2011年02月16日

本当に無責任

前総理がとんでもない発言をして、与野党から非難をうけているようですね。
鳩山前総理の発言が波紋をよんでいます。
昨年の普天間基地移設問題で、最終的に辺野古周辺への移設になった時の説明。
「学べば学ほどに抑止力として必要」との発言をして、沖縄県に同意を求めました。

しかし、当時の発言を、在沖縄米海兵隊の抑止力を「方便だった」と発言したのです。
つまり取って付けただけの無責任な発言だったと言う事になります。
いやはや、この人には本当に呆れ返ってしまいます。
こんな人が日本国の総理大臣だったと思うと、本当に恥ずかしいです。
まぁいまでも十分に恥ずかしい総理大臣ですが。

鳩山由紀夫と言う人は、自身の発言の重さと言う事を、全く解っていないようです。
例えその時の言葉が、自分の本音で無かったとしても、後々に決して口にするべき事ではありません。
それが政治家だろうが、一般庶民であろうが、自分自身の納得できない事でも、自らの口で発した言葉は最後まで責任を持たないといけないのです。
だから言葉は「言霊」とも言われるのだと思います。

言葉は単に相手に物事を伝えるだけでは無く、己の心の決意を表すものだと思います。
我々一般庶民の井戸端会議の話ならともかく、政治家であり、しかも総理大臣が発する言霊は、まさしく決意で無くてはなりません。
それが、こうも簡単に覆すとは・・・。
そう言えば、この人は「総理を辞したら議員も辞める」なんて言っておきながら、これも簡単に撤回した人でした。
この人にとっては、言葉とはその時々で適当に使い分ける物のようですね。
そんな人は誰も信用しません。

もうすでに信用は失っていますが、それに気づいていないのは本人だけなんでしょうね。
本当にこんな人が、日本国の総理として、世界に向けて言葉を発していたのですから、今さらながら恥ずかしいです。
それを引き継いでいる現総理も情けないし、早く解散総選挙して国民の審を問うてほしいです。
いやはや、日本の政治は本当に地に落ちています。
落ちる所まで落ちているので、後は上に向いて這い上がっていけるよう、私達がしっかりと政治家を選ばないといけませんね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 私の思うこと