、急きょDVDをレンタルする事にしました。

子供達に「DVD借りに行こうか?」と聞くと、大喜びで早速何を借りるか考え出しました。
お店に付くとそれぞれ借りたいDVDの元へ散り散りに(笑)
私たち夫婦もそれぞれに見たいDVDを、「これはどう?」等と選んでいました。
一番最初に決めたのは息子。
選んだDVDは「名探偵コナン」。
次に私たち夫婦で「ALWAYS-三丁目の夕日-」と「宇宙戦艦ヤマト 復活編」を選びました。

最後は長女ですが、なかなか決まりません。
何故か家にDVDがある「魔女の宅急便」と言い出したり、以前観た「崖の上のポニョ」と言い出したり。
結局、長女の大好きな「プリキュア」の映画版に決定しました。

家で観賞するのですが、折角なので映画館気分を味わうために、おやつも買って帰りました。
ミスタードーナツでドーナツを買い込み、ジュースを買って帰りました。
子供達は早くDVDを観たくてウズウズしています。
もちろん自分の選んだ物を観たがっていますが、ここは珍しくスムーズに順番が決まりました。

1番が息子の選んだ「名探偵コナン」で、2番目が長女の選んだ「プリキュア」。
その後は私たちが選んだ物なので、特に順番も決めずに観賞会のスタート。
より映画館に近づけるために、早々と雨戸を閉めて家の中を暗くしました(笑)
高窓から光が入るので、真っ暗にはなりませんが、それでもボリュームを上げるなどして、映画館の雰囲気を味わいました。

「名探偵コナン」は大人が観てもそこそこ面白いので、私たちも夢中になって観ました。
もちろん息子は釘付け。
そして次は長女の選んだ「プリキュア」です。
最初は私も観ていましたが、途中から寝ころんで観ていたらいつの間にか寝ていました(笑)
やはり「プリキュア」では大人は楽しめませんね。

この2つを観賞した時点で、もう夜の7時前でした。
さすがにこのまま、残り二つを観賞するのは無理。
レンタルは1週間で借りて来たので、残り二つは後日にする事にしました。
子供達にとっては、自分が選んだDVDを観れたので、それで満足していると思います。
残り二つは私たち夫婦が時間のある時にでもゆっくり観ようかと思います。
その時間があるのかが、一番の問題ですが(笑)
まぁ、残りは後半三連休で。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記