2010年09月25日

中国はヤクザ国家

昨日の中国漁船船長釈放には、多くの人が怒りを覚えたことでしょう。
中国と言う国は、決して私達日本人が考えるような、温和な国ではありません。
一度屈せばそこに付け込んでさらに脅してくる国家です。
案の定、今回の事件の謝罪と賠償を求めて来ました。

もしこの謝罪と賠償に日本政府が応じるようなら、完全に「我が国は中国の属国です」と宣言したに等しいです。
まさか、簡単に謝罪と賠償に応じるとは思いませんが、こればかりは解りません。
しかし、今回の中国への脅しに屈した事で、日本国民は多いに怒り、菅政権の支持率は大きくダウンしたと思います。
このまま、さらに弱腰外交で、中国のさらなる脅しに屈するようであれば、ますます支持率は下がり、一気に解散総選挙へ突き進む可能性があります。

昨日は本当に怒り心頭で、情けない気持ちでしたが、今回の中国のヤクザな対応に、「中国ってこんな国だったの!?」と目覚めた人は多いと思います。
そして、日本の領土が奪われる危険性を認識した人も増えたでしょう。
これまで日本政府が弱腰外交を続けた結果、北方領土は返らず、竹島は韓国に不法占拠され、さらに対馬までも韓国領だと言われ、中国には尖閣諸島は中国の領土と言われて来ました。

今まで領土問題や安全保障問題等は、どちらかと言うと見て見ぬふりの日本国内だった気がします。
それが、沖縄の普天間基地問題から、日米安保の危機、そこに付け込んできた中国の問題。
私達の目の前で、まさしく我が国を脅かす問題が次々と出てきました。
多くの人には、突然アメリカや中国が態度を変えたように思えるでしょう。
特に中国に関しては、経済や観光で上手く付き合っていたと思っていた人が多いでしょう。

しかし、実際には今回の対応が、本来の中国の姿です。
いかに相手を脅して相手のものを奪うかを考えている国なのです。
自分たちが弱い部分は、日本に優しい顔をして近寄って来ますが、自分たちが強く出れると思ったら容赦はしません。
今回の事件がまさしくその例となりました。

本当に怒り心頭で情けない気持ちですが、今回の件で日本国民の平和ボケも少しマシになった気もします。
「このままではいけない」「中国とは距離をおいて付き合わなければいけない」
そう考えた人は多いのではないでしょうか。

今後、日本は弱腰外交をやめて、どんな脅しにも屈せずに毅然とした対応をとる必要があります。
そのためには、強い日本政府が必要です。
残念ながら、今の民主党・菅政権にはそれは期待できません。
ますます日本の国益は損なわれ、私達の国は大切なものを失っていきます。

強い日本が求められています。
そのためには私達国民が強くならなくてはなりません。
そして、日本国の事を考え、諸外国の脅しに負けない、強い政治家が求められています。
党の中や、国会議員に対して強い政治家は要りません。
内(日本国内)には優しくて、外(諸外国)には強い、そんな武士のような政治家が必要です。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 00:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 私の思うこと