2010年12月11日

学童の保護者会

今日は学童の保護者会の日でした。
毎月保護者会をしていますが、私も息子の剣道の稽古の後にかけつけて、遅れながら参加しています。
しかし、会長職を退き会長補佐として席を置いていますので、会議には参加せずその様子を眺めています。
時々会長の方からヘルプがあると、そそくさと出て行くと言う、影の存在に徹しています(笑)

今月は来年度の役員を決めなくてはいけない保護者会で、会議進行が困難する恐れがありました。
誰でもそうですが、何かの役に着くというのは、あまりやりたがらないものです。
好き好んで自分から大変な苦労をする人は少ないのです。

しかし、今の学童を立上げる時から、役員になって頂いた方は、自ら手を挙げて立候補してくれた方が殆どです。
私が代表をしていた時も、その後学童が立ち上がり会長をした時も、自ら手を挙げて役員になってくれました。
今年度の役員さんも、全員が自ら立候補して頂いた皆さんです。
そのため、役員間の雰囲気も良く、会議をしていても笑が耐えません。
話しが脱線し、なかなか会議が進まないって難点もありますが(笑)
でも、それくらいみんな楽しみながら役員をしています。

来年度の役員を選出するのに、どれだけの人が手をあげてくれるのか?不安の中見守っていました。
最初は鈍かった反応ですが、次第に手が上がり始め、役員の5名、係の4名があっという間に決定しました。
しかし、やはり会長は決まりません。
さすがに会長は皆、「私がやります」とはいかないのです。

今年度の会長も、昨年の同じ時期に、私から推薦して決定した方です。
同じ役員の中で副会長をして頂いた方に、会長職に就いて頂きました。
お陰で私も安心して任せて来ました。

なかなか会長が決まらない中で、ついに私にヘルプの要請が入りました。
会長と三人の副会長を前に、私は提案しました。
今まで何も役職についていない方が、いきなり会長を受けるのはやはり難しい。
役員の中から会長を選出するのが望ましいのではないかと話しました。
副会長は三名います。男性一人、女性二人。

基本は男性の方が望ましいのですが、仕事の関係で難しい事も多い。
時間的に動きやすいのは女性です。
私の場合、自営業なので、時間は自由に使えましたが、サラリーマンだとなかなか難しい。
私・会長・三名の副会長と、輪になって話しをしていました。
なかなか結論が出ませんでしたが、最後に男性の副会長が「解りました、私が引き受けましょう」と決断してくれました。
思わず会長、残りの副会長は歓喜の声と拍手でした。

昨年の役員決めの前に、私は保護者に文章を出しました。
「自分に何ができるのか」「何の役に立てるのか」を考えて、自分の出来る事に立候補してほしいという旨の文章です。
その前に、学童を立上げるまでの経過を書いていたので、皆さん素直に読んで受け止めて頂いたようです。
その成果なのか解りませんが、次々と役員が決まりました。
今年も先月の保護者会で、簡単ですがマイクを通して、同じような内容を話させて頂きました。
今回の役員がスムーズに決まったのも、皆さんが素直に受入れて頂いた結果だと思います。

学童が立ち上がってから一年半。
少しずつ私の手を離れ、運営がしっかりとなされている感じです。
私が関わっていた時以上に、しっかりと運営されている気がします(笑)
みんなが前向きに動いてくれる事の嬉しさ、大切さを学ばせて頂きました。
今後もサポートできる事は、私も頑張っていこうと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記