2010年12月16日

我が家に地デジがやってきた

来年の7月でアナログ放送が中止になり、地上デジタル放送へと変わります。
もう誰もが「地デジ」と言う言葉を知っているくらい、地デジが当たり前の状態になってきました。
そんな中でも我が家はずっとブラウン管のテレビでアナログ放送を見ていました。
しかし、いずれは買い替えなくてはいけないので、先月中ごろにテレビを買いました。

丁度エコポイントの駆け込み時期で、テレビも生産が追いつかず、お店の人からも「年末になるか、下手すると年明けになる可能性もある」と言われていました。
しかし、予想を反して今日テレビが届きました。
一昨日に電話が来て、配送&設置の予定を聞かれ、今日お願いしていました。

私が古いテレビを掃除していると、長女が「新しいテレビ来るの?」と楽しそうに話しかけて来ました。
私がちょっと意地悪をして「違うよこの古いテレビを持って変えってもらうんだよ」と言うと、長女は「そんなの嫌だ〜」と泣き出してしまいました(^^;)
嫁さんの育休で、ずっと託児所をお休みしている長女にとって、テレビは楽しみのひとつなのです。
そのテレビが無くなると知って、涙をポロポロ流してしまいました。

そこへ配送&設置の担当者が到着。
運び出される古いテレビを、私と一緒に手を振って送り出しました。
12年間頑張ってくれたテレビでした。
長女は私に抱っこされながら、再び涙をポロポロと流し出しました。

するとそこへ新しいテレビが運ばれて来ました。
泣いていた長女は目を丸くして、キョトンとしています。
私が「新しいテレビ来たで〜」と言うと、まだ涙が流れている状態で、笑顔になりました(笑)
さっきまで泣いていたのに、急にご機嫌になりソワソワしながら、設置の様子を見ています。

作業は数分で終り、説明など受けて、ほんの10数分で全てが終りました。
ついに我が家も地デジになりました。
40型のテレビにしたのですが、正直デカイ。
店で見た時はそんなに大きく感じなかったのですが、家に持ってくるとデカイ。
そしてとにかく画面が鮮明です。

今までのテレビがあまりにも古過ぎたので、画質の差が凄いです。
古いテレビはどんどん画質が悪くなり、コントラストがおかしくなっていました。
くらい部分はより暗く、そして全体に赤みがかかっていたので、ちょっと暗い場面になると画面がほぼ真っ黒。
以前テレビで放送されていた、ハリーポッターを見た時なんて、暗いシーンでは何が映っているのか、サッパリ解らなかった程です(笑)

あまりの画質の鮮明さに、今まで見えていなかった部分が見えるようになりました。
テレビに出演している人の、肌の質感、髪の質感まで解る感じがします。
以前ある女優さんが「テレビが鮮明になり過ぎて、テレビに映るのが怖い」と言っていたのを思い出しました。
本当に鮮明です。

テレビが新しくなり大きくなった事で、急にリビング全体が明るくなった感じです。
そこへ何も知らない息子が帰って来ました。
息子はテレビを買いに行った事も、テレビが届く事も、全く知りません。
部屋に入ってしばらくして気づきました(笑)
以前から「家はいつ地デジにするの?」と聞かれていて「家はテレビ買い替えないよ」と答えていたので、新しいテレビが来た事に、本当に驚いたようです。

私が驚いたのは、テレビでネットが見れる事。
テレビで自分のサイトを見たり、このつぶやきが読める事が驚きでした。
これならパソコンを使わない人でも、手軽にネットを楽しめますね。
早速嫁さんがいつもネットで見ている、レシピのサイトをお気に入りにしておきました。
これで嫁さんもテレビでネットを見て、さらにおいしいご飯が作れそうです(笑)

テレビも10年経つとこんなにも変わるんですね。
これからますます変わっていく事でしょう。
古いテレビ・新しいテレビと一緒に長女の記念写真を嫁さんが撮っていました。
携帯で撮ったので画質が悪く、ブレていますがアップします。

101216-1.jpg

101216-2.jpg
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 09:59 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記