2010年09月27日

中国とは手を切るべき

本当に情けないですね。
自国の領海を侵犯され、おまけに船までぶつけられておきながら、中国の圧力に簡単に屈した日本政府。
こちらが被害者でありながら、中国から謝罪と賠償を求められると言う、まさにヤクザのやり方。
船長を釈放しても、中国で身柄を拘束されたフジタ社員は解放されていません。
中国にとっては賠償金を奪い取るための、大切な人質となっているのです。

そもそもフジタの社員も、旧日本軍兵器の後始末調査(本当は日本が破棄したのでは無いが)のために、中国の要請で出向いています。
今回の尖閣諸島問題の報復としか言い様がありません。
今後、中国との関係が悪化すれば、中国国内に住んでいる日本人は、明らかに身の危険が迫ります。
日本政府がやるべき事は、すぐにでも中国から日本人を戻す事です。

そして中国に進出している日本企業は、中国から別の国へ移行するか、日本国内に戻すか真剣に考えなくてはいけません。
今後、中国はますます威圧的な外交態度で迫って来ます。
それに負けてこちらが引けば、さらにまた威圧的になります。
こちらが引かなければ、第2のフジタ社員が出てくるでしょう。
理由などは中国が勝手に付けるのです。
そんな国なのです。

私達の回りには、今メイド・イン・チャイナが溢れています。
安い賃金で大量に物を作れるという事から、多くの企業が中国に進出もしくは提携しています。
しかし、中国の賃金も上昇の一途を辿り、中国から他の国へ移行する企業も増えています。
私達の回りに溢れるメイド・イン・チャイナ製品。
日本の企業が中国で生産していたとしても、やはり品質は落ちていると思います。

中国から日本企業が撤退すると、日本は困るような印象がありますが、実際はさほど困る事は無いと思います。
他の国に移行するか、日本国内での事業を徹底すれば良いのです。
日本国内では「仕事が無い」と言っているのですから、仕事を増やす意味でも日本国内に戻しましょう。
そのために国はバックアップをするべきです。
中国から日本企業が撤退して、困るのは中国なのです。

戦後、私達日本人は「戦争をした悪い国」と教え込まれ、自衛隊を悪者だと思い込まされ、どんどん軍縮していきました。
軍を持つ事は悪い事だと思い込み、武器は全てアメリカから買わされました。
しかし、その精密部品は殆どが日本製です。
自分たちの技術で自分たちで武器を作れば、どれだけ安価で高品質の物が出来るでしょう。
武器開発、製造が出来れば、新たな産業が出来るのです。

バブル崩壊後、日本の経済は悪化の一途を辿っていますが、その中でも日本人は頑張っています。
追い込まれれば追い込まれる程、日本人は力を発揮し、その技術力を高めています。
ところが「日本は経済もダメになった」「これからは中国の時代」等と、勝手に中国をもてはやした結果が今回の事件です。
日本はダメでは無いのです。日本がダメになったら本当は世界が困るのです。
そのことを私達日本人はちゃんと意識して誇りを持たなくてはいけません。
中国の脅しに屈して、中国の言いなりになっていけば、いずれ中国の属国となり日本は消滅してしまいます。

政治レベルでも民間レベルでも、中国に足元を見られている感じですが、裏を返せばチャンスなのです。
相手から手を切るための材料を持ちかけて来ているのですから、切れる所からどんどん切っていきましょう。
そうなるとはたして困るのはどちらか。
私達はいつまでも弱い気持ちではいけません。
私達が思っている以上に、日本は、日本人は素晴らしいのです。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 00:00 | Comment(7) | TrackBack(0) | 私の思うこと