2010年09月07日

史上最低の総理選びだと思う

テレビでは相変わらず、民主党党首選をやっていますが、完全にしらけている気がするのは私だけでしょうか?
国民は「菅でも小沢でも日本は良くならない」と思っている人が多い気がします。
しらけている国民を、必死でマスコミが祭り立てようとしているように見えます。

特に先日の街頭演説なんかは見ていて気持ち悪かったです。
何ですか?あの「小沢コール」。
物凄く不気味なんですけど。
仮に小沢一郎を指示する人がいたとして、何で小沢コールが起きるんですか?
普通、小沢一郎を指示するのなら、演説をしっかりと聞こうとするハズです。
あんな所でコール起す事自体がおかしい。

マスコミも「おかしい」という事をスルーして、さも「小沢氏の人気が高い」と言わんばかりの報道でした。
なんか必死過ぎて失笑してしまいましたよ。
なんでそこまで小沢一郎を持ち上げる必要があるのでしょう?
つい3ヶ月前までは、政治とカネの問題で叩かれていた(叩くという程の報道でも無かったけど)のに、党首選に出るとなったら突然持ち上げる。
きっと「小沢総理」となった時に、媚を売っておきたいのでしょうね。

民主党政権になってから、鳩山総理が誕生し、皆さんご存知のようにメチャクチャな状態で、支持率が低下しました。
菅総理に変わった瞬間は、一時期支持率も上がりましたが、再び下落。
言う人は「マスコミが批判ばかりするからだ」等と言いますが、じゃぁ〜何か支持される事しましたか?
鳩山総理はあの支離滅裂状態で、さすがのマスコミもかばい切れなかったのでしょう。
菅総理も何一つ目立った成果は上げていません。
そんな状態のままで、党首選って言ったって、何の成果も出していない現総理と、カネまみれの腹黒い元幹事長って・・・。
泥沼が良いかドブ川が良いかって聞かれているに等しいですよ(笑)

もういっその事、解散総選挙やって国民に審を問うてはどうですか?
そうなったらそうで、またマスコミが自分たちの都合の良いように、選挙を進めようとすると思いますが・・・。
本当に我が国の政治はどこに向かっているのでしょう。
一つ言えるのは、民主党政権は残念ながら政権能力が無かったと言う事ですね。
少なくとも、鳩山・菅・小沢、この3人が牛耳っている以上は何も変わらないでしょう。

党首選の結果次第では、民主党分裂も十分有り得ます。
そうなると、解散総選挙も可能性が出てきます。
まだまだ政治の混迷は続くでしょう。
しかし、それも新たな政治の生まれる過程かも知れません。
大切なのは私達国民が、自分たちの目でしっかりと政治を見て、自分たちの頭でしっかりと考え、自分の心で政治家を選ぶ事だと思います。
私達の国です。私達が政治を動かしていると言う事を、忘れないようにしなくてはいけませんね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 私の思うこと