2010年12月25日

我が家のサンタ事情

クリスマスイブのサンタは子供達の枕元に、大きな袋に入ったプレゼントを置いて、自分も布団に入りました。
子供達三人のプレゼントを、一つの袋にまとめたため、大きなプレゼントとなりました。

我が家のサンタ事情。
息子はもう勘付いています。
もう小学5年生ともなれば、学校で「サンタってなぁ〜」という話になります。
しかも今回は、サンタが痛恨のミスを犯してしまいました。

数日前に息子が学校に行っている間に、プレゼントを仕入れに行ったのですが、それを長女に見つかってしまいました。
一緒に買い物に行き、お店の中では別行動をして、その隙に車の後部に入れて再び合流しました。
ところが家に帰る間に、長女がそれを見てしまったのです。
我が家の車はワゴンタイプです。
最後部座席から長女がトランクルームを覗き込んでしまったのです。

必死に長女の気を引き、別の話題にすり替えようと嫁さんも頑張りましたが、しっかりと見られてしまいました。
しかもその事を息子に話してしまったので、息子の「サンタ疑惑」は決定的なものになったのです。
それでも息子は、知って知らないふりをして、「楽しみだなぁ〜」と言いながら布団に入りました。

今朝はプレゼントを開けて、喜ぶ子供達の声で目が覚めました。
しかし、外はまだ真っ暗です。
どうやら息子が先に目覚めて、長女を起こして一緒にプレゼントを開けたようです。
そしてその内、賑やかな音が聞えて来ました。
息子のプレゼントはWiiの太鼓の達人です。
プレゼントを開けて太鼓の達人をやり始めたのです。

まだ夜も空け切らぬ内から、ドンドコドンと太鼓の音が家に響きます。
さすがにうるさくて起きて注意しました。
見ると長女もプレゼントを広げて遊んでいます。
長女のプレゼントは、シルバニアファミリーのお家。
以前からウサギのファミリーを幾つか買っていたので、それを家に入れて遊んでいました。
私に注意されて、しぶしぶ布団に戻った子供達。
再び眠りへとつきました。

息子は完全に、我が家のサンタ事情を理解しました。
しかし、長女には内緒にしておくことも理解しました。
お風呂に入っている時に「サンタの事は解ったな?」と聞くと。
「うん、解った。でも夢は壊さないで。」と、息子らしくないキザな言葉でした(笑)
長女が果たしてどこまで理解しているのか?
これは全く解りません。
車で見た物と同じ物がプレゼントに入っていた事実。
しかし、「サンタさんからプレゼント貰った」と喜んでいる姿は、4歳の子供です。
サンタさんからのプレゼントと理解していると思います。

我が家のサンタ事情を知った息子。
まだまだ無邪気に喜ぶ長女。
何にも知らない次女。
来年からは、息子もサンタさんのお手伝いをしながら、プレゼントを受け取る事でしょう。
年に一度のプレゼント。
私達親へのプレゼントは、喜ぶ子供達の笑顔でした。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記