2010年11月20日

大阪のデモ

日々、現政権の愚かさにイライラが募る毎日です。
そんな中で尖閣問題以降、ついに一般市民が大きく立ち上がりました。
東京を皮切りに3,000人規模のデモが、数回行われています。
そして本日も、大阪で「頑張れ日本!全国行動委員会」の主催するデモが行われました。

このデモは本来は10月末に行われる予定でした。
ところが台風と重なり、止むなく延期になっていました。
私も参加したいと考えていましたが、今日はどうしても外せない用事と重なったので、今回は見送りました。

大阪のデモも3,300人の参加があり、大成功だったようです。
参加された皆様方、本当にお疲れ様でした。
尖閣問題から、完全に風向きが変りました。
多くの日本国民が「このままではいけない」「日本が危ない」と感じたと思います。
そして、少しでも何か出来たら・・・という思いで、デモに参加する人が増えていると思います。

私も今までデモに参加した事はありませんし、参加しようと思った事もありませんでした。
しかし、今回は本当に参加しようと考えていました。
また次回の機会があれば、是非参加したいと思います。

この「頑張れ日本!全国行動委員会」の主催するデモは、とても特徴があるようです。
一つは「日の丸」の数の多さ。
そしてもう一つは、とても整然としている事です。
「デモ」と聞くと、どうしてもやや暴力的なイメージが強いです。
海外等のデモを見ると、好き勝手に怒鳴って怒って、エスカレートして暴動になる・・・というパターンが多い。
日本のデモでも、やや暴力的な表現のデモもあり、あまりデモ事態に良いイメージが無い。

ところが、頑張れ日本!全国行動委員会のデモは違います。
列を乱さずとても行儀良く、自分たちの訴えたい事だけを声にして、スムーズにデモが行われます。
警備する警察官や、周辺の人とのトラブルもありません。
日本人が日本人らしく日本人のデモをしようと言う意識が、参加者全員にあるから出来るデモだと思います。

今後、この流れは大きく日本を変えて行くと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記