2010年12月01日

北よりの来客

昨晩より我が家には来客有り。
それは北海道のおじいちゃんとおばあちゃん。
先週の日曜日に横浜で親戚の結婚式があり、その後親戚の家に泊まって、そのままこちらまで足を伸ばして頂きました。
数日前から子供達は「いつおじいちゃんおばあちゃん来るの?」と楽しみに待っていました。
特に長女は楽しみにしていたようで、毎日のように「いつ来るの?明日?」と聞いていました。

昨夜は新幹線で京都まで、そこから近鉄電車に乗り換えてこちらまで来ました。
駅まで迎えに行き、おじいちゃんおばあちゃんの姿を見つけた子供達は、手を振って大喜びでした。
おばあちゃんは次女の出産の時に来ていたので、半年ぶりですが、おじいちゃんは昨年の夏に北海道行った時以来です。
1年以上子供達と会っていません。
そして次女とは初対面。

家に着くと早速次女を抱っこするおじいちゃん。
「泣くかな?」と心配していましたが、普通に抱っこされていました。
初めての抱っこで嬉しそうなおじいちゃんと、ちょっと緊張気味の次女を早速記念撮影しました。

息子はおじいちゃんに何かおねだりをしようと企んでいたようで、必至におじいちゃんに野球の話をしていました。
実は息子が欲しいのは金属バット。
ほぼ毎日、学校が終るとすぐに学校へ戻って同級生と野球をしている息子。
グローブとボールは持っていますが、バットは持っていません。
友達のバットを借りているようで、自分の金属バットが欲しいようです。

野球の話をして、何とか金属バットの話題に持って行きたい息子ですが、おじいちゃんの話しがすぐにそれて困る息子。
その顔を見て必至で笑いをこらえる私達。
見かねて私が「おじいちゃんにお願いがあるんやろ」と切り出しました。
すかさず「金属バットが欲しい」と答える息子。
おじいちゃんは「そんな話しは聞いとらんぞ」と言いながらも、顔は緩んでいます。
息子は後日、学校が終って宿題を済ませたら、おじいちゃんと買いに行く約束をしていました。

今日は長女がおじいちゃんおばあちゃんとお出かけして行きました。
午前中の内に出かけ、お昼には帰ってくる予定でしたが、お昼過ぎに嫁さんに電話がありました。
駅の近くにいるけど、長女が「お腹が空いてオムライスを食べたい」と言っていると言う事で、食事を済ませる事になったようです。
その後、嫁さんが車で迎えに行き、そのまま買い物に出かけて行きました。

長女は昨晩も「おばあちゃんと寝る」と言って、おばあちゃんの布団で一緒に寝ていましたし、今夜も一緒に寝ています。
いつも電話で話ししか出来ないので、この時とばかりにおばあちゃんに甘えているようです。
今夜はお風呂も一緒に入っていました。
何か特別な事では無いのですが、子供達にとっては、おじいちゃんおばあちゃんと一緒にいる時間が楽しいのでしょうね。
4日間だけの短い滞在ですが、おじいちゃんおばあちゃんとの時間を楽しんで欲しいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:58 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記