2010年11月04日

ケンミンSHOW奈良後編

先週に引き続き、ケンミンSHOWで奈良県紹介されました。
やっぱり今一つインパクト無い(^^;)
奈良県内の企業の紹介が、大阪に本社がある「ピップ」だし。
奈良工場で全てのピップエレキバンを作っているとは言っても、他に企業は無かったのか?
無かったんだろうね〜。有っても知名度が無かったのでしょう。

ちなみに紹介されたピップエレキバン奈良工場は、私の家の近くなのです。
よく車で通る道沿いなので、見慣れた風景が出ると何とも不思議な感じです。
さらにピップエレキバンには、昔印刷会社で働いていた後輩が務めています。本人は本社勤務ですが。

スーパーはイソカワが紹介されていましたが、私の住む近辺にはイソカワはありません。
昔は有ったのですが無くなってしまいました(^^;)
奈良のスーパーって、「これ!」というお店は無いんじゃないかな?
一番多いのはオークワかも知れませんが、オークワは和歌山のスーパーだし、他は万代とかイオンとかになるし。
「奈良と言えばこれ!」ってのが無いんですよね。

奈良漬けも奈良の人は食べないって言っていますが、本当です(^^;)
私は元々は奈良県民ではありませんが、確かにスーパーでも見かけないし、良く見るのはお中元・お歳暮シーズンの贈答品コーナー。
やはり贈り物としての物になっているようです。
もっと奈良漬けを使った商品を開発したらいいのに・・・と思います。
奈良漬け茶漬けとか、奈良漬けバーガーとか、いろいろ試して奈良の定番商品にしたら、奈良県民も食べると思うんですけどね。

最後に薬の陀羅尼助(だらにすけ)。
我家にはありませんが、やはり多いのでしょうね。
昨年、日帰りで洞川温泉にドライブに行った時に、洞川温泉街を歩いたら、そこら中に陀羅尼助が売っていました。
普通、温泉街って食べ物とかの方が多いと思うのですが、8割りくらいの確立で陀羅尼助がありました。
もちろん陀羅尼助だけでなく、他の物も置いて有る店が殆どですが、中には陀羅尼助専門店のような店もあり、不思議な感じでした。

気がつけばアッサリと終り、「やっぱ奈良ってインパクト弱いな」と、嫁さんと話していました。
何なんでしょうね?この弱さ。これが県民性なのでしょうか?
奈良、もっと頑張らないとダメですよ(笑)

折角、古の歴史があるのですから、それをとことん活かし、尚且つそこから新しいものを産み出す努力が必要ですね。
歴史好きな人にとっては、奈良はたまらない場所だと思います。
また、歴史に興味の無い人でも、「日本の始まりの地」としての興味はあると思います。
神武天皇から始まった歴史を、その地を訪れながら年代を追って平城京にたどり着く、そんなツアーがあっても面白いかも知れません。
奈良には決して材料が無いわけでは無いと思うので、後は県民が頑張って盛り上げるしかありません。
しかし、その県民性がおっとりしているのかも(^^;)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 00:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記