2010年12月15日

愚かな内部闘争

何だかな〜。
いったい何がやりたいのでしょうか?
菅政権&民主党。
小沢一郎を国会に呼ぶ呼ばないで内輪もめしています。
やれ「小沢氏は国会で説明責任を果たすべき」と片方が言えば、小沢陣営は「仙谷官房長官の辞任の方が先だ」とののしり合い。
日本国民の一人として、ハッキリ言わせてもらえば「どっちもどっち」目くそ鼻くそです。

まず、小沢一郎は「やましい事は何一つ無い」「国会でもどこでも呼ばれればキチンと説明する」と言っていながら、ずっと逃げまくっています。
本当にやましい事が無いのなら、さっさと国会で説明したらどうでしょうか?
このまま逃げるだけ逃げて、何とか議員バッチを死守しながら、裁判で無罪を勝ち取ろうと考えているのでしょう。

菅政権も小沢一郎が党の指示に従わないのなら、とっとと離党勧告すべきです。
こちらも、小沢陣営が党を割って出ていかれるのが怖いので、ズルズルと引き延ばしにして、ほとぼりが冷めるのを待っているのでしょうか。
小沢一郎をダシにして、少しでも支持率回復を狙う菅政権側と、何とか国会での答弁を免れて、弱腰になっている菅政権を潰して巻き返しを図ろうとする小沢陣営。
民主党内の内部紛争で日本の政治はハチャメチャになっています。

「国民の生活が第一」

政権交代のためのキャッチコピーでしたが、「自分の権力が第一」に変えたらどうですか?
政権交代もいっその事「政権後退」にした方がお似合いだと思います。

本当に民主党政権になってから、何一つ良かった事なんてありません。
日本は落ちる所まで落ちて行く感じです。
そんな現状に危機感を持った日本国民が増えた事だけが、良かったと言えるでしょう。
あまりにも代償が大き過ぎますが。

菅総理も支持率を上げようと、なりふり構わずやり出した感があります。
突然「朝鮮半島有事の際は、自衛隊が韓国から邦人救出出来るようにする必要性がある」と言い出したり、硫黄島に行って英霊の遺骨収集を視察したり。
正直、本当に行き当たりばったりの思いつきとしか受け止められません。

自衛隊が韓国に邦人救出に向かうには、まず日本国内の憲法の問題があり、何よりも韓国がそれを許すはずがありません。
それこそ強いリーダーシップと、自分の命に代えても実行する、強い信念の総理でなければ無理です。
あっちフラフラこっちフラフラで、メモを見ないと首脳会談も出来ないような菅総理では200%出来ません。

硫黄島の遺骨収集も、本当に取って付けたような行動で、見ていて腹立たしくさえ思います。
硫黄島に行くのなら、まず靖国神社に参拝に行き、靖国の英霊の前で祈りを捧げてからして下さい。
靖国参拝もしない総理が、日本のために命を捧げた英霊が、今も残されている硫黄島に足を踏み入れるべきではありません。
硫黄島の遺骨収集をダシにして、イメージアップを図っているのが露骨に見えています。
硫黄島に残る英霊達の遺骨集中を、自分の支持率回復のダシに使うような総理を、英霊たちが認めてくれる訳がありません。

今年も残り半月。
まだまだ民主党内部はもめるでしょう。
国民不在の政治はまだまだ続きそうです。
来年はまたまた政局の嵐が吹き荒れそうな気配がしています。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 00:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 私の思うこと