2011年02月03日

我が家の節分

「鬼は〜外♪福は〜内♪」

今日は日本中のアチコチで、子供達が叫んでいたことでしょう。
長女も託児所で豆まきをしたようで、鬼さんの登場に泣いてしまったようです。

関西では節分に「恵方巻」と呼ばれる太巻きを食べます。
今年は南南東を向いて食べました。
食べている間は話をしてはいけないと言われているので、ひたすら黙々と食べました(笑)
しかしさすがに太巻き一本を食べ切るのは辛い。
そこで、半分にして残り半分は後に食べました。

昨年は恵方巻を買いに行ったのが遅くなってしまって、スーパーには太巻きがひとつも残っていませんでした。
仕方なく昨年の節分には、恵方巻の変わりに小さなロールケーキのようなお菓子を買って帰り、それを恵方巻として食べました(笑)
今年は早めに買いに行ったので、いろんな太巻きを選んで、家族で分け合って食べました(^o^)

今年は豆まきは形だけにしました。
豆をまくと後片づけが大変なので、豆をまくポーズだけ(笑)
豆は北海道から送られてきた、豆のお菓子(ちゃんと豆まきの升に入っている)があったので、それをまくふりをしました。
でも、鬼が必要です。
いつもならスーパーで買う豆まきに、鬼のお面も付いていますが今年は買いませんでした。

そこで、私が作った鬼を使用。
最初はそんなつもりで作っていなくて、単に鬼を表現してみたくて、試しに作った物でした。
しかし、それを息子が見て「使いたい」という事で、息子が鬼役になって登場です。
「絶対に長女は泣くだろうな」と予想していましたが、見事予想通りに怖がって泣きました。
私が作った鬼ですから、ちょっとリアルで怖いのです(笑)

それでも無事豆まきも終り、鬼も退散して節分行事も終りました。
世の中にはいろんな鬼がいます。
いろんな鬼を追っ払って良い一年にしたいですね。

【ちょっとリアルな鬼の面】
110203-1.jpg
【鬼役の息子】
110203-2.jpg
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記