2010年12月06日

懲りない面々

ドタバタの中、国会が閉会したのを受け、年明けの通常国会がまたまた大変な事になりそうな感じです。
それを何とか逃れたい菅政権の願いは、社民党との連携のようです。
あの〜前政権の鳩山内閣の時に、普天間基地問題で手を切ったんじゃなかったでしたっけ???
なんでまた手を組むの???

全く民主党政権と言うのは、その場その時で、都合によってコロコロと変わるんですね。
そして社民党も一度連立解消したのなら、二度と手を組むべきではないと思うのですが。
何も民主党と社民党が再び連立を組む事を、拒むつもりはありません。
でも民社党支持者から見れば、明らかにおかしな行動だと思いますよ。

だって、鳩山政権時に沖縄のアメリカ基地を県外に・・・。と大々的に謳って、さんざんアメリカを振り回し、日米関係を無茶苦茶にしたのです。
最初は社民党も大きな期待を寄せていたのでしょうが、最終的に移転先は辺野古に戻ってきて、愛想を尽かして社民党は離脱しました。
鳩山政権の失敗を受けて、菅政権はアメリカとの関係を回復する方向に舵を切りました。
明らかに民社党の望まない方向に、菅政権は向いています。
そこと再び手を組んでいったい何がしたいのでしょう?

社民党が連立に復帰して、普天間基地問題で再び県外移設や海外移設を言い出せば、またまた政権内で亀裂が生まれるのは目に見えています。
さらに問題なのは、朝鮮半島の緊張が高まっている時期に、「沖縄からアメリカは出て行け〜」なんて言い出したら、それこそアメリカにも相手にされなくなります。
この緊迫した状況の中で、日米韓が連携して北朝鮮の暴発に備えなければいけない時に、「自衛隊は違憲です」とか「武力行使反対です」等と、平和ボケの言葉を発していたら、日本は完全に存在意義を無くします。

今でも危機管理能力が問われている政権に、民社党が加われば、さらに危機管理能力が下がるのは明かです。
国会での議席過半数を確保したいための手段でしょうが、さらに支持率を下げる事になります。
まぁ、総理本人が「支持率1%になっても辞めない」って言っていますから、日本の国益や日本国民の生活なんて関係なしに、政権にしがみつくつもりなのでしょう。

自分たちの都合や権力維持のために、政治を動かす事は政治家として最も罪が重いです。
無理やりな政権交代をやり、無責任なマニフェストを掲げ、早々と国民を裏切った小沢・鳩山政権。
そして、現実から目をそらし、言い訳ばかりを繰り返し、責任を全く取ろうとしない仙谷・菅政権。
どちらも共通しているのが、影の総理と呼ばれる小沢・仙谷が権力を握っている事。
総理がリーダーシップを発揮出来ていない事。
こんな政権で、まともな政権運営ができる訳がありません。

もはや日本国民は民主党・菅政権にNoを突きつけています。
いくら小手先で政権を維持しようとしても、国民の支持は上がりません。
このまま支持率は下がり続けるでしょう。
菅総理がいくら石にしがみついていても、民主党が割れてしまったら政権は維持できません。
割れる可能性がますます強くなってきています。

来年はますます波乱の年になるのかも知れませんね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 私の思うこと