2011年02月20日

署名にご協力下さい

先日つぶやいた、捕鯨調査とシーシェパードの問題。
頭に来ている人は多いと思います。
「何で帰ってくるんだ!!」「次は海上保安庁か自衛隊出して護れ!!」とか、いろんな声があがっているようです。
しかし、日本政府の対応は本当に弱腰です。
来年度の調査捕鯨は中止も視野に入れているという情報も流れてきます。

日本の食文化である捕鯨を、野蛮な行為として非難する白人ですが、その理由は本当に幼稚です。
「クジラは賢い生き物だから」とか「同じほ乳類だから」とか、「クジラは絶滅の危機だから」とか。
「クジラは賢い生き物だから」と言うのは、「それじゃ〜賢い生き物は殺して食べても良いのか?」という事になります。
自分たちは牛肉をガンガン食べながら「クジラを食べるな!!」と言うのは、単なるわがままでしかありません。
「同じほ乳類だから」なんて、それじゃ〜牛も豚も食べちゃいけませんよね(笑)

そして「クジラは絶滅の危機」というのは、一番説得力がありそうですが、これも単なるまやかしです。
クジラの数は年々増えていて、逆にクジラを捕らないと海の生態系が変わる可能性すらあります。
海の中でクジラはほぼ頂点にいる生き物と言っても良いでしょう。
そのクジラを全く捕らなくなれば、クジラの数が増えるのは当たり前の事です。

確かにクジラは一時期絶滅の危機にありました。
しかし、それは日本等の捕鯨文化を持つ国々の乱獲ではありません。
そもそもクジラを乱獲できる程、少ない捕鯨国でじゃんじゃん捕れる訳がありません。
それでは何故、クジラが減ったのか?
それは捕鯨国以外がクジラを乱獲したからです。

捕鯨国でも無いのに何故クジラを捕るのか?
それは、クジラの頭部にある油が目的でした。
石油が使われる前は、クジラの油が貴重な資源だったようです。
そこでクジラが狙われ、捕獲され油を取られたクジラは、無残にも捨てられた。
私達日本人は、クジラを捕ると、本当に捨てるところが無いくらい、全ての部位を使い切りました。
それがクジラに対しての感謝の念であったと思います。

同じようにクジラを捕っていながら、全く異る使い方。
それでいて、クジラが用無しとなると、今度は「クジラを守れ!!」って・・・。
「寝言は寝て言え!!!」って言いたくなります。
この事を知らない日本人って意外と多いのだと思います。
私も捕鯨の事に感心を持ってから知りました。

日本人は批判を受けるとすぐに引いてしまう。
日本人同士なら「お互い様」という気持ちで、引く事も大切な事です。
しかし、この精神は世界では通用しません。
世界では引いたら負けなのです。

今回のシーシェパードの妨害に屈した対応は、絶対に許してはいけません。
私達日本国民が、「捕鯨調査を続けよ」「日本は商業捕鯨も再開させるべき」くらいの強い意見を政府に示さなければいけないと思います。
大人しい日本人ですが、あまり舐めてかかると痛い目にあう事を、そろそろ世界に示さなければいけません。

(財)日本鯨類研究所というところで、「日本の鯨類捕獲調査を妨害するグリーンピース及びシーシェパードに対する抗議書署名のお願い」という署名があります。
私達の怒りの声を出していかないといけません。
皆さん是非、怒りの声をぶつけてみませんか。
ご協力よろしくお願い致します。

【(財)日本鯨類研究所抗議署名ページ】
http://www.icrwhale.org/syomei.htm
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:21 | Comment(2) | TrackBack(0) | 私の思うこと