2010年09月14日

どっちも負け

民主党代表選挙が終りました。
結果は菅総理の圧勝でした。
まぁ当然と言えば当然なのですが、国会議員票数は僅差でした。
これは民主党が真っ二つに割れているとも見れます。
世論は小沢一郎にNOを突きつけたけど、国会議員は小沢一郎を推しているという結果です。
世論の常識と永田町の常識は違うって事ですね。

しかし、今回の代表選挙、本当につまらないものでした。
どっちが総理になっても、プラスの材料が見当たらない、そんな代表戦だったと思います。
口では「自分の命をかけて」とか「政治生命をかけて」とか「自分はボロボロになっても」とか、わざとらしい言葉を発していますが、明らかに口先だけなのが解ります。
言葉に心が全く入っていません。ただ用意された言葉を発しているだけです。

どちらが総理になってもプラス材料はありませんが、まだ小沢一郎が総理になるよりは、現総理で行く方がマイナス材料は少ないと言うのが、今回の党首選の結果だったのではないでしょうか?
私もどちらも支持はしませんが、小沢一郎総理大臣よりは菅直人総理大臣のままの方が、まだマシのような気がします。
そもそも民主党政権そのものを支持していませんから、早く解散総選挙をやってほしいと思います。
「一度やらせてみたら」と言う簡単な気持ちで、政権交代を許した結果、今の日本は本当にガタガタの状態です。
一度やらせてみて、民主党の実力がわかった国民は多いでしょう。

今後、菅総理がどのような人事を行うのか、特に小沢一郎をどのように扱うのかを、国民は注意深く見ていると思います。
これだけ党員サポーターや地方議員にNOを突きつけられた小沢一郎を、簡単に勢力の中に入れると一気に支持はダウンします。
しかし、小沢一郎を排除すれば、今度は民主党内が分裂します。
妙に笑顔を振りまいて「これからも仲良くして下さい」と語った小沢一郎の言葉は、決して「民主党議員として仲良く」では無く「小沢一郎に付いて来い」という意味だと思います。
笑顔とは裏腹に敗戦した事ではらわたは煮えくり返っていた事でしょう。

今後、ますます政界は荒れる事と思います。
その時の行動が、その国会議員の本性が現れる時でしょう。
国のため、日本国民のために身を砕いているのか、自分のために動いているのか。
私達もしっかりと真実を見る目を養わなければいけませんね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 私の思うこと