2011年03月15日

今度は静岡で地震

またまた地震がありました。
先程、静岡県東部を震源地とした地震がありました。
静岡東部で震度6強だそうです。
ちょうどテレビの報道を見ていたら、テレビの画面の中で揺れていました。
「ただいま地震による揺れが起きています」とアナウンスしていましたが、結構な時間揺れていたようです。

そしてその後、我が家もまた波に揺られるような揺れが。
そうです、あの時の揺れと同じような揺れを感じました。
テレビの画面の中が揺れているので、自分も揺れているような感覚になっているのかと思っていました。
しかし、確かに揺れています。
よく見るとグッピーの水槽の水が波打っています。

地震が続いていますね。
そして少しずつ震源地が下がってきているのが不気味です。
その内、関西方面でも大きな地震が来るのでしょうか?
あの阪神淡路大震災のような大きな地震が、また来る可能性は十分にあります。
南海沖地震が懸念されていて、南海沖地震が起きると、また津波の被害が起きる。

度重なる地震、地震の度に津波の心配が出ています。
そして新たな問題の原発問題。
次から次へと試練が続きます。
今、私たち日本人は試されているのかも知れません。

戦後から今日まで、高度成長を続け豊かになった日本。
でも、心はどうだったでしょうか?
物が溢れ豊かになるのと反比例するように、心はどんどん貧しくなっていた気がします。
人の命の尊さ、人の心の温かさ、互いに助け合う気持ち。
物質的に豊かになる中で、どんどん忘れ去られていた気がします。

巨大地震、そして大津波による甚大な被害。
さらには原発の事故による不安、そして電力不足を回避するための計画停電。
この大震災で、私たちは改めて、人の心の温かさ、互いに支え助け合う精神を思い出したような気がします。
みんな頑張っています。
被災地の皆さんはもちろんの事、被災していない人々も、自分にできる事を日々考えています。
だからこそ、政府がしっかりと国民を導いていかなければいけません。
しかし、残念ながら、今の現状では厳しい。

今後も新たな地震の発生があるかも知れません。
不安を煽るつもりではありませんが、常に注意をしておく事が大切だと思います。
神々は私たち日本人に注意を促しているのかも知れません。
石原都知事が「天罰」という言葉を用いて、後に撤回しましたが、私はその考えも少し理解出来ます。
今回の震災が天罰と言うのでは無く、私たち日本人が気付くためのメッセージかも知れません。
私たち日本人は技術の進歩に伴い、自然を恐れ敬う気持ちを蔑ろにして来たのではないでしょうか?
今回の震災を単に「悲惨な大震災」で終らせるのは無く、私たち日本人の生き方そのものに照らし合わせて考えていく必要がある気がします。

厳しい現状が続きますが、皆さん力を合わせて乗りきりましょう。
そしてさらなる地震に注意しましょう。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記