2010年09月13日

肩凝りが続いています

肩凝りが治りません。
何時頃からか思い出せませんが、左の肩が異常な程に凝っていて、それが一向に治まらない。
マッサージ機でマッサージしても、嫁さんに揉んでもらっても、湿布を貼っても一向に治らない。
その日の体調で、マシな時と酷い時がありますが、最近は凝っているのが普通になってしまったのか、あまり感じなくなりました(^^;)

それでもやはり凝りはあるので、押してもらうと気持ち良い。
いったい何時からなのか?
何となくではあるが、赤ちゃんが産まれてしばらくしてからのような気がします。
赤ちゃんを抱っこする時に、変な力が入っているのかも知れません。

私は抱っこする時は、どうしても左腕で頭を抱える形で抱っこします。
反対で抱っこすると、どうも収まりが悪くすぐに左側に変えます。
これが肩凝りの原因なのかも知れません。
しかし、今まで抱っこで肩凝りなんかした事はありません。
長女が生まれた時も、こんな肩凝りなんかありませんでした。

しかし、よくよく考えてみると、長女が生まれた時はそんなに抱っこをしていなかった気がします。
あの当時は息子が小学校1年生。
家には私と嫁さんと、産まれたばかりの長女。
嫁さんも長女とベッタリで、ゆとりを持って接していた気がします。

しかし、今は息子は5年生、長女は4歳。
家には私と嫁さんと赤ちゃんと、おまけに長女がいます。
毎日毎日、嫁さんに長女がベッタリくっついているのです。
長女も嫁さんに甘えたけりゃ〜赤ちゃんも最近は知恵がついてきて、甘え泣きをするようになってきました。
お母ちゃん争奪戦が毎日繰り広げられているのです。
長女もお母さんに振り向いて欲しいがための、わがまま作戦を実行中。
毎日叱られては泣き、それでも作戦を実行し、また叱られて・・・の繰り返しです。

そんな毎日ですから、赤ちゃんが私の所へやってくる確立も高くなり、抱っこする機会も多いのです。
それが肩凝りの原因とは言い切れませんが、少なくとも抱っこで肩に負担が来ているのは確かだと思います。
私の抱っこが下手なんですよね。
もっと力を抜いて楽に抱っこすれば良いのですが、気がつけば抱っこに力が入っています。
首もしっかりと座っているので、だいぶ抱きやすくはなっているのですが、それでも力が入っていますね。
右手で抱っこするようにすれが良いのですが、どうも左手で抱っこする癖がついていて、これも直せそうにありません。
赤ちゃんがハイハイ始めれば、抱っこする機会も減るかと思うので、それまでに辛抱ですかね。

後は運動不足が大いに関係していると思うので、こちらも改善していかなくてはいけません。
まずは気軽に始められる「ラジオ体操」からやりますか。
朝6時半のラジオ体操ならぬテレビ体操で、身体を動かしましょう。
朝、ちゃんと起きる習慣をつけなくては(^^;)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 00:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記