2010年09月24日

日本人の誇りと失望

今日は日本人として誇りに思う出来事と、日本人として憤りを覚える出来事が同時にあった日となりました。
誇りに思える事は、メジャーで活躍しているイチロー選手が、10年連続200本安打を達成した偉業。
本当に日本人として誇りに思えます。
大記録を達成したという事も誇りですが、イチロー選手の日々の変らない努力が日本人として誇らしいです。
日本人と言うのは、コツコツと努力を重ねる事を美徳としてきた民族です。
一発当てる事が成功のような風潮が蔓延している日本で、イチロー選手に日々努力している姿に、同じ日本人として、とても誇らしさを感じました。

いかに楽して儲けるか、いかに得するか、みたいな事ばかりがもてはやされる現代ですが、イチロー選手の姿こそ本来の日本人のあるべき姿だと思います。
石の上にも三年。目先の利益や利権に囚われず、自分の道をコツコツと歩く事が、結局は成功の道なんだと思います。
儲ければ良い、今がよければ良い、そんな日本人が増えたから、日本は元気が無くなったのだと思います。

そんな日本人として憤りを覚える事。
誰もが愕然とし、怒りを覚えた事でしょう。
尖閣諸島で領海侵犯をして、さらに日本の巡視艇に船をぶつけて来た、中国漁船の船長が突然釈放される事になりました。
完全に中国共産党の脅しに屈した事になります。
これで、日本は脅せばひざまずく、そんな国だと世界中に発信した事になります。

今回の日本政府の対応を、大人の対応だと評価する人がいたとしたら、それは大きな間違いです。
大人の対応は日本人同士でしか通用しない事です。
中国共産党はやくざのようなものです。
最初から問題が起きるように準備をしていて、相手に難癖付けて脅しにかかる。
これに屈せば、さらに弱みにつけ込んで来るのは目に見えています。
今後、中国はますます日本に対して厳しい姿勢を取り、日本はどんどん国益を損ない、尖閣諸島はもちろん沖縄までも中国に奪われる結果になる可能性があります。
中国の最終的な目標は、日本を完全に中国の一部にして、中華人民共和国日本省にする事です。
そうです、チベットやウイグルと同じ扱いです。
中華人民共和国・日本自治区となるのです。

「まさかそんな」と思っている人もまだまだいるでしょう。
しかし、これは中国共産党が長年掛けて掲げている目標です。
今回の事件は、まさしくその足がかりとなる大きな一歩になってしまいました。
今後、日本は「尖閣諸島は日本の領土」と胸を張って言えなくなりました。
外交とはそう言うものなのです。
綺麗事では済まされない。まさしく国家の威厳をかけて命をかけて守らなくては、いずれ国そのものが侵略されてしまうのです。

目先の経済だけに囚われて「中国は大切な市場だから」と、中国の脅しに屈したばかりに、大切な領土と資源を奪われてしまうのです。
これまでも日本の弱腰外交に憤慨していましたが、今回は怒る気持ちも通り越して呆れています。
同じ日本人としてあまりに不甲斐なくて悲しいです。
日本政府は日本の領土や資源、そして日本国民を護る事よりも、目先の経済や中国の事を優先しているのです。

今回の事態を、幕末の志士達は、そして大東亜戦争で日本を守るために命を投げ出した、英霊達はどのように見ているのでしょうか。
あまりにも不甲斐なくて、申し訳ない気持ちでいっぱいです。
平和ボケした日本は、自国を守る事すら考えられない政治を産んで来たのでしょうか?
しかし、その政治家を選んだのも日本国民です。
民主党政権に一度任せてみようと、選らんだのも日本国民です。

今回の結果を「敗北」として受入れ、日本を守るための起爆剤にしなくてはいけません。
ピンチの裏にはチャンスがあります。
諦めては終りです。
より一人でも多くの日本国民が、日本消滅の危機意識を高め、自分たちの国を自分たちで守る愛国心を持たなくてはいけません。
今日は日本の民主主義が、中国の独裁共産主義に敗れた日です。
教訓とするには、あまりにも大きな代償ですが、大東亜戦争を最後まで戦い抜いた英霊達のためにも、日本を復興させなくてはいけません。
焼け野原から日本は奇跡的な復興を成し遂げました。
しかし、心の復興は出来ないまま、上辺だけの「平和・人権・平等」が日本を覆ってきた結果、今の日本があります。
今一度、日本人とは?と考えて、心の復興をしなくてはいけない時期です。
次の世代に日本を残すためにも。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 00:00 | Comment(4) | TrackBack(0) | 私の思うこと