2011年03月18日

巨大地震から1週間

東日本大地震から1週間が経ちました。
1週間前、私はめまいのような妙な地震の直後、テレビを点けて驚きの光景を目にしました。
本当に悪夢としか言い様がない、そんな光景。
あれから1週間。
通常の1週間であれば、あっと言う間に感じますが、今週はやはり辛く長く感じました。

被災され避難所に居る被災者の方々には、さらに辛く長い1週間だと思います。
それでも協力し合って支え合って頑張る姿は、逆に私たちを勇気づけてくれます。
今、私たちに出来る事。
それは義援金を送ったり、節電に心がける事。
日本中が一体となって、被災地を救おうと頑張っています。

しかし、なかなか救援物資が届かなかったり、ガソリンが不足していて、ストーブが使えなかったりと、本当に被災地の方々は苦しい生活を余儀なくされています。
私たち一人ひとりの気持ちが、なかなか被災地まで届かない。
インフラや物流等の問題は、個人が頑張っても出来る事ではありません。
ここは、やはり政府が指揮をして問題を一つ一つ解決していかなければなりません。

ところが、その政府が頼りない。
菅総理の頭の中は、福島原発の事だけで埋め尽くされている気がします。
それも、原発の問題をどうクリアするかでは無く、いかに自分の采配を見せつけるか。を探っている気がしてなりません。
もちろん原発の問題も大問題です。
しかし、同時に被災地でギリギリの所で踏ん張っている被災者の方々が居るのです。

同時多発的に問題が起きた時、やはりリーダーの資質が問われます。
リーダーたるもの、決して自ら動いてはいけません。
司令塔になり情報を収集し、的確に判断した上で、最悪の事態に備えながら最良の方法を探す。
そして、明確な指示を自身の責任でもって部下に伝えその結果を判断する。

今の菅総理の所には、情報が集まっていない気がします。
仮に集まっていたとしても、その情報を整理し的確に判断できる人がいないのだと思います。
だから全ての対応が後手後手に回る。
結果、対応策も全て意味を成さない。
初動の判断ミスが後々まで尾を引く形となっています。

地震発生から1週間も経つと言うのに、まだまだ被災地には食料や燃料が不足しています。
被災地の範囲が広い事もありますが、それにしても政府の対応が全く見えてこない。
日本政府の対応には、海外のメディアもかなり批判的なようです。
日本国民は、「今はまず自分たちの出来る支援を」という気持ちが強いので、批判の声など出ていません。
しかし、誰もが「菅総理は何してるの?」って思っている。

日本政府の後手後手の対応が、海外から批判される一方で、私たち日本国民の対応は絶賛されています。
これだけの大震災にも関わらず、日本国民が冷静に対応し、計画停電が行われても、強奪や暴動が起きない事に海外は驚いています。
私たち日本人にすれば「大変な説きだからみんな協力しよう」と言うのは、本当に当たり前の事です。
しかし、それが海外では奇跡の行動に映るようです。
その海外からの絶賛の言葉に、逆に日本人が励まされている感じです。

今回の大震災は本当に辛く悲しい事です。
しかし、その大震災で日本国民が一つにまとまった気がします。
さらに、日本人自身が日本の良さ、日本人の心の温かさに触れた気がします。
「日本が好きになった」「日本人ってやっぱり素敵だ」
そんな想いを持った人が沢山いる事でしょう。

また、停電が起きる事によって、今まで本当に幸せな生活を送っていた事を実感した人が多いと思います。
今まで、蛇口をひねればお湯が出る。
スイッチを入れれば電気が点く。
当たり前の生活が、いかに恵まれてた生活だったのか。
そしてその当たり前の幸せの生活を作るのに、先人たちがどれほどの努力をしたのか。
また、日々のライフラインを支えてきた人がいたのか。
今回その事を考えた人は多いはずです。

やっぱり日本って凄いよ。
日本人って強くて優しいよ。
大丈夫、日本は必ず立ち上がります。
ひとつになれる日本国民がいるから。
和を大切にする民族だから。

被災地ではまだまだ過酷な生活が続きます。
まだ、行方不明の方も大勢おられます。
改めて被災された方々にお見舞い申し上げます。
そして、今回犠牲になった方々に、心より哀悼の意を表します。
まだ行方不明の方々が、一刻も早く見つかる事を切に願います。

今の私には祈る事、そして少しの義援金を送る事くらいしか出来ません。
でも、一人ひとりが小さな「私に出来る事」を積み重ねれば大きな大きな和になります。
頑張ろう日本!!
頑張ろう日本人!!
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記