2010年10月24日

あと一歩

今日は剣道の試合の日でした。
いつもなら、試合に出かけるのですが、今日は試合に出迎える方です。
毎回行われている剣道大会は、各道場で主催しているのです。
今回は我が道場の主催の大会でした。

そのため、昨夜の内にいろいろと準備をして、今日は保護者それぞれに役割分担で、大会をバックアップします。
私も試合コートの記録係として、ずっとコートの横にいました。
しかし、基本は現役の高校生が動いてくれるので、私達は雑用程度の事しかしていません(^^;)

今回の試合には、主催であるので、我が道場からは2チーム出場しました。
息子はAチームの副将で出場。
ちょうど私がいるコートでの試合でした。
第一回戦は、3-0で勝利。
息子は引き分けでした。

他の選手が買っている中で、引き分けたので、本人は納得がいかなかったようです。
「次の試合で頑張れ」と声をかけ、お昼ご飯の後に二回戦が行われました。
同じく私のいるコートで試合が行われます。
結果は0-1で敗れてしまいました。

戦った相手は、前回の試合で辛くも勝ったチーム。
前回勝っているので、今回も・・・と思いましたが、今回は惜しくも敗れてしまいました。
先鋒から中堅まで、全て引き分けで迎えた息子の試合。
息子が勝てば有利に、逆に負ければ不利になります。

結果は、メンを1本取られて負けてしまいました。
次の大将で2本取って勝てば逆転勝利もありましたが、残念ながら引き分け。
息子の1本で負けてしまいました。
その事がよほど悔しかったのか、その後話しかけようとしても、目も合わさずにコートを去って行きました。

今回は2チーム出場して、2チーム共に二回戦敗退でした。
二回戦敗退でしたが、内容は良くなっていると感じました。
強いチームは確かに強いです。
動きを見ていても、明らかに違います。
でも、天と地ほどの差があるわけではありません。

差はあれど十分追いつける差だと思います。
足りないものは、やはり気持ちでしょうか。
強いチームというのは「絶対に勝つんだ!!」という闘志が、メラメラと感じ取れます。
残念ながら我がチームには、感じ取れない。
個々には心の中に秘めた闘志があると思うのですが、チームとしてそれが感じられない。
そんな気がしました。

毎回の試合で、何かを感じ取って学んでくれれば良いのですが、今回は何を学んだか。
今後の息子の稽古、そしてこれからの試合でそれを活かしてほしいです。
試合直後は口もきかなかった息子ですが、その後はいつも通りでした(^^;)
また次の試合頑張ってもらいましょう。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記