2010年11月13日

こんな息子です

今日は午前中、息子の学校の授業参観がありました。
土曜日なのに?と思うでしょ。
通常の授業参観は平日なのですが、年に一度、土曜日に行います。
なるべくお父さん方に参加してもらうために、土曜日に授業参観を行うのです。
そのため、息子は月曜日が代休になります。(休まなくても良いのに^^;)

普通なら私が行くところですが、今回はお母さんに行ってもらいました。
もちろん、赤ちゃんと長女も一緒に。
お母さんが授業参観に行けるのは、育休中だけです。
働き始めたら、否が応でも私が行かなくてはなりません。

車で学校まで送って行って、私はその間、仕事をしておりました。
そしてまた電話が来たら迎えに行きました。
ところが、迎えに行くと、嫁さんが開口一番。
「疲れた〜〜〜〜」と口にしました。

話しを聞くと、授業参観の内容が、親子で体験する内容だったようです。
事前に何をするのかのプリントを貰っているハズなのですが、息子はそれを私達に見せていません。
いつもの事ですが、学校からのプリント類を持帰っていないか、どこかにやってしまっているのです。
今日の体験内容は、親子で木工作業をする事だったようです。
親子で・・・と言っても、嫁さんは赤ちゃんを抱っこしながらですので、息子がするのを見ている感じだったようです。

しかし、息子が途中で金づちで指を叩いてしまったようで、それですっかり落ち込んでしまった様子。
大した事では無かったのですが、「指を叩いてしまった」という事が、息子にとってショックだったようです。
それからは、釘を打ってもなかなか上手くいかず、息子はどんどんやる気を無くし、嫁さんも見かねて「お母さんがやろうか!」と、言い出したようです。
その後は、何とか持ち直して、ちゃんと釘を打ち、課題のすのこを仕上げたようで、学校から持帰って来ました。

それにしても、本当に息子はヘタレと言うか、ちょっとした失敗ですぐに落ち込んで、拗ねてしまう事が多い。
「男だったらそんな事でへたるな!!」といつも言うのですが、精神的に弱いのでしょうか?
しかし、立ち直りも早いので、こっちもすぐに忘れてしまうのですが(笑)
小学5年生・11歳、男子としては難しい年頃になってきています。

しっかりとして欲しいのですが、まだまだ子供。
下に妹が二人いても、まだまだ親に甘えたいようです。
甘える時は甘えさせて、厳しく叱る時は厳しく。と思っているのですが、難しい。
毎日が叱ってばかりです。
子育てって本当に難しいですね(^^;)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記