2010年11月23日

緊張高まる

この数日間、本当に慌ただしい日が続いています。
金曜日の晩は、嫁さんの仕事関係で奈良市まで車を走らせ、翌日は次女の入院手続きで病院まで走り。
翌日は息子の剣道の稽古&試合で法隆寺まで。
その日の晩に、次女&嫁さん入院で再び病院へ。
翌日朝から病院へ行き、手術立ち合いその後一度帰路へ。
息子と長女を載せて、三度病院へ。

そして今日はまた息子の剣道の試合で、奈良市の鴻ノ池まで出向きました。
本当にこの数日間、車を走らせてばかりです(^^;)
さすがにちと疲れました(笑)

本日の剣道の試合は、2回戦敗退。
ほぼ、いつものパターンです。
息子も1回戦は引き分けで、2回戦で負ける・・・という、いつものパターンでした(笑)
1回戦は我がチームよりも、戦力的には下のチームでした。
先鋒は敗れましたが、その後は勝ち、息子だけが引き分けでした。
たまたま対戦した相手が、チームの中でも強い感じの相手でしたので、仕方がないと言えばそれまでですが。
でも、十分勝てた試合だったと思います。
その点、やはりまだ積極性に欠ける内容だったですね。
反省点として次に活かしてほしいものです。

剣道の試合から帰って来て、ほっと一息ついてメールチェック等をしていたら、テレビを見ていた嫁さんが駆け込んで来ました。
「なんか韓国が大変な事になっているみたい!!」と言うので、急いでネットニュース見たら、北朝鮮からの砲撃。
「あぁ〜ついに北朝鮮がやってしまったか」と言うのが、私の第一印象でした。
いずれこんな日が来る事は、きっと多くの人が感じていたと思います。
すでに国家として成り立っていない北朝鮮ですから、いつ暴走してもおかしくはありません。

今回の砲撃は暴走では無く、後継者の金正恩氏の実績作りと言われています。
韓国も反撃しているようですが、今後は余談を許さない緊張状態が続くものと思われます。
日本にとってもすぐ隣で起きている有事ですから、すぐさま反応して日本の姿勢を示さなければいけません。
ところが日本のリーダーである、菅総理と言えば。
「テレビニュースで知った」「大変な事になったなぁ〜」ですって。
おいおい、あなた一国のリーダーである総理大臣でしょう。
なんでニュースで知るの?危機管理体制全く出来ていないじゃないですか。
もう本当に呆れてしまって開いた口が塞がりません。

尖閣問題でもそうでしたが、どうも菅総理はもめ事が起きると、そこから目をそらして逃げてしまうようです。
様々な問題に強力なリーダーシップで挑んで、解決して行くのが総理大臣の役目でしょうに。
あなたが真っ先に逃げてどうするんですか(笑)
もし仮に北朝鮮が今後追いつめられて、半ば破れかぶれになって日本へ砲撃してきたらどうするのでしょう?
そんな危機管理も出来ていないのでしょうね。

今すぐに朝鮮戦争が復活するとは考えにくいですが、今回の砲撃で大きく朝鮮半島を取り巻く情勢が変るのは必至です。
北朝鮮の動き、それに対する韓国の応戦。
中国の出方、アメリカの出方、それを横目で見ながら隙を突こうとするロシアの動き。
一気に朝鮮半島を巡って、諸国が大きく動き始めます。
日本も素早く動けるように準備をしておかなくては行けません。
何も「戦う」と言っている訳ではありません。

日本は拉致問題という大きな問題を抱えています。
北朝鮮が大きく揺らいでいる時、この問題を解決する道が大きく開く可能性があります。
その時に向けて、すでに準備をしていかなくてはいけないのです。
が・・・民主党・菅政権では・・・・・してないだろうな。

本当に我が国を動かす政府の顔ぶれが、こんな状態では情けなくなってきます。
日本でもクーデター起こして、まともな考えの人達で政権運営した方が良いのでは?とすら思えてしまいます。
このまま民主党・菅政権が続けば、その分、日本の国益は失われ続けます。
一日も早い解散総選挙を望みます。

最後になりましたが、本日は勤労感謝の日。
正式には「新嘗祭」でした。
天皇陛下の大事な行事が行われるこの日に、北朝鮮が重大な問題を起こしたのは、日本に向けた何らかのメッセージだったのかも知れません。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 00:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 私の思うこと