2010年09月21日

尖閣諸島は日本領です

中国との関係がギクシャクしていますね。
と言うか、勝手に中国が怒っているだけなんですが・・・。
そもそも明確な日本の領海でありながら、堂々と違法行為を行う中国漁船。
今回の事が初めてのような印象を受けますが、事実はこのような違法行為が日常茶飯事らしいです。

たまたま今回、日本側が厳しく対応した事で、中国漁船がぶつかって来た。
それをまるで日本の犯罪のようにまくし立てる中国政府。
完全に中国国内に「強い中国政府」を見せるための対応です。

中国国内ではすでに反日感情が高まっていると言いますが、本当でしょうか?
一部の雇われ団体が、中国共産党の後ろ盾で騒いでいるのではないですか?
そしてその騒ぎが段々お祭騒ぎのようになって、一般人の政府に対する不満を日本に向けようとしているのでは?

何しろまともな情報が伝わって来ない国です。
まぁその点は日本も他国の事言えませんが(笑)
中国国内からの情報は、全て編集済だと思って見た方が良いでしょう。
日本への団体旅行のキャンセルが相次いでいると言いますが、それも中国共産党が「行くな!!」と指令を出しているのは明白です。
他にも様々な圧力をかけてきているようですが、そんな事したら結局回り回って自分の首を絞める事になるのを解らないのでしょう。
日本を敵視するのならすれば良いのです。
圧力をかければかけるだけ、日本人は中国から離れて行きます。

今回の問題は、中国が尖閣諸島を「領土問題」としたいための工作だと思います。
トラブルを起し尖閣諸島で中国と日本が領有を争っていると見せたいのです。
だから日本は過剰に反応せず、淡々と我が国における法律で、今回の漁船の船長を裁けば良いのです。
何も問題は無い、我が国内の領海において、領海侵犯を行った中国籍漁船をだ捕しようとして、相手がぶつかって来たのです。
業務妨害の罪で捕え我が国の法律で裁くだけです。
ぎゃーぎゃー騒ぐ中国政府に、こちらもぎゃーぎゃー騒いでいれば、相手の思うつぼです。
粛々と裁いて、罪が確定すれば服役させた後、送り返せば良いのです。

間違っても今回の事件を「領土問題」と認識しない事です。
アホなコメンテーター等は「領土問題」と口にしていますが、日本として固有の領土である事は間違い有りません。
そもそも中国も台湾も、尖閣諸島の海底地下資源に油田がある可能性が解ってから突然「我が領土」と言い出しています。
そんな無茶苦茶な言い分に耳を傾ける必要など、全くありません。
毅然とした態度で突き返せば良いのです。
それで相手側が圧力をかけて来るのなら、それに屈せず突っぱねれば良いのです。
変に妥協すればズルズルとつけ込まれて、あっという間に領土問題にされ、日本は尖閣諸島を失う事になります。

日本政府は毅然として対応して頂きたい。
現政府が民主党政権なのは、非常に厳しい状態ですが、このタイミングで前原外務大臣になったのはまだ民主党政権の中で救いかも知れません。
しかし前原大臣も解りませんからね。しっかりと対応を見て、間違った対応をした時には抗議の声をあげなくてはいけません。
いつまでも相手の顔色をうかがって、相手の脅しに屈している外交はやめて頂きたい。
日本は独立国として、毅然とした態度で外交を行うべきなのです。
そのためにも、私達国民一人ひとりが、日本を守ると言う意識を持たなくてはいけませんね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 私の思うこと