2010年11月05日

尖閣衝突ビデオ流出に思う

朝一番、嫁さんが点けていたテレビから「尖閣諸島問題のビデオがインターネットに流出」という声で目が覚めた。
これまで政府がひた隠しにしてきた問題のビデオ。
インターネットに流出という事は、早い話がYouTubeに流れたという事です。
明らかに誰かが意図的に流した訳ですが、いったい誰が何のために?
朝からテレビではその事が問いざたされていました。

確かに極秘扱いされていた情報が、勝手に流される事は問題です。
しかし、この映像の何が問題なのか?さっぱり解りません。
隠す必要がどこにあるのでしょう?
映像を見る限り、明らかに中国の漁船が、日本の巡視船に当ててきています。
これを政府がひた隠しにする理由が解りません。

考えられる点は二つ。
一つは、中国の漁船が当ててきた事が明白であるため、中国に遠慮して出せなかった。
もしかすると、フジタの社員が拘束され、最後の一人が釈放される時の条件として、ビデオを公開しない密約をしたかも知れない。
中国との密約があるため、どうしても公開できなかった。

もう一つは、もっと衝撃的な内容がビデオに含まれている。
噂では海上保安庁の職員が、中国漁船に乗り移った際に、海に落とされたという情報がある。
さらに、中国人が落ちた職員をモリで突いたと言う、ショッキングな情報もある。
あくまでも噂なのですが、「ビデオを観た人間の証言」として情報が流れている。
この情報がもし本当であれば、ビデオを公開したら、日本国民が怒り狂う。
何としても伏せておきたい。

今回のビデオの流出が何を狙ったものなのか?
全ての真実を公開したい思いで流したのなら、何故だ捕する瞬間の映像が無いのか?
衝突のシーンだけ見せて、「やっぱり中国が当てて来たんだ」「噂のような内容は無かった」と、有る程度納得させるため。
それとも、単純に政府が隠し通そうとするので、納得できずに流した。

いろんな事が考えられますが、一つ言える事はやはり中国の漁船が体当たりしてきた事実が解った。
これで中国が納得する訳も無く、証拠のビデオを見せられても、それでも「日本が悪い」と言い張るのは目に見えています。
今後菅政権は、ますます難しい舵取りをしなくてはならないでしょう。
ビデオを流した犯人を捜す事に必死になっているようですが、もし犯人がわかったとしても、国民はむしろその犯人を絶賛するでしょう。
犯人探しよりも、まずは国民に真実の情報を出さなかった、自分たちの行いを悔い改める事の方が先です。
完全に犯罪行為でぶつかってきた、中国漁船の船長を、脅しに屈して釈放しておきながら、一方でそのビデオを隠し続け、情報が出てきたらその犯人を必死になって探す。
中国に優しく自国民に厳しい。いったいどこの国の政府だ!!って声を大にしたいです。

菅政権は、尖閣諸島問題にはなるべく触れずに、このまま国民が少しずつ忘れてくれるのを待っていたのだと思います。
中国漁船船長の起訴・不起訴もまだ決まっていません。
仮に起訴となれば、中国側が猛反発してくる。
不起訴にすれば、それこそ日本国民が怒り狂う。
だから私達国民が、忘れ去った頃にひっそりと不起訴にして、何事も無かったように終らせたかったのだと思います。
不起訴にされても、衝突のビデオを見ていない国民は、何を証拠に声を出せば良いか解りません。
しかし、ビデオが出た以上、こんな事をされていて不起訴には出来なくなりました。
これで不起訴にするようであれば、日本は法治国家では無いという事になります。

これからAPECもあり、本当にいろんな事が起きてくる気がします。
日本の周辺は中国との尖閣諸島争い、ロシアとの北方領土問題、韓国の竹島問題、北朝鮮との拉致問題と、本当に問題だらけです。
なぜこうも問題だらけなのか?それは戦後の日本が、事なかれ主義で毅然とした態度で周辺諸国と向き合わなかったからです。
今こそ日本は毅然としなくてはいけません。
周辺諸国の脅しに屈していてはいけないのです。

残念ながら、今の菅政権・民主党政権では毅然とした態度は望めません。
自民党政権でも毅然とした態度がとれなかったから、今の状況があります。
私達国民も、政権を任される政治家も、腹をくくって毅然としなくてはいけないと思います。
日本が日本であるために。
尖閣諸島を護り、沖縄を護り、竹島を取り戻し、北方領土を取り返すために、今日本が立ち上がらなければいけないのでしょう。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 00:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 私の思うこと