2010年09月15日

おかしな事だらけ

さすがに昨夜から今朝にかけては、民主党代表選挙の話題ばかりでした。
テレビでは解説者やコメンテーターが、もっともらしい説明を行っています。
テレビで必死に盛り上げてきた感がありますが、国民は「どっちがなっても日本は良くならない」という、冷めた目で見ていたと思います。
まだ小沢よりは菅の方がマシという程度の結果だと思います。
だから昨夜のつぶやきは「どっちも負け」とつぶやいたんですけどね。

しかし、テレビはもっと重大な事を取り上げなければいけません。
今回の民主党の代表選挙には、外国人が関わっているという事実を、全くどこも取り上げません。
取り上げないので、誰も問題としません。
多分このつぶやきを見ても「何で問題なの?」って思う人もいるでしょうね。
いや、私も最近まで知らなかったし、その問題を知るまでそう感じていませんでした。

実は民主党の党員やサポーターになるには国籍の壁が無いのです。
つまり日本人で無くても党員やサポーターになれるのです。
今回の代表選挙、菅氏が大きくリードしたのは、この党員・サポーター票が大きかった。
この票の中に、外国人の票が入っているのです。
在日外国人の票が日本の総理大臣を決める事に関わっているのです。

ここは日本です。私達日本人の国です。
何で日本の総理大臣を選ぶのに、外国人が関わる事ができるのですか?
これは明らかに憲法にも違反しています。
つまり、今回勝った菅総理大臣は、憲法違反の結果総理大臣になった事になります。
こんな大問題でありながら、またまたマスコミはダンマリを決め込んでいます。

「在日外国人が関わってもそれが日本のためになるなら良いのでは?」と思う人もいるでしょう。
しかしよくよく考えてみて下さい。
もし仮に在日中国人が何万人と民主党党員やサポーターになったとしたら・・・。
そして、その人達が推す国会議員が代表戦に出たとしたら・・・。
結果はどうなるでしょう?
在日中国人が選んだ総理大臣が誕生する事になります。
それを支持しているのは、中国共産党になります。
つまり、日本の総理大臣が中国共産党の支持の元、選らばれる事だって出来るのです。

そんなバカな・・・と思うかも知れません。
でも、思い出して下さい。
2年前の北京オリンピックの時の出来事を。
聖火リレーが長野を走った時の事を。
長野が中国共産党の真っ赤な旗で埋め尽くされた日の事を。
そうです、中国共産党の支持一つで、長野を中国の旗で埋め尽くす事など容易な事です。

しかしそれ以上に民主党の党員やサポーターになって、中国共産党の支持の元、投票する事など、もっと簡単な事なのです。
何しろ民主党は党員やサポーターに、どれだけの在日外国人が含まれているのか、把握していないと言っているのですから。
つまりは全くのノーチェックだと言う事です。
これほど簡単な事はありません。

中国もそこまではしないだろう・・・とお思いの方。
つい最近のことを思い出して下さい。
尖閣諸島に中国の漁船が領海侵犯して、しかも日本の警備艇にぶつかって来て逮捕されました。
この事で中国は日本を非難するだけで無く、尖閣諸島は中国の領土だと言い切って来ました。
これは完全に領土乗っ取り作戦です。
目に見える外圧として、これくらい強硬な事をして来ているのです。
中にスパイを送り込んで、中から侵食するのは簡単な事です。

すでに日本はかなり中国に侵食されていると言っても良いでしょう。
日本がおかしいと思っている国民は多いと思います。
マスコミも国会議員も、何かおかしい。そう感じている事でしょう。
私達の国はすでに外国人の手によって、侵食されているのが事実だと思います。
だから尚更、今回の外国人が関わった総理選出は大問題なのです。

私達の国は、今まさに崖っぷちだと思います。
知らない内に侵食され、いつのまにか日本が日本で無くなってきています。
私が子供の頃は、お正月や祭日には家の前に日の丸を掲げたものです。
いつのまにか無くなり、日の丸を掲げる事自体がおかしい事と洗脳されてきたように思えます。
おかしいですよね?
私達の国ですよね?
何で私達の国の国旗を掲げるのに、後ろめたさを感じなければいけないのでしょう?

このままで良いのでしょうか?
私達日本国民一人ひとりが、日本国民としての意識をしっかりと持ち、自分たちの国は自分たちで護るという気持ちを持たなくてはいけません。
それは何も武器を持って戦うと言うのでは無く、精神的に戦う事が必要なのだと思います。
日本は日本人の国です。
私達は日本人です。私達の手で日本を護りましょう。
そして子孫に素晴らしい日本を残していきましょう。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 00:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 私の思うこと