2010年10月11日

日本の未来は明るい

この頃テレビを見ていて、ふと感じる事がある。
「何となく風向きが変りつつある」
そう感じるのです。

私のブログを読み続けている人は、よく解ると思うのですが、「テレビは信用ならん」というのが私の考えです。
100%信用していない訳ではありません。
しかし、おかしな表現や捏造は、これまでも沢山ありましたし、テレビの情報を鵜呑みには出来ないという考えです。
今や多くの人が感じていると思いますが、報道の有り方に疑問を感じるのです。

特に「日本」というキーワードにはおかしな事が沢山あります。
最近ではフィギアスケートでの、浅田真央選手よりも、韓国のキムヨナ選手を持ち上げたり、明後日試合予定のサッカーの呼び方を、日韓戦では無く韓日戦と出したり。
(韓日戦は一部の局ですが)
何故か日本の報道機関でありながら、日本のイメージを悪くする報道ばかりです。

そして政治に関しては、これまでも何度もつぶやいたように、あからさまに自民党政権時と民主党政権時での対応が違います。
自民党政権時は、ほんの些細なミスや不祥事でも、マスコミが騒ぎ立てて大問題へと作りあげられました。
ところが民主党政権になると、大問題を報道を自粛する事で、無かった事へとしています。
何で急に尖閣諸島中国漁船問題が下火になったのでしょう?
ビデオの公開に応じない政府を、何でもっと攻め立てないのでしょう?

もうすでに日本のマスコミは、中国・朝鮮の支配下にあると考えてもおかしくないと思います。
でも、マスコミの中で働いている人は、殆ど日本人なのです。
報道の有り方に「おかしい」と感じながら働いている人は、かなり大勢いると信じたいです。
きっとマスコミの中にいながら、逆風と戦いながら正しい報道を目指しているまともな日本人もいると信じたいです。

最近思うのは、テレビ番組等が少し変わってきている気がするのです。
そんなにテレビを見ている訳では無いのですが、何となく「日本の良いところ」を紹介する内容が増えている気がします。
相変わらず韓流はやっているようですが、以前のように韓流スターは出てきません。
最近は音楽の方に移っているようですが、これも長続きはしないでしょう。

それと今私が気に入っているCMがあります。
大同生命のCMですが、知っている方も多いと思います。
「未来の社長へ」と題して、今苦しい中でも頑張っている社長が、未来で社長になるであろう人々へ語りかける内容です。
自分たちの仕事を遠慮がちに評価して、未来の社長へバトンを受けてほしいと促します。
そして最後のメインコピー、これが実に良い。
「長くつづく会社が多い国は、いい国だと思う。」
思わず胸がじぃ〜んとなります。

そうなんです。日本はいい国なんです。
その良いところを無視して、悪いところだけを誇張して「日本はダメだ」と決めつけてきた近年。
戦後、ずっと長い間、「日本は戦争をした悪い国」として、教育を受けてきた国民。
そろそろ本当の日本に目を向けましょう。
私達の国は良い国なんです。
自信を持ちましょう。誇りを持ちましょう。
勇気を出しましょう。

これからも大同生命のような、素敵なCMが出てくると良いですね。
最後にご覧になった事が無い方はCMご覧下さい。
【大同生命CMサイト】http://www.daido-life.co.jp/about/cm/future.html
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 私の思うこと